陸上

吉田圭太の世羅高校時代の成績や活躍は?ベストタイムや履いているシューズも調査した!

吉田圭太青学

大学3大駅伝、もいよいよ年明けの箱根駅伝を残すだけになりました。

優勝の期待の大きいのが、青山学院大学陸上部。

青山学院大学の原晋監督が出雲駅伝の前に、キーマンだと名前を挙げたのが吉田圭太選手です。

まだ2年生ながらキーマンと言われる吉田圭太選手。どんな人物なのか気になりますよね。

吉田圭太選手の世羅高校時代の成績や活躍について、ベストタイムや履いているシューズについて調査してみました!

[box class=”box28″ title=”青学の注目選手はこちら!”]▶︎小野田勇次(青山学院大学)が人間じゃないと言われる理由は?兄弟や出身中学も気になるが卒業後の進路は?
▶︎林奎介(青山学院大学)出身中学や高校時代のタイムは?坊主エピソード気になるが卒業後の進路は?
▶︎森田歩希の走り方やフォームがかっこいい!中学高校時代の成績や妹など家族についても
▶︎鈴木塁人(青学)の高校時代のタイムや野球から転身した理由は?兄弟や両親など家族についても

監督も!

▶︎原晋監督の経歴や若い頃の陸上の成績は? 妻・美穂に子供がいない理由も調査[/box]

 

吉田圭太の世羅高校時代の成績や活躍は?

選手層の厚い青山学院で2年生ながら活躍している吉田圭太選手は、高校時代どんな活躍をしていたのでしょうか?

まずは、吉田選手の経歴からみていきましょう!

名前:吉田圭太(よしだ けいた)
生年月日:1998年8月31日(20歳)
出身地:広島県東広島市
出身校等:世羅高校
身長:172㎝
体重:51㎏

吉田圭太選手は、青山学院大学の地球社会共生学部に在籍する2年。

出身は、広島県東広島市です。

地元の高屋中学校を卒業し、広島県立世羅高等学校に入学しました。

世羅高校といえば、駅伝の強豪校ですよね。

2015年は男女ともに日本一という快挙を成し遂げています。これは、すごい。

世羅高等学校は県立高校で、人口1万7千人前後の小さな田舎町にあります。

それだけ小さな街の県立高校で、これだけ結果を残し続けているのってすごいですね。

吉田圭太選手は世羅高校時代、3年間全国高校駅伝に出場しています。

そして、2014年と2015年の全日本高校駅伝2連覇に貢献しました。

1年の時から選手として活躍していた吉田選手は、素晴らしい才能の持ち主なのでしょうね。

3年時には世羅高校主将となり、チームを率いていた吉田圭太選手

ところが、この年の全国高校駅伝では、3連覇を逃してしまいました。

これは自分の責任だって自分を責めちゃいそうですよね・・

責任を感じたのか、吉田選手は閉会式で体調を崩し途中退席してしまうほど。かなり精神的にショックを受けてしまっていました。

主将を務める程のしっかり者の吉田選手は、自分のせいだと思い詰めてしまったようですね。

真面目で努力家なんだろうなあっていうのが伝わってきます。

3連覇を逃したことで、年明けに行われる全国都道府県対抗駅伝について、自分は辞退した方が良いのではないかと悩んでしまったそうです。

エースで主将でも、やはりまだ18歳の高校生。精神的にすっかり弱ってしまったようでした。

その吉田選手がまた自信を取り戻せたのは、年明けの合同合宿での練習だったそうです。

きっと、なにか手ごたえを感じたのでしょうね。

世羅高OB、旭化成の鎧坂哲哉選手からの励ましの声をかけられ、安心して、全国都道府県対抗駅伝へ臨んだそうです。よかった。

本番では、一区を走った吉田選手は、区間6位、首位と6秒差という力走を見せ、たすきを繋ぐ事が出来たそうです。

広島県チーム自体は26位という成績でしたが、練習という努力や周りの励ましにより、きっと自信を取り戻せたのでしょうね。

そして世羅高校卒業後は青山学院大学へ。

実は、青山学院大学陸上部の原晋監督は、世羅高校出身です。

世羅高校の陸上部監督は、原晋監督の一年下の後輩だったそうです。

きっと、原晋監督のもとならば大丈夫、と安心して進学したのだろうと感じました。

さらに青学は箱根駅伝でも優勝を重ねているので、ぴったりだったんでしょうね。

原晋監督にキーマンと呼ばれた吉田圭太選手は、9月の日本インカレ5000mで3位日本人トップでした。

上り調子の走りに、原晋監督も箱根での走りを期待しているのでしょうね!

吉田圭太選手の父親や家族は?

細身で爽やかなイケメンの吉田圭太選手なので、ご家族が気になってしまいました。

インカレの時の画像も可愛らしい笑顔で、かなりの高感度高めですよね。

実は、かなりしつこく調べましたが、ご家族の情報は出てきませんでした。残念。

でも、小学校からの仲間との集まりの様子を発見しました。

小学校からの陸上仲間ということは、陸上を始めたのは小学生なんですね。

何年たっても仲良く楽しくやっている様子です。きっと、友達思いの優しい性格なのだろうと思います。

彼女はいるの?

そんな優しそうな吉田圭太選手に彼女はいるのでしょうか。

こちらも、情報がつかめませんでした。

せめて理想のタイプだけでも掴めないかと探ってみたところAAAの宇野実彩子さんのツイートをリツイートしたり、女優の新木優子さんをリツイートしていました。

どちらもキレイ系な美人なので、そういうタイプが好きなのかな!?って思っちゃいますね。

青山学院はSNSも自由ですし、彼女がいることを公言している選手も多いので吉田選手も公にしていないだけで彼女がいるのかもしれませんね。

これは、毎年優勝後に出演する番組で聞かれることなので、5連覇を達成して聞けるといいな〜と思います。

ベストタイムや履いているシューズは?

吉田圭太選手は数々の大会で記録を出していますが、ベストタイムは、

5000m 13分50秒67
10000m 29分25秒80
ハーフマラソン 1時間4分31秒

このあたりがベストタイムのようですね。

まだ2年生ですし、これからまだまだ伸びていくことが期待されています。

安定したフォームとスピードが定評の吉田選手の走りから目が離せませんね。

そして履いているシューズは、青山学院大学 陸上競技部レーシングモデル「adizero takumi sen boost 4」

▶︎【公式】アディダス adidas adizero takumi sen 3 

これはかっこいいですね!

カラーもオレンジやブラック、青学カラーのグリーンがあるようです。

クッション性に優れた特徴があるそうです。

長距離ランナーの足を守り、蹴り出しなどもサポートするモデルだそうです。

アディダスと協力して青学モデルができちゃうなんて、大学スポーツもすごく進化してますね。

毎年のように区間記録が更新されるのも、シューズやトレーニングの進化の賜物なのかもしれませんね。

まとめ

師走はあっという間に過ぎるものです。

吉田圭太選手ら青山学院大学陸上部や他の大学の駅伝選手たちも、調整に日々忙しく過ごしていることでしょう。

寒くなってきましたし、インフルエンザも流行の兆しが見えているそうです。

体調には十分気を使って、箱根駅伝に備えて欲しいですね。

箱根駅伝までもうあとわずか、平成最後の箱根駅伝に期待しましょう。

[box class=”box28″ title=”青学の注目選手はこちら!”]▶︎小野田勇次(青山学院大学)が人間じゃないと言われる理由は?兄弟や出身中学も気になるが卒業後の進路は?
▶︎林奎介(青山学院大学)出身中学や高校時代のタイムは?坊主エピソード気になるが卒業後の進路は?
▶︎森田歩希の走り方やフォームがかっこいい!中学高校時代の成績や妹など家族についても
▶︎鈴木塁人(青学)の高校時代のタイムや野球から転身した理由は?兄弟や両親など家族についても

監督も!

▶︎原晋監督の経歴や若い頃の陸上の成績は? 妻・美穂に子供がいない理由も調査[/box]