ラグビー

山中亮平の結婚した嫁は誰?出身大学も気になるが抜き打ち検査で引っかかった原因が衝撃!

山中亮平

ラグビー日本代表チームの合宿に追加招集されたのが、神戸製鋼ティーラーズの山中亮平選手。

山中選手は、2017年もスーパーラグビーのサンウルブズにも追加招集された事があります。

ピンチの際の助っ人というイメージで、落ち着きある大人の雰囲気漂う山中亮平選手ですが、結婚した嫁は誰で出身大学なども気になったのでまとめてみました!

山中亮平の出身大学は?

イケメンな山中亮平選手。どんな選手なのか気になりますよね。

ということで、まずは出身高校や経歴についてみていきましょう。

生年月日:1988年6月22日
出身地:大阪府枚方市
身長:187㎝
体重:98㎏
出身校:東海大仰星高校→早稲田大学
ポジション:スタンドオフ(SO)
所属:神戸製鋼コベルコティーラーズ

山中亮平選手は、大阪出身。

小学生の頃は水泳に打ち込んでいたスポーツ少年でしたが、中学へ入学してからサッカー部へ入部したそうです。

あれ?ラグビーじゃないんですね。笑

サッカー部員として活動していた頃、サッカー部の隣で練習していたラグビー部を眺めていたそうです。

そんな山中亮平選手を、ラグビー部の顧問が誘いをかけてきました。

ラグビー部の顧問の先生が引き抜いちゃうってことは、山中選手、相当みていたんですね。笑

誘いを受けた山中選手は、ラグビーのプレーの自由さに心を掴まれラグビー部へ移籍したそうです。

「ラグビーは、ボールを持って走れるし、相手を引っ張ってもタックルで飛ばしても構わない。
サッカーだったらファールになることを出来てしまうところが斬新だった。」

と、ラグビーへ転身した心の内を話しています。

サッカーは、相手が体に当たってきて倒れてもファールを取られたりしますよね。

体格の良い山中選手には、自分の当たりの強さで残念な気持ちになることもあったのでしょう。

高校はラグビーの名門・東海大仰星高校へ進学。

東海大仰星は、2017年全国高校ラグビー(花園)優勝を収めた強豪校です。

山中選手の在籍時も、3年時に花園優勝を収めています。

U17近畿選抜、オール大阪、高校ジャパンなど、この時点でかなりの活躍を見せていました。

中学でラグビーを始めて、高校でこれだけの活躍ができるのって一気に才能を開花させた感じですね。

大学はこれまた、大学ラグビーの歴史ある名門・早稲田大学に進んでいます。

大学時代から日本代表でプレーするなど、活躍は目立っていました。

スキルアップに集中し、活躍することが目標だったそうです。

あまり筋トレは好きではなかったと答えていますが、このムキムキの体を見ると信じられませんよね。

山中亮平の結婚した嫁は誰?

山中選手は、2012年に結婚されています。

2012年といえば、山中選手が24歳

かなり早い結婚ですね。

それだけ早く結婚を決めたってことは奥様はステキな方なんだろうなと思いますが、奥様はメディアには出ていません。

きっと、キレイな方なんだと思います。

山中選手のツイッターによると、車の運転がちょっと苦手なのか、車をぶつける事があるようです。

これは2017年7月のツイートです。

奥様が、ぶつけた車の傷の写真がツイートされています。

「もう車乗らさん」ってかわいいです。

が、結構な感じで傷がついちゃってますね。

いろんなラグビー選手のレスが付いていて、皆仲良しなのだなあと思います。。

奥様が車をぶつけたのは、まだ一年未満で3回目なのだそうです。

確かに、ちょっとぶつけすぎかと思いました。

でも、車種はトヨタのアルファードだそうです、もっと小回りの利く車を買ってあげてください(笑)

ドーピング抜き打ち検査で引っかかった原因が衝撃!

実は山中亮平選手は結婚した頃は、ラグビー選手としての資格を2年間停止されていました。

なんと、2011年の4月にIRB(国際ラグビーボード)のドーピング検査で陽性反応が出たのです。

真面目な努力家というイメージの山中選手。

まだ、大学を卒業したばかりの山中選手に何が起こったのでしょうか。

実は・・・・原因は育毛剤だったのです。

山中選手の髪の毛って薄かったっけ!?って思いましたが、髪の毛が薄かったわけではありません。

なんと、豊かな髭が欲しくて口の周りに使用した育毛剤が原因だったのです。

髭が欲しい?と女子の皆さんは思うと思います。

正直、なぜ髭を生やしたかったのか、これはなかなか女子には理解できませんよね。

その時のことを、山中選手は「若かったですね。」と、何社かの取材で答えています。

そのせいで神戸製鋼ラグビー部を退部する事になり、練習を含めラグビーをプレーすることが2年間出来なかったのです。

育毛剤神戸製鋼の契約社員となり、筋トレなどに励む2年間の間に支えてくれた奥様と結婚しています。

きっと辛い2年間だったと思います。

そんな中で支えてくれた奥様はやっぱりステキな方なんでしょうね。

それにしても、まさか育毛剤でドーピング反応が出るなんて思いもしなかったと思います。

2年の資格停止が明けて、神戸製鋼ラグビー部に復帰したのは25歳。

「ラグビーのことだけを考えたいし、チームに貢献したい。」

そこから、支えてくれた人たちへの恩返しと、プロとしてラグビーに打ち込んできました。

学生時代にあまり好きではなかったウエイトトレーニングにも打ち込み、体づくりを重要視したようです。

2年の空白は辛かったと思いますが、山中選手の内面を確実にスキルアップしたのだと感じました。

その2年間があったからこそ、自分の人生をラグビーに捧げる覚悟ができたのかなと思うと、ドーピングでの資格停止は神様からの贈り物なのかもしれませんね。

「ラグビーをしていて一番楽しいのは、勝利してチームのみんなと喜び合う瞬間。」

この言葉で、仲間や周りをとても大事にしているのだと感じますよね。

まとめ

山中亮平選手は、Twitterで試合の事や、様々な日常を発信しています。SNSについても、選手も、もっと発信すべきだと発言されています。

とてもひたむきで前向きな発言も多く、読んでいて本当に応援したいと思ってしまいました。

こうして様々な気持ちを発信してくれていると、とても身近に感じますよね。

男は30歳からだそうです、と30歳の誕生日に呟いていらっしゃいました。

山中亮平選手は、精悍な顔立ちと、落ち着いた雰囲気で素敵な大人の男性という感じです。

これからまだまだ、日本ラグビー界を最前線で盛り上げていって欲しいですね。