ボルダリング

白石阿島の落下事故やケガの状況は?両親の職業や国籍も気になるし日本移住の理由は?

白石阿島

NYタイムズで天才と称され、アメリカタイム誌に最も影響のある1030名に選出された白石阿島さん

前髪ぱっつんでかわいい雰囲気の白石阿島さんですが、実力もすごいんです。

2020年の東京オリンピックに正式種目となったボルダリングの代表候補と言われている白石阿島さん。

今回は、白石阿島さんの落下事故やケガの状況について、両親の職業や国籍や日本移住の理由についてまとめてみました。

白石阿島の経歴や学歴は?

 

View this post on Instagram

Ashimaさん(@ashimashiraishi)がシェアした投稿 –

名前:白石阿島
生年月日:2001
43
身長:155cm
出身:アメリカ
ニューヨーク市

白石阿島さんはアメリカ、ニューヨーク出身の17歳。

「阿島」という名前は珍しいですが、由来は父親の出身地愛媛県の地名だそうです。

阿島さんとボルダリングとの出会いは6歳の時。

舞踏家の父親に連れられて行ったセントラルパーク内にある外岩ラットロックでボルダリングを知り、そこから夢中になったようです。

父親が彼女の岩を登る素質に気付きそこから毎日通ったとのこと。

舞踏家のお父さんなので、阿島さんの体の使い方や動かし方などを見て才能があると思ったのかもしれませんね。

阿島さんは10代から世界中の岩場をフリークライミングとして、高難度の岩場を次々と経験して行きました。

小柄な印象の阿島さんですが、すごい筋肉ですよね。

阿島さんのボルダリングの成績は、

2010年から4年間全米ボルダリングジュニアユース選手権で優勝
2015年準優勝
2016年優勝
20152017年のIFCA世界ユース選手権で3年連続優勝

素晴らしい成績ですよね。

また、8歳の時にV10を達成すると2015年の14歳の時には最難関レベルのグレードV 15の壁を達成(ボルダリングのグレードは最高V16まであります。)

これは史上最年少、女性初の偉業で「伝説のクライマー」と呼ばれています。

阿島さんは「シュタイナー教育」を取り入れている学校に通っているようです。ボルダリングだけではなく、学校でも成績優秀生と名を連ねているとのこと。

日本では「イッテQ!」の番組で話題になり、JALの企業広告でボルダリングする姿から有名になりました。

世界中にファンがいて、インスタのフォロー数も多く前髪ぱっつんがかわいいんですよね。

ちなみに、トレードマークの前髪はお父さんが切っているそうです。

白石阿島の落下事故やケガの状況は?

そんな白石阿島さんは、20167月に落下事故によってケガをしてしまいました。

練習中に約14m の高さから落下し、救急車で搬送されました。

骨折など大きなケガもなく、背中に傷が残ったくらいで、今後の選手生活に影響はないようです。

よかったです。ボルダリングってかなりの高さまで登るので、落下の危険がありますよね。

でも、阿島さんは次の日にはInstagramでも無事を報告。

マンションの3階くらいの高さから落下して、骨折もないなんて!まるで猫みたいにしなやかな体なのかなと思ってしまいました。

事故から1週間後には登り始めたようです。

スポーツはケガが付き物ですが、特にボルダリングはリスクが大きいと思います。好きじゃないと続けられないはず。阿島さんが本当にボルダリングを大好きなことが伝わってきます。

ボルダリングは落ちるのが当たり前で、何度も立ち上がり挑戦し続ける。「ボルダリングは人生と通じる」と話しています。

両親の職業や国籍は?

白石阿島さんのご両親は、Poppoとしての名で知られる舞踏家の父・久年さん、母・ツヤさんの日本人。

 

View this post on Instagram

 

Foggy with a chance of meatballs🌧

Ashimaさん(@ashimashiraishi)がシェアした投稿 –

1978年に日本からニューヨーク市マンハッタン島のチェルシー地区に移住したようです。

マンハッタン島って、めちゃめちゃセレブな地区が多くお金持ちが多く住んでいます。

特に、マンハッタン島のグリニッジビレッジ、ウェストビレッジなどは

・ジュリアロバーツ
・オノヨーコ
・サラジェシカパーカー

みたいなセレブが多く住んでいるんです!

久年さん、ツヤさんが住み始めたチェルシー地区はグリニッジビレッジ、ウェストビレッジほどではないですが、

それでも、1ベッドルームの賃貸が月3000ドル以上だったりします。かなり高級住宅な感じですよね・・

マンハッタンに移住してから23年過ぎて、阿島さんが誕生しています。

 

View this post on Instagram

 

FATHER. (2001)

Ashimaさん(@ashimashiraishi)がシェアした投稿 –

阿島さんはさすが舞踏家の父親を持っているだけあって、阿島さんの登り方はダンスを踊っているようなスムーズで柔らかな動きが特徴だと言われています。

アメリカの雑誌では「ザ・ウォールダンサー」と大絶賛されています。

父親の久年さんは現在、阿島さんのロープを操るビレイヤーの役割をし、練習には毎回付き添っているんだとか。

母親のツヤさんは、大会で履くパンツを毎回手作りで作られています。

ご両親に愛されサポートされながら、今の活躍があるようです。

阿島さんは現在、二重国籍

日本人のご両親から生まれたこと、ニューヨークで生まれたことにより、どちらの国籍も持っています。

現在はアメリカ代表で大会に出場していて、スポンサーもアメリカ企業がほとんどです。

アメリカで育ったので、アメリカ代表で出場する方向が濃厚ですが、彼女は熱い日本の応援が嬉しく、現在はどちらの国籍を選ぶか考え中とのこと。

成人までにアメリカか日本か、国籍を選ぶかによって、変わってきます。東京オリンピックではどちらの国での代表になるのか注目されています。

日本移住の理由は?

家族と共にニューヨークから日本に拠点を移し、新しい生活をしていくとのこと。


ニューヨークにはジムが少なく、トレーニングがしづらい理由からだそうです。

東京だと近場に外岩があるので便利。

都内のインターナショナルスクールにも転入が決まっています。アメリカの学校の学年が終わって、来年の途中から日本の学校に入るようです。

20187月にInstagramでも日本に移住することをコメントしています。

オリンピックのためだけではなく、日本全国の岩を楽しみたい、別の場所で生活することに興味があるとのこと。新しい章の始まりとしています。

まとめ

白石阿島さんの夢は「東京オリンピック出場」です。

今後東京オリンピックに向け更に白石阿島さんの活躍を見る機会が増えるのではないでしょうか。

日本に移住することにより、ますます注目されることが楽しみです。