野球

植田結喜のドラフト評価や卒業後の進路は?出身中学や投球フォームについても

平成最後のセンバツということもあり、選手たちの思い入れも、いつも以上に強いの
ではないでしょうか?

今回は、センバツ最多Vを目指す愛知の強豪校 、東邦高校のエース植田結喜選手について詳しく調べてみようと思います!

なぜこの選手なのかというのは、すごい経歴の持ち主だからなんですよ〜!!!

そこで本記事では、植田結喜のドラフト評価や卒業後の進路について、出身中学や投球フォームについて紹介します。

植田結喜のドラフト評価や卒業後の進路は?

2019センバツの注目選手の一人、植田結喜選手のドラフト評価や卒業後の進路は決まっているのでしょうか。

現時点で彼への具体的なプロからのスカウトは、ゼロです。

植田結喜選手は、最速142キロという記録を持つ左投手で、ストレートと鋭いスライダーの
コンビネーションが持ち味です。

2年生の春のセンバツからベンチ入りを果たし、登板の機会を得ますが、秋から不調が続き、試合に出られない日々を過ごしています。

その分、今年彼にとっても最後の甲子園にかける思いはかなり強いのではないでしょうか?

第一試合では、植田結喜選手の登板はありませんでしたので、二回戦以降かなと期待していますが、プロを目指す植田選手にとっては、甲子園での活躍をスカウト陣に見せつけたい気持ちでいっぱいなのではないでしょうか?

横浜高校に及川選手という左の投手がいることもあり、どうしてもそちらに目がいってしまい、植田選手が注目されていないように感じられます。

というのも、高校2年生の春にベンチ入りし、秋には調子が悪くなっていますので、注目される機会があまりなかったことも事実です。

また、彼の同期に、主将を務める石川昴弥選手もおり、彼がまた非常に高い評価を
受けていることから、ちょっと苦しい状況に追い込まれているように思います。

あわせて読みたい
石川昴弥選手のバッティング
石川昂弥の弟や父親の職業など家族について!出身中学やプレースタイルは?いよいよ始まる選抜高校野球2019。 東邦高校の二刀流でエースとして注目されている石川昂弥選手が気になっています。 石川昂弥...

が、秋までまだまだ時間がありますからね!

まだ挽回のチャンスはあります!しっかり調整して、スカウトマンへのアピールができるよう試合に出てほしいものです。

そもそも東邦高校って愛知の野球強豪校だけあって、チームのメンバーは皆すごい才能の持ち主ばかりです。

レギュラーになるだけでも相当な努力を積んできたと思います。

植田結喜の出身中学やこれまでの経歴は?

植田結喜選手の出身中学は、浜松市立雄踏中学校です。

すごい選手と冒頭でも言いましたが、植田結喜選手は幼少期から注目の選手でした。

植田結喜選手は、静岡県浜松市出身

小学校1年生から軟式野球をはじめ、中学校は浜松市立雄踏中学校へと進学します。

中学校の野球部には入部せず、シニアリーグの浜松ボーイズで野球をプレーしました。

この浜松ボーイズは数多くの高校野球球児を輩出しており、地元では非常に有名なチームでもあります。

中学3年生の春には、浜松ボーイズで全国大会に出場し、同年に野茂英雄が主催するNOMOジャパンに参加。

アメリカ遠征を経験するなど、かなりの能力の持ち主として注目されていました。

あわせて読みたい
西純矢のドラフト評価と卒業後の進路
西純矢の中学や家族構成について!ドラフト評価や卒業後の進路は?熱いプレーで2018夏の甲子園で話題になった創志学園の西純矢選手。 西純矢選手は、2019センバツでもまた熱いプレーを見せてくれる...

このNOMOジュニアオールジャパンで選抜されるのは、ボーイズリーグで活躍している

中学生のわずか15名だけということもあり、植田選手は、このころからかなり優秀な選手だったということが言えますね。

高校の進路を決める際は、地元静岡の強豪校などからスカウトもあったようですが、プロを目指すという志の元、愛知の東邦高校に進学することを決意したようです。

東邦高校といえば、AI(人工知能)を搭載したピッチングマシンを導入するなど、最先端のトレーニング法を導入していることでも有名ですよね。

やはりそれだけの強豪校でもあるので、全国から力のある選手が集まっています。

そのため、1年生時には、なかなか出場機会を得ることができませんでした。

しかし、2年生の春のセンバツからベンチ入りを果たし、その後夏の予選では6戦中3戦登板する機会を得ることができたのです。

しかし、秋頃からかなり制球難に陥ってしまい、なかなか登板の機会を得られなくなってしまったようです。

制球難は、心の乱れなどが関係することが多いのだそう。
もしかしたらいろんなプレッシャーで投球に乱れが出てしまっているのかもしれませんね。

でも、実力のある選手なので、焦らず調整してほしいものです。

植田結喜の投球フォームや球種についても

植田結喜選手は、142キロを出す左投手です。

投球スタイルは、オーバースローとサイドスローの中間のスリークォーター。

ストレートとスライダーのコンビネーションが主体で、投げています。

独特なクセがないシンプルな投球スタイルですが、これだけのスピードがでるということは、肩が非常に強い選手なのではないでしょうか?

まだまだ成長していく選手だと思うので、植田結喜選手の今後の活躍を見守りたいと思います。

まとめ

今回は、これから注目の選手で、植田結喜選手についてご紹介しました!

今春のセンバツ第1回戦には登板されていませんが、チームも非常にいい状態ということで、2回戦に勝ち進まれました。

3年生ということもあり、焦りもあるかもしれませんが左のスピードのある球を投げられる選手なので、落ち着いて登板の機会が巡ってくることをテレビ越しに祈っていたいと思います!ちゃんと控えには入っていますので!

みなさんも植田結喜選手に注目してセンバツを楽しんでくださいね!