バレーボール

坂口佳穂(ビーチバレー)が太った噂をタレント時代と比較した!双子の弟や家族についても

坂口佳穂

美女ビーチバレー選手として注目されている坂口佳穂さん。

ビーチバレー選手といえば思い浮かぶのがビーチの妖精と言われた浅尾美和さんだと思いますが、坂口さんは第2の浅尾美和とも言われています。

しかも、坂口佳穂さんは実は元アイドルという経歴の持ち主なんです。

ということで今回は、坂口佳穂が太った噂双子の弟、家族についてまとめてみました。

坂口佳穂が太った噂は本当?

元アイドルだけあってとってもかわいい雰囲気の坂口佳穂さんですが、最近、太ったのでは?と噂されているようです。

ビーチバレー選手なのに、太ってしまったって大丈夫かな?と心配になってしまいます。

ということで、坂口選手が太ってしまった噂についてタレント時代の画像と比較していきたいと思いますが、まずは坂口選手のことを知らない方に簡単にプロフィールをご紹介しましょう。

名前:坂口 佳穂(さかぐち かほ)
生年月日:1996年3月25日
出身:宮崎県
身長:172センチ
家族構成:父、母、双子の弟、3人の弟

お父様がバレーボールクラブの監督だったこともあり、6歳からバレーボールを始めます。

小学校卒業後は宮崎から東京へと引っ越し、東京の中学に移ってからもバレーボールに励みます。

最終的には中学3年生までバレーボールを続けますが、中学2年生の時にお母様の勧めで芸能活動を始めることになります。

高校ではダンス部を選択したため、この間バレーボールからは少し離れていたようですね。

高校2年生まで芸能活動をしていたようなので、アイドルとしての活動のためにダンス部を選んだのかもしれませんね。

芸能活動中の坂口さんはバレーボールからは少し離れていましたが、高校3年生に父親の友人である瀬戸山正二さんに連れられて観戦したビーチバレーに魅せられ、バレーボール熱が再燃したんだそう!

瀬戸山さんといえば、同じ宮崎出身の元ビーチバレー選手でもあります。

 

View this post on Instagram

 

京急スポーツフェスタ! 第3戦

Shoji Setoyamaさん(@shoji.setoyama)がシェアした投稿 –

自ら選手としてアトランタオリンピックにも出場されましたが、監督として2000年シドニーオリンピックで、佐伯美香選手、高橋有紀子選手のペアを世界第4位に導いたことでも記憶されている方も多いと思います。

そして大学に入学するやいなや、瀬戸山さんが理事を務める川崎ビーチスポーツクラブでビーチバレーアカデミー選手となり、トップアスリートを目指すことにしたのだそうです。

バレーボール→アイドル→ビーチバレー選手とその時にやりたいことに熱中していた感じがしますね。

その時その時、まっすぐに努力できる坂口選手はかっこいいです。

こんなにかわいい感じなのに、根性があるんだろうな〜と思います。

さて、現在22歳になった坂口選手ですが、なんとネットでは太った?という検索ワードが多くでています。

女の子の体型をとやかく言うな!と思いますが、本当に太ったのかという写真を見比べてみましょう。

▼こちらがビーチバレーを始めた当初の坂口選手。

スタイルがいいですよね。

かわいい上にスタイルもいいなんてうらやましいです。

▼こちらは現在22歳の坂口選手です。


お!確かに、ビーチバレーを始めた頃と比べるとムチムチ感が増しているような気もしますね。

しかし!!これは太ったのではありません。

実はこれは、筋肉が発達した結果、太ったように見えているだけのようです。

以前、坂口選手はインタービューで、ビーチバレーを始めて2年たち太ももやお尻の筋肉が発達して
2年前に購入したパンツスーツが入らなくなったと話していまいした。

見た目には筋肉が発達している坂口選手ですが、高校の時から体重は変わっていないそうなのです!

坂口選手も、日々の食事や練習で体が変わっていることがうれしいとおっしゃっていました。

これだけ体つきが変わっているのに体重が変わっていないのは逆にすごいですよね!筋肉はつけて脂肪を落としてっていう努力の結果だと思われます。

現在坂口選手は、1日3時間半の練習を週に5回、1日2時間の筋トレを週に2回行われているんだそう!

というのも、みなさんもご存知の通り、ビーチバレーは体育館ではなく、砂浜で競技を行いますよね。

一度はみなさんも海にいったことがあるかと思いますが、砂浜って歩きにくいですよね?

ビーチバレーはそんな砂浜で競技をするため、足元をとられやすく飛んだり、跳ねたりと行った動作が行いにくいのです。

コートは通常のバレーボールよりもひと回り小さいですが、ネットの高さは同じ。

下半身が鍛えられていないと動くことも飛ぶことも難しいスポーツなんですね。

また、ビーチバレーは2人制ですので、通常のバレーボールよりも、よりハードに動くことになってしまいます。

ということで、坂口選手は太ったのではなくトレーニングで筋肉をつけたのだとわかりました。

東京オリンピックを目指している坂口選手なので、本気で肉体改造をしたっていうことがわかりますね。

タレント時代と比較してみた!

中学2年生から高校2年生までタレント活動を行われていた異例の経歴の持ち主でもある坂口選手。
一体どのようなタレント活動をされていたのでしょうか?

坂口選手はベイビーレイズというアイドルグループに所属されていました。

このベイビーレイズ2012年に結成されたのですが、ベイビーはかわいい子という意味ですが、レイズには、不意の襲撃、奇襲、強襲という意味があるのだそう。

なんだかアイドルらしからぬネーミングですよね。

なんと名前の通り、他のアイドルグループのライブ会場に乗り込み、ファンを奪う!という手法をとっており「乗り込み!乗っ取りアイドル」とも称していたそう・・・。

ベイビーレイズは、能年玲奈さん主演の「あまちゃん」の挿入歌「暦の上ではディセンバー」のコーラスで参加されていました。

ちなみにベイビーレイズは2015年にベイビーレイズJAPANに改名しましたが、現在は解散してしまいました。

乗っ取りきれなかったのかもしれませんね・・・。しかし、解散ライブには4000人とガチファンであると公言されていた井戸田潤さんがいらっしゃったそうです。

双子の弟や家族についても

冒頭のプロフィールでもご紹介しましたが、坂口選手は二卵性の双子なんです!

坂口佳穂双子の弟

あまりに美男美女すぎて、彼氏では?と坂口選手ファンからどよめきが聞こえてきそうでしたが、こちらが双子の弟さんです。

ご自身は似てないとおっしゃってますが、鼻と口がそっくりですよね!

坂口佳穂双子の弟

そして、同い年の双子の弟の他に、2歳差の次男、8歳差の三男、9歳差の四男がいらっしゃいます。

こちらは三男くんとのお写真。

坂口佳穂の弟

そしてこちらが兄弟全員でのショットです!

坂口佳穂の兄弟

一番したの弟さんがまだ小学生・・・。そして男の子ばっかり・・・。お父様とお母様は大変ですね。

坂口さんは美人で弟たちはイケメンって、ご両親の顔も気になってしまいますね。

お父様がバレーボールの監督をされていたこともありますし、もしかしたら兄弟もバレーボールをされているかもしれませんが、現在のところその情報は発見できませんでした。

まとめ

実はビーチバレーはロンドン五輪、リオ五輪ともに陸上の次に観客動員数が多く、かなり人気の競技なんです。

しかし現状日本では、まだまだ知名度が低いですよね。

きっかけは、かわいい!美人!ということであれ、坂口選手をはじめ、ビーチバレーの選手を知ってもらういい機会になると思います!

東京五輪では、暑さ対策がかなりの試練になるのでは?と言われているビーチバレー。ぜひ坂口選手にも頑張ってもらいたいものです!