ラグビー

田村優は父と弟もラグビー選手!出身高校やプレースタイルも調査した!

田村優の父親と弟

イケメン揃いのラグビー日本代表の中でも、凛々しさと逞しさ溢れるイケメンと言えば田村優選手ですよね。

なんと田村優選手は、お父様も元ラグビー選手で、なんと弟さんもトップリーガーの選手というラグビー一家なんです。

本記事では、田村優選手の父親や弟とともに、出身校やプレースタイルについて紹介します。

田村優は父と弟もラグビー選手!

それでは、まずは田村優選手がどんな経歴なのか簡単に見ていきましょう。

名前:田村優(たむら ゆう)
生年月日:1989年1月9日(30歳)
出身地:愛知県岡崎市
身長:181㎝
体重:92㎏
出身校:國學院栃木高校→明治大学
所属:キャノンイーグルス
ポジション:センター、スタンドオフ

田村優選手は、愛知県岡崎市出身。

岡崎市立梅園小学校から市立甲山中学校へ通っていました。

田村選手の小学校、中学校時代はサッカーをプレーしていたようです。

國學院栃木高校進学から、ラグビーを始めたという意外な来歴の持ち主です。

愛知県から栃木県の高校へ進学って珍しいですね。

しかも、国学院栃木高校はラグビーの名門校で、ラグビー経験のないはずの田村優選手がいきなり進学ってそんなことあるの?って思ってしまいました。

栃木と愛知ではかなりの距離もあるし、サッカーならいざ知らずラグビーの為に栃木へいきなり進学したのは何故なのでしょう。

実は、田村優選手のお父様・田村誠さんは元ラグビー選手。

田村優選手の國學院栃木高校への進学には、ここには父・田村誠さんが絡んでいるようです。

ここで、御父様である田村誠さんについてちょっと説明いたしましょう。

田村誠さんは帝京大学出身で、トヨタ自動車では社会人日本一を経験した元ラグビー選手。

現役引退後は、豊田自動織機の総監督を務めていました。他にも、サンウルブズのGM(ゼネラルマネージャー)を務めていたことも。

この父・誠さんが國學院栃木高校のラグビー監督と知り合いだったようで、その縁で田村優選手は國學院栃木高校へ進学することになりました。

ラグビー経験のない中、名門校に行くなんて不安はなかったのでしょうか。すごいです。

田村優選手曰く「父からラグビーをしろとは言われたことがない」と各インタビューでも答えています。

それを証明するかのように、幼稚園からサッカーのクラブチームに入り、中学もサッカー部に入部していたそうです。

誠さんは、優さんがラグビーの道に進むようにうまく高校を誘導したのかなと思いましたが、国学院栃木高校へ進学したいと言い出したのは優さんだったんだとか。

優さんは、自らの意思で、子供の頃から良く観戦していたラグビーをプレーすることを決めました。

いやいや、やはりここはDNAの叫びとしか言いようがないですよね。

高校3年間、花園大会と言われる全国大会に出場。名門である目地大学ラグビー部でも1年生からSO(スタンドオフ)として活躍していました。

恵まれた体と、身体能力は遺伝子のなせる業なのかもしれませんね。また、小さい頃から誠さんとラグビーを観戦してきたことで、ラグビーのプレーも下地のようなものも出来上がっていたのではと思います。

そして、そのラグビー遺伝子は弟さんにもはっきりと出ているようです。

弟さんは、田村煕(たむら ひかる)さん。

1993年生まれの25歳で、現在はサントリーサンゴリアスでプレーしています。

田村煕さんは高校、大学と経歴は同じで、ジュニアジャパンにも選ばれたことがある評価の高い選手です。

身長は兄の方が6センチほど高いようですが、がっしりとした体つきと顔立ちはそっくりです。


やはり、弟もイケメンですね。イケメン兄弟で、さぞかし近所でも評判だったのではと思います。

ただ、父である田村誠さんと息子さんたちは、あまり顔立ちが似ていないと感じます。

沖縄出身のお母様に似ているのでしょうか?

お母様の画像が出てこなかったのではっきりとはわかりませんが、沖縄出身と聞いて、ちょっとだけ確信してしまいました。

くっきりとした顔立ちが、なんとなく南国風のイケメン兄弟選手のこれからにも注目ですよね。

出身高校やこれまでの戦歴は?

田村優選手は国学院栃木高校出身と書きましたが、高校時代の活躍はサッカーで培った正確なキックが評判の選手でした。

高校日本代表にも選ばれたことがあります。

国学院栃木高校は、全国大会の常連校。吉岡監督という監督さんが、田村優選手のお父様と知り合いのようです。

ラグビー部のHPには「監督の小言」というコーナーがあり、とても興味深いのですが、残念ながら現役とOBしか読めないようです。

田村優選手の日本代表キャップ数は2018年11月現在で、54です。

田中史郎選手の69、五郎丸選手の57を見ると、田村優選手も日本代表として、欠かせない人材ということが分かりますよね。

これからまだまだキャップ数が伸びて、歴代トップ10入りも間違いないのかなと思います。

プレースタイルは?

田村優選手は、大学卒業後、NECグリーンロケッツに所属。その後キャノンイーグルスに移籍しています。

サンウルブスでも、3年間プレー。2019年スコッドにも追加されたと、2019年2月1日に発表されています。

田村優選手は、ラグビーセンスが良く、スペース感覚に長けていて、パス、ラン、キックと自在にボールを運ぶ天才肌のプレーヤーです。

その技術の高さは、日本代表として、ジョセフヘッドコーチの期待も高い選手なのです。

「厳しい練習をし、努力したうえで試合を楽しむ」がモットーなんだそうです。

向上心が素晴らしい選手ですよね、見た目だけでなく中身も超イケメンなんですね。

まとめ

30歳イケメンで、注目のプレーヤーである田村優選手ですが、独身で彼女の噂も聞こえてきません。

ワールドカップ終了後には、落ち着いた出会いがあるといいなと願わずにはいられません。

こんないい男が、独りでいるなんて許されるものではないですよね。

今年のワールドカップは、田村優選手の天才的プレーと共に、その魅力からも目が離せないなと思います。