野球

寺西成騎の兄や家族について!卒業後の進路やドラフト評価は?

今回の春のセンバツ1日目、大阪の履正社を0-3で下し2回戦へと進んだ石川の星稜高校。

エースナンバーを背負う選手の他にも、活躍が期待できる投手が控えています。

本記事では、背番号14番・寺西成騎選手について調べてみました。

寺西選手が影響を受けた兄や家族、卒業後の進路やドラフト評価についても見ていきます。

寺西成騎の兄もスゴイ選手?家族についても

寺西成騎選手を知るのに避けて通れないのがお兄さんの存在です。

お兄さんが野球をしていたことがきっかけで寺西選手も野球をはじめたのだそうですが、そのお兄さんもすごい人なのです。

現在は専修大学野球部に所属する兄・健さんも星稜高校野球部出身。

健さんは、強打が魅力の選手。強者揃いの星稜高校で1年の夏からベンチ入りしています。秋にはレギュラー入り、2年の春からは4番をはりました。

星稜高校の強打者といえば、もちろんゴジラこと松井秀喜さんですよね。

健さんは、高校時代ゴジラ2世として話題を集めていました。

2世ということは、名門・星稜高校の長い歴史の中で松井秀喜さんに次ぐ強打者っていうこと!?凄すぎます。

話題になったあの映画が公開されてからは、2世改めシン・ゴジラなんて呼ばれ方もしていたようです。

2年の夏には甲子園に出場したものの3年での甲子園出場はならず、石川県大会で健さんの高校野球人生は幕を閉じます。

この時から「この悔しさを忘れずに大学でも頑張りたい」と語ってるので、高校卒業でのプロ入りは考えていなかったようですね。

そんな健さんですが、進学先の専修大学ではまだレギュラーを掴めていないようです。

こんなにすごい選手がメンバー入りしていないなんて、専修大学はどれほど選手の層が厚いのでしょう。大学野球にも興味が出てきます。

兄弟揃って大物なので、お父さんも野球経験者なのかと思いましたが、何も情報が出てきませんでした。

寺西兄弟の野球センスが天性のものだったのでしょうか。

ただ、二人とも体格に恵まれたのはご両親のおかげです。具体的な数字はわからないのですが、お父さん、お母さんともに身長の高い方のようですよ。

寺西成騎の出身中学やこれまでの経歴は?

寺西成騎選手の出身中学は、石川県の能美市立根上中学校です。

中学3年のときには全国大会に出場し、2回戦まで進みました。

さらに寺西選手は、中学時代から侍ジャパンU-15に選出されるほどの全国レベルの選手なのです。

2017年の第9回BFA U-15アジア選手権では、侍ジャパンU-15代表が全勝で優勝。アジアのチャンピオンとなりました。

寺西選手はこの決勝戦でクローザーとして登板しています。

現在同じチームで活躍する荻原吟哉選手、苫小牧中央に進学した根本悠楓選手からの継投で韓国打線をしっかりと抑え、優勝に貢献。

星稜高校に進学してからは1年生の夏にベンチ入りしています。甲子園では一回戦から登板しました。

甲子園は2回戦で敗れますが、その後秋の明治神宮野球大会では準優勝という結果を残しています。

寺西成騎の卒業後の進路やドラフト評価は?

まだ2年生の寺西成騎選手ですが、卒業後はプロ入りを志望しています。

「高校で150キロ台後半を出して、プロに行きたい」と話しているように、大学へ進学した兄とは異なり、高校卒業後すぐにプロ入りしたい考えのようですね。

プロ入りに優位にはたらくと思われるのがまずはその恵まれた体格です。

身長186cm体重79kgとしっかりしていますね。

小顔で少年っぽい顔つきとのギャップにびっくりです。

寺西選手の憧れである、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は高校入学時に183cm、高校3年生のときに190cmを超えていたそうなので、寺西選手もまだまだ身長が伸びる可能性もあります。

また、寺西選手が他の選手よりも評価されているのが投球フォームの良さ。すでに下半身主導のフォームができていることが高ポイントです。

フォームが良ければそれだけ肩や肘への負担が減らせるため、ケガをする危険性が低く、選手生命も長くなります。

プロに入っても故障で苦しみ、そのまま引退する選手も多いですから、故障の心配が少ないというのはかなりアドバンテージになりますね。

寺西選手が対象となるドラフトまではまだ1年以上ありますので、その間、さらに下半身を強化していくと思われます。

そしてそれが球速アップにもつながれば、ドラフト指名の可能性は広がりますね。

まとめ

高校生離れした素晴らしい投球フォームで注目を集めている、星稜高校の寺西成騎選手について調べてみました。

お兄さんも星稜高校で活躍した選手で、寺西選手も小さいころからお兄さんに刺激を受け、勝負強い選手に成長したのではないかと思われます。

まだ高校2年生ですが、卒業後はプロ入りを希望しており、プロのスカウトたちも結果を残している寺西選手に注目していることと思います。

キレイな投球フォームと恵まれた体格を活かし、さらに身体をつくりこむことができればドラフト上位指名も期待できる選手です!