フィギュアスケート

山本草太の現在の怪我の状況は?父親の職業や兄弟についても調査!

現在の怪我の状況は?父親の職業や兄弟についても調査!

フィギュアスケートの若手選手のなかで、次代の日本を背負う逸材、ポスト羽入結弦と言われている山本草太選手をご存知でしょうか?

2018年の全日本選手権でもスマートな滑りを見せた山本草太選手は9位という順位を残しました。

ということで、今回は山本草太の現在の怪我の状況や父親の職業や兄弟についてもまとめてみました。

山本草太の経歴は?

まずは、簡単に山本選手の経歴を紹介したいと思います。


名前:山本 草太(やまもと そうた)
生年月日:2000年1月10日
出身地:大阪府岸和田市
身長:170センチ
趣味:ねること、ゲーム、野球

趣味がこの世代の男の子!って感じでいいですね。

全日本選手権では、すっとしたイケメンだなって注目していました。

そんな
山本選手は、5歳の時からフィギュアスケートを始めたそうです。

始めたきっかけは、お母様。

お母様がフィギュアスケートが大好きなんだそう。

山本選手はお母様と一緒にトリノ五輪のフィギュアを観ていた時に、プロシェンコさんの滑りに感動し、金メダルがほしい!スケートやりたい!とお母様に頼んだのだそう。


金メダルが欲しい!ってかわいいですよね。

そこからスケートを始めます。

中学までは、関西を拠点にしていましたが、
中学1年生の時に名古屋を練習の拠点へと移します。

これは、ジャンプの指導に定評のあった長久保裕コーチから練習を受けるためだったようです。

確かに、フィギュア界って名古屋出身者がめちゃめちゃ多いですよね。

浅田舞・真央姉妹や織田信成、村上佳菜子、宇野昌磨などフィギュア界の実力者が多いのが名古屋。

ということで、山本選手も名古屋に拠点を移し、名古屋市立東港中学校へ転校しました。

高校はみずほ大瑞穂高校に通い、現在は中京大学の1年生です。

みずほ大瑞穂高校に通われていた方は、中京大に進学される方が多いんですよね。

たとえば、女子フィギュアの本郷理華さんや新田谷凛さんなどは同じ高校で中京大学に進学しています。

名古屋に拠点を移してからの彼の成長はめまぐるしく、数々の大会で優勝や金メダルを取ってきました。

・2014年
第34回全国中学校スケート大会 優勝
・クープドプランタン 優勝
・JGPフランス大会 2位
・JGPエストニア大会 2位
・全日本ジュニア選手権 2位
・ジュニアグランプリファイナル2位
・全日本選手権6位
・2015年
第70回国民体育大会冬季大会(少年)優勝
・第35回全国中学校スケート大会 優勝
・世界ジュニア選手権 3位
・JGPアメリカ大会 優勝
・JGPポーランド大会 優勝
・全日本ジュニア選手権 優勝
・ジュニアグランプリファイナル3位
・全日本選手権6位
・2016年
第65回インターハイ 優勝
・第2回ユースオリンピック 優勝

と、書ききれないんではと思うほどの大会に出場。

どれも好成績を収めていますよね。

ところが、2016年3月の練習中に転倒。

右内側のくるぶしを骨折しています。

この怪我で山本選手は、当時出場予定だった世界ジュニア選手権を欠場したのでした。

山本草太の現在の怪我の状況は?

フィギュアスケーターに取って足の怪我は命取り。

現在の山本草太選手の怪我の状況はどうなのでしょうか?

完治するまで、練習を休む→筋肉が落ちる→スタミナが落ちる→演技が続かないという負のサイクルに陥ります。

また先輩である羽生結弦選手も怪我をした足首がもろくなり、ちょっとしたことでまた怪我をしてしまうと語っていました。

これもフィギュアスケーターの運命なのでしょうか?

山本選手は足にボルトを入れる手術をおこないました。

2016年には復帰予定でしたが、
西日本選手権の直前に再び同じ場所を怪我

2016年に復帰することはできませんでした。

それでも懸命なリハビリを行ったかいもあり、2017年9月にリンクに姿を現します。

その時ですらまだ完全な状態ではなかったと本人はのちのインタビューで答えていましたが、、

11月の西日本選手権では見事ジャンプを決め、全日本選手権の切符を手に入れました。

この時のショートの結果は8位でしたが、スピン・ステップともにレベル4を獲得されています。

高橋大輔選手も彼の懸命なリハビリ姿を見て、現役復帰を考える一因にもなったそう。

高橋選手にそんな風に思わせたなんて、すごい頑張りだったんだろうな。

そんな山本選手は2018年最後の全日本では、ジャンプでの失敗が続き9位という
結果になってしまいました。

山本選手は気持ちが焦ってしまい、その結果だったと語っていました。

結果をみると、怪我の状態がまだ万全じゃないのかな?と思いましたが、
怪我の状態はよくなっているようですね。

父親の職業や兄弟についても調査!

もともと大阪出身の山本草太選手ですが、名古屋に拠点を移すなどきっとご家族のサポートがあって活躍しているだなと思います。

そんな山本選手の家族が気になって調べてみましたが、、残念ながら山本選手のお父様の職業や兄弟のことについての情報は出てきませんでした。

お母様のお話しはインタビューでもでてくることがあり、演技については一緒に決めたりすることもあるんだそうですよ!

なんたってお母様のフィギュア好きがきっかけで山本選手がフィギュアスケートの道に進んでいきましたもんね。

これは推測でしたかありませんが、フィギュアスケートはもっともお金がかかるスポーツなのでご家庭も裕福なのかなと思います。

フィギュアスケートは
だいたいレッスン料が20万円〜。

そして衣装などは高額のものになると30万円〜
100万円もかかったりするんです。

すごいですよね。衣装は曲に合わせて毎回違うものを使うことも多いので、その分お金が・・

さらに遠征費や病院代なども、もちろん自前です。

これらを惜しまずに出してもらえるだけの裕福な家庭だということがわかりますね。

まとめ

いかがでしたか?

山本選手は次世代の羽生結弦といわれています。

数々の大会で好成績を収め、順風満帆なジュニア時代を過ごしていましたが、
怪我により、なかなか試合に出られない苦しい時期を過ごされていたのです。

しかし、彼はその苦難に負けない精神力と実力を持っている選手だと感じます。

選手をするのは30歳くらいまでかなと以前インタビューで答えられていた山本選手。

まだまだ年数がありますので、ここから巻き返しで頑張ってもらいたいものですね!