陸上

鈴木塁人(青学)の高校時代のタイムや野球から転身した理由は?兄弟や両親など家族についても

「駅伝の有名校は?」と聞けば、あまり興味のない人でも「青学(青山学院大学)」と答えるのはないでしょうか?

青学のキーマンといえば、鈴木塁人選手。

2018年現在、青学は出雲、全日本と2冠を手に入れています。

ということで、今回は青学のキーマン、鈴木塁人選手の高校時代のタイムや野球から転身した理由について、兄弟や両親など家族についてもどんな選手か徹底的に調べてみました!

[box class=”box28″ title=”青学の注目選手はこちら!”]▶︎小野田勇次(青山学院大学)が人間じゃないと言われる理由は?兄弟や出身中学も気になるが卒業後の進路は?
▶︎林奎介(青山学院大学)出身中学や高校時代のタイムは?坊主エピソード気になるが卒業後の進路は?
▶︎森田歩希の走り方やフォームがかっこいい!中学高校時代の成績や妹など家族についても
▶︎吉田圭太の世羅高校時代の成績や活躍は?ベストタイムや履いているシューズも調査した!

監督も!

▶︎原晋監督の経歴や若い頃の陸上の成績は? 妻・美穂に子供がいない理由も調査[/box]

鈴木塁人(青学)の高校時代のタイムや成績は?

まずは鈴木選手の名前の読み方ですが、鈴木塁人(すずき たかと)と読みます。

珍しい名前ですよね〜。

私も最初はるいと?って思いました。なかなか読めないかもしれないですね。

ご自身も同名の人を募集してしまうほど、珍しい名前のようです。


ちなみに以前解説で増田明美さんが、

名前の由来について「塁」の字は、鈴木選手のお父様が野球好きでつけた

と語っていまいた。

やはりこの字は野球ですよね〜。

ではその他のプロフィールもご紹介してみましょう!

名前:鈴木 塁人(すずき たかと)
生年月日:1997年7月23日
出身地:千葉県
身長:174センチ
ニックネーム:たかと

高校は流通経済大学柏高校に通われていました。

高校の時の主な記録がこちらです。

・アジアジュニア 5000m 優勝
・第95回関東インカレ 5000m 3位入賞
・2015年紀の国わかやま国体 5000m 10位
・2015年 全国高校駅伝 1区12位
・2016年都道府県駅伝 1区16位

優勝経験もあるなんてすごいですね!

あれ?中学の頃の記録は?と思われるかもしれませんが、実は鈴木選手が
陸上を始めたのは、高校からなんです。

高校から陸上を始めたとは思えない記録ですよね・・・。

そんなすごい実力の持ち主鈴木選手ですが、意外とおちゃめな一面も!

鈴木塁人

渋谷で迷子になっちゃったようですね・・

大丈夫だったんでしょうか!!!

こんなポーズを撮った写真も発見しました!

鈴木塁人

しっかりものですが、ちょっと天然?な部分もあり、そして愛されキャラのようです!

青学駅伝部はSNSが禁止されていないので、競技以外のプライベートの姿が見られます。

選手の素の顔が見られると、親近感が増しちゃいますね。

野球から転身した理由は?

鈴木選手が陸上を始めたのは、高校にはいってから。

柏市立西原中学に通っていた中学時代は野球部に所属していました。

名前の通りという感じですね!
お父様が野球選手になってほしい!という思いが強く、名前に「塁」という文字をつけた
ほどでしたが、しっかりと果たしてくれていました!

しかも尊敬する人は、元阪神の赤星憲広選手と言っていたほどです。

そんな鈴木選手が、なぜ野球から陸上に転身してしまったのでしょうか?

実は、鈴木選手が陸上を始めるきっかけになったは野球の走り込みだったそう。

野球部の活動終了後、体力作りの一環で
走り込みをしていました。

長距離を走るうちに、陸上の才能が開花されてしまい、
陸上部の人よりも早く走れるようになっていたんだそうです。

なかなかそんなことで才能開花させてしまう人いませんよね・・・。

元からかなりの素質があったんだろうと思います。

野球でも強豪校から多数オファーを受けるほどの腕前だったようですが、
野球よりも陸上を選んだのだそうです。

野球でも注目されていたってことは、運動神経がよかったんだろうな〜。うらやましいー。

高校から本格的に始めたのにも関わらず、こんなに記録を伸ばし続けるとはすごいですね!

兄弟や両親についても

お父さんに塁の名前をつけたお父さんや育った家庭について気になりますが、残念ながら家族構成については公開されていませんでした。

ある日のツイッターにこのような文章が載っていました!
一番下の妹ということは少なからずともあとお一人は、ご兄弟がいそうな文脈ですよね。

鈴木塁人選手のインスタは以前に乗っ取られてしまい、現在は現在は閲覧できませんでした。

この投稿が2017年3月の投稿ですので、かなり年の離れたご兄弟ですね!

妹さんもお兄さんがこんなに活躍されているのはうれしいのではないでしょうか?

あとの家族情報についてはあまり詳しい情報がキャッチできませんでした。

しかし、お父様が野球経験者であるという情報が!!

だから「塁人」になったのかと思っていましたが、どうやらお母様もソフトボールをされていたようで、ご両親ともに無類の野球好きのようです。

そんな中息子が野球をやめて陸上やる!と決断した時は、ちょっと悲しかったのではないでしょうか!?

でもこんなに陸上でも結果を出してくれるのであれば、うれしいものですね。

鈴木選手は社会人になっても実業団で陸上を続けたい!と陸上愛を語っています。
怪我には気をつけてがんばってほしいです!

まとめ

2017年には1年生ながら、なんと箱根で第1区を走った鈴木選手。

なかなか1年生で1区を担当させられることはなく、プレッシャーもすごかったのでは?と思います。

ご本人曰く、野球をやっていた時は、常に打順が1番だったそうで、ある意味1番には
慣れているのかもしれません。

新年早々に行われる箱根駅伝では、青山学院大学は3冠がかかっています。

年々自身の自己ベストを更新している鈴木選手。

今回は何区を担当するのか、そして区間賞が取れるのか!?お正月はテレビにかじりつくしかありませんね!

[box class=”box28″ title=”青学の注目選手はこちら!”]▶︎小野田勇次(青山学院大学)が人間じゃないと言われる理由は?兄弟や出身中学も気になるが卒業後の進路は?
▶︎林奎介(青山学院大学)出身中学や高校時代のタイムは?坊主エピソード気になるが卒業後の進路は?
▶︎森田歩希の走り方やフォームがかっこいい!中学高校時代の成績や妹など家族についても
▶︎吉田圭太の世羅高校時代の成績や活躍は?ベストタイムや履いているシューズも調査した!

監督も!

▶︎原晋監督の経歴や若い頃の陸上の成績は? 妻・美穂に子供がいない理由も調査[/box]