フィギュアスケート

島田高志郎は現在もスイス在住?高校も気になるがお金持ちの実家や父親の職業も

島田高志郎

フィギュアスケート界と言えば、現在は、羽生結弦選手、宇野昌磨選手、そして復帰してきた高橋大輔選手など、イケメンの実力派選手たちが華麗な演技で魅了し続けていますよね。

次世代を担うと言われている、17歳の島田高志郎選手を御存じでしょうか?

島田高志郎選手は、スケートファンならご存知の選手なのです。

島田高志郎選手はスケートのためにスイスに移住して練習していますが、そんなことができるなんて実家はお金持ちそうですよね。

ということで、今回は島田高志郎は現在もスイス在住なのか、通っている高校や実家について紹介します。

島田高志郎は現在もスイス在住?

島田高志郎選手はスケートの腕を磨くため活動拠点をスイスに移しました。

島田高志郎選手は、2017年にスイスに渡り、ステファン・ランビエールコーチの指導を受けるようになります。

スイスでは一人暮らし、自炊をしていたようです。まだ10代の少年が、海外で一人暮らしとは、しっかりしていますよね。

住んでいるアパートの前にやってくる生協(スイスでは何というのでしょうね)で食材を購入し、日本から送ってもらった調味料で料理をしていたようです。

異国の地で生活をしていくだけでも大変なのに、島田高志郎選手は、練習に自炊にとかなり努力家ですね。

そんな島田選手が調理上困ったのは、肉が塊しか売っていないとのこと。

ミンチやロース、薄切り肉などが売っていなかったという事でしょうか。予想するに、もう、適当に切って、ステーキとして焼くしかないですね。

日本から送ってもらう調味料で味を付けて、1人で食事をしている姿を思い浮かべると、なんだか胸が詰まってきますね。

ちなみに、島田高志郎選手が師事しているステファンコーチは、2006年トリノオリンピック銀メダリスト。

超イケメンの、王子様のようなコーチです。

若い頃はもちろん、王子様そのままのルックスでした。現在も素敵なイケメンは健在です。コーチと並ぶと、本当に見ていて目の保養になります。

でも、銀メダリストです、実力派のコーチなのです。

スイスで順調に力をつけていた島田高志郎選手ですが、2017年に左内転筋という太ももの内側の筋肉を痛めて休養しています。

カナダで治療やリハビリを行い、2018年のシーズンには、国内大会に復帰しています。順調に回復出来ているようで、一安心ですよね。

現在は、岡山のスケートリンクで滑っているのでは?との情報もあります。国内の試合が続く間は、住んでいた岡山にいるのかもしれませんね。

島田高志郎選手は小学校4年生で愛媛から岡山市に引っ越し、中学から就実学園に通っています。

スイスに渡るときには、まだ高校在学中で、学校は休学して渡ったようです。

現在、休学扱いのままなのか、もしかして辞めてしまったのか、その後の情報が無いのですが、忙しくてなかなか両立は難しいのかなと思いました。

通っていた就実高校は、中学から、短大、大学まである私立学校です。

制服が素敵で、女子の制服がとても可愛らしくカリキュラムも充実した人気の高校です。
女子バレーボール部の強い高校です。石井優希選手の母校でもあります。

イケメンで、可愛らしい島田選手は、学校の制服も、きっと似合うのでしょうね。

島田高志郎の経歴や学歴

島田高志郎(しまだ こうしろう)選手のプロフィールです。

生年月日:2001年9月11日(17歳)
出身地:愛媛県松山市
身長:174㎝
体重:54㎏
所属クラブ:木下グループ
学歴:就実高校(岡山)休学中

島田高志郎選手は、6歳で愛媛県松山市内のスケートリンクでスケートを始めました。

当時は、スケート以外にダンス、水泳、体操、サッカー、テニスと数多くの習い事をしていたようです。

かなり恵まれた環境だったのだろうと思います。

小学校4年生の時に本格的にスケートを学びたいと、岡山県岡山市の「岡山国際スケートリンク」でコーチをしていた長沢琴絵コーチに指導を受けたいと岡山に引っ越しをしています。

長澤コーチは、元フィギュアスケート選手で、1972年の札幌オリンピックでペア日本代表として出場経験があります。

全日本選手権ペアでは、5連覇という記録を持っていて、かなりの実力派のコーチです。

当時のパートナーは、本郷理華選手や日野龍樹選手のコーチを務める、長久保裕コーチでした。それを知ると、感動しますね。

晴らしい選手が、惜しまれ引退し、コーチになり、次の選手を育てていく、本当に素敵だと思いました。

長澤コーチの下で、力をつけ、ノービスから成績を残して活躍してきています。

お金持ちの実家や父親の職業も

島田高志郎選手は小さなころから数々の習い事をしていたこと、スイスに住んでいることを考えると、きっと実家は裕福なのだろうと調べてみました。

島田高志郎選手のお父様は、島田雄二郎さん。

お父様は、損保ジャパンの取締役や愛媛銀行の常務も務めた経歴の持ち主です。

お父様の肩書からして、裕福なのは一目瞭然ですね。

ただ、2015年にお父様が63歳で亡くなっているようです。かなりショックだったろうと思います。

乗り越えて、自分の道を歩んでいるのは、きっといい御家庭、ご両親だったのでしょうね。

スイスでの一人暮らしも頑張っていたのは、お父様の事もあったのかなと思いました。きっと、息子さんの頑張る姿を、見守っていらっしゃるのでしょうね。

スケートの為に引っ越しまでさせてくれたのですから、活躍をきっと喜んでいる事でしょう。

ご家族は、お母様と、少し年の離れたお兄さんがいるとのことです。お兄さんの情報は出てこなかったので、スケートには関係ない方のようです。

まとめ

小学生から現在まで、素晴らしいコーチに恵まれ続け、才能を伸ばして来た島田高志郎選手。

容姿も、イケメンはもちろん、すらりと伸びた手足が特徴です。その手足を使い、表現力のある演技が評価されています。

ケガで欠場の期間が、スケートへの思いや、精神面も成長させてくれたことと思います。

これから、どんどん伸びて、次世代を担っていく島田高志郎選手を応援していきたいですね。