陸上

酒井俊幸監督(東洋)の息子や結婚した嫁など家族について!双子の妹も陸上選手ってマジ?

平成最後の年末を迎え、新年の風物詩「箱根駅伝」もすぐそこまで迫ってきています!

今年の優勝候補はまた青山学院では?と予想される方も多い一方、酒井俊幸監督率いる東洋大学に優勝してほしい!という声も多くあがっています。

というのも酒井監督や選手がイケメンぞろいなんですよね。

ということで今回は、東洋大学の酒井俊幸監督の息子や結婚した嫁など家族について、双子の妹も陸上選手の噂についてまとめてみました。

[box class=”box28″ title=”東洋大学注目選手はこちら!”]▶︎小笹椋(東洋大)の卒業後の進路は実業団?出身高校や成績について調査!
▶︎西山和弥(東洋大)の不調は文春報道の影響?卒業後の進路やほっぺが赤い理由も
▶︎山本修二(東洋大)の彼女は誰で進路は兄の憲二を追ってマツダへ?前歯から血が出ても走る姿がイケメン!
▶︎今西駿介(東洋)の父親も元箱根駅伝ランナー!イケメンとの噂だが出身高校やこれまでの成績についても[/box]

酒井俊幸監督の経歴や活躍は?

イケメンで人気の高い酒井俊幸監督ですが、イケメンだけではありません。

なんと、酒井監督が東洋大学・陸上競技部長距離部門に就任されてから、3回駅伝で優勝に導いています。

酒井監督とはどんな方なのでしょうか?

まずは、簡単に経歴からご紹介したいと思います。

名前:酒井 俊幸(さかい としゆき)
生年月日:1976年5月23日
出身地:福島県
出身大学:東洋大学経済学部卒業

現在、42歳になられる監督。

実は東洋大学をご卒業されていたんですね!

東洋大学にまだ学生としていた時代は1年生から箱根を走っていたようです。

その当時のお写真がこちらです。

やはりイケメンでいらっしゃいますね!

実は酒井監督が陸上を真剣にやろうと志したのは、非常に遅く高校2年生の時だったようです。

高校2年生から陸上に打ち込んで、箱根まで出ちゃうって相当努力したのかなって思います。

それまでは普通の陸上部の活動しかしておらず、福島県内の国立大学に行き、教師に
なって家を守ろうと思っていたんだそう。

そのため、酒井監督が進んだのは「進学コース」

勉学の方に力を入れていたので、部活や遅刻したり、早く帰ったりしていたんだとか。

酒井監督ってすごく真面目なイメージなので、高校時代はそんな感じだったのが意外。

しかし、高校2年生の時に全国高校駅伝県代表に選ばれ6区を走られました。

そんなに練習していなくて、県代表に選ばれるということは相当速かったと思われます。

もともと陸上の才能があったのではないでしょうか?

そして大学は、現在監督を務める東洋大学へ。

経済学部に進学し、陸上部に所属しました。

1996年、1年生の時には箱根の3区を走り区間11位。
1997年、2年生の時には箱根7区を走り、区間12位
1998年、3年生では、箱根1区を走り区間13位

という記録を残しています。

最後の4年生は怪我の影響で出場できなかったようです。

酒井監督はこの当時の記録を振り返り、

「当時自分は三流選手だった」

と言われています。

1年生から箱根に選ばれるというのはすごいことなんじゃないでしょうか!?

箱根って走れるだけでもすごいと思いますが、やっぱり速い選手や成績を残す選手の方が注目されますもんね。

卒業後は実業団コニカ(現在のコニカミノルタ)に就職。

4年生の怪我で走れなかったことに悔しさがあり、陸上を続けたいという気持ちがあったのかもしれませんね。

実業団では、実業団対抗駅伝競争大会(ニューイヤー駅伝)にて2001年〜2003年の連覇に貢献。

ご自身も区間賞1回、優勝したレースのラストランナーを2回も務められて
います。

酒井監督は大学時代よりも実業団時代にメキメキと頭角を表していったのかもしれませんね。

しかし、2005年にはコニカを退社

そしてご自身の母校 地元福島の石川高校へと戻り、教員として新たな人生をスタート
しています。

この頃は社会科の教員を担当されながら、陸上部の顧問を務めていたんだとか。

顧問としても活動していましたが、ご自身も国体やハーフマラソンに出場し選手としての活動も続け、福島県の代表として出場もしていました。

教員として石川高校の生徒を指導する側、福島県内で無名の高校生・柏原竜二さんに
注目したのが酒井監督だったのです。

柏原さんといえば、箱根で4年連続区間賞を受賞。

「新・山の神」と呼ばれ、東洋大学優勝に貢献した人物でもあります。

その柏原選手の東洋大学入りに一役買ったのが、酒井監督だったそうです。

酒井監督は、東洋大学から監督になってほしいの依頼をもらっていたそうですが、なかなか気持ちが固まらず、一度はお断りしていたんだそう。

しかし、気持ちが抑えられなくなり、やっぱり東洋大学に行く!と決意されたんだそう
です。

すごいですよね。ここから東洋大学の快進撃が始まったんだと思うとゾクゾクしちゃいます。

2009年に東洋大学陸上競技部長距離部門監督に就任されてからの酒井監督は指導者として華々しい成績を残しています。

出雲駅伝:優勝1回
全日本駅伝:優勝1回
箱根駅伝:優勝3回

これはすごい記録ですよね!

酒井監督といえば、箱根を疾走する選手の後ろにぴったりと車をつけ、

「おらぁ!ラストだー」

「ここで負けたら1年間悔しいぞー」

「お前は世界と戦うんだろー1秒削り出せ」

などのドS掛け声が話題でもあります。

酒井監督って知的でクールな感じかと思っていたので、初めてドSな掛け声を聞いた時には耳を疑いました。笑

結果選手も良い結果を出せているので、
効果は絶大なのかもしれませんね!

結婚した嫁や息子は?

さて、イケメンの酒井監督ですが、奥さんや子供など家族はどんな感じなのでしょうか?

こちらが、ご家族のお写真だそうです。

奥様、かわいいですね!

2009年ごろに撮られたお写真のようなので、お子さんもすでに大きくなられたでしょうね。

奥様は瑞穂さんという方で、日本女子大学で競歩の選手をされていたようです。

アスリートカップルということで、出会いは陸上だったのでしょうか。

現在は、ご家族で東洋大学駅伝部の合宿所に住んで、奥様はそこで寮母さんとして
選手をサポートされているようです。

元アスリートだからこそ、選手が何を求めているかがわかるのかもしれませんね。

双子の妹も陸上選手ってマジ?

そんな酒井監督ですが、実は双子なんだそうです。

おお。あの顔がもう一人いるの!?って見たくなっちゃいますよね。

勝手に双子のもう一人は男性かと思っちゃいましたが、酒井監督は男女の双子なんだそう。

酒井監督があれだけのイケメンですので、さぞ美人な妹さんでしょうね〜。

どんな方か気になり写真を探してみましたが、残念ながら発見することはできません
でした・・・

高校までは一緒に陸上をされていたそうなので、
記録や選手時代の何か写真でも残っていないかと探してみましたが、
発見できませんでした・・

引き続き探したいと思います!

酒井監督も最初はあまり陸上を真剣に取り組まれていたような感じでは
なかったので、もしかしたら妹さんも大会などには出場されていなかったのかもしれませんね。

まとめ

青山学院大学の原監督も奥様が寮母さんをなさっていますが、酒井俊幸監督もご家族で東洋大学駅伝部を支えているって考えたらすごいことですよね。

奥様も選手全員が家族みたいな気持ちになるのではないでしょうか?

子供たちが悔しい結果を残さないように、最後の最後まで力を抜かせないための
酒井監督のどSな掛け声が今年も聞けることにも注目してみてくださいね!

ただのドSではなく、愛情に聞こえるのではないでしょうか?

今年の箱根駅伝 東洋大学にも目が離せませんね!

[box class=”box28″ title=”東洋大学注目選手はこちら!”]▶︎小笹椋(東洋大)の卒業後の進路は実業団?出身高校や成績について調査!
▶︎西山和弥(東洋大)の不調は文春報道の影響?卒業後の進路やほっぺが赤い理由も
▶︎山本修二(東洋大)の彼女は誰で進路は兄の憲二を追ってマツダへ?前歯から血が出ても走る姿がイケメン!
▶︎今西駿介(東洋)の父親も元箱根駅伝ランナー!イケメンとの噂だが出身高校やこれまでの成績についても[/box]