野球

及川雅貴の弟や父親など家族について!出身中学やドラフト評価は?

平成最後の春の甲子園「センバツ」で、注目株とも言われているのが、横浜高の及川雅貴選手です。

しかし、その注目選手がまさかの事態に!?

でも将来が有望な注目選手には変わりませんので、本記事では、及川雅貴の弟や父親など家族について、出身中学やドラフト評価について紹介します。

及川雅貴の弟や父親など家族について!

まずは、簡単な及川雅貴選手のプロフィールからご紹介したいと思います。

名前:及川雅貴(おいかわ まさき)
生年月日:2001年4月18日
出身地:千葉県
身長:183センチ
守備:投手

及川雅貴選手の家族は、父・母・姉の4人です。

記事タイトルに弟と書いていますが、及川選手を検索すると、がいるみたいな噂が一人歩きしているんですよね。

実際は、男兄弟はいませんでした。

男兄弟がいたら、もしかしたら兄弟そろってのすごい男兄弟になっていたかもしれませんね。

及川雅貴の出身中学やこれまでの経歴は?

及川雅貴選手の出身中学は、千葉県匝瑳市立八日市場第二中学校です。

中学生時代からスーパー中学生と呼ばれていた及川雅貴選手は、最速153キロという高校生では考えられないような早い球を左利きで投げる投手として一躍話題になりました。

この記録、野球に馴染みのない方だと、あまり実感がわかないかもしれませんが、現在マリナーズで活躍する菊池雄星選手ですら、150キロというスピードをだせたのは、高校3年生の時だったんです。

横浜高校の卒業生で、現在プロとして活躍している方は、松坂選手(中日)や藤平選手(楽天)などがいますが、彼らでも当時は、151キロと152キロで、横浜高校出身者としては、歴代1位の記録を叩き出しているのです。

恐るべきことは、まだ彼が高校3年生であり、この150キロ越えを高校2年生で記録したということですよね。

及川選手は、どんな幼少期を過ごしてきたのでしょうか?経歴について調べてみました!

千葉県出身の及川選手は、須賀小学校3年生の時に野球に出会います。

なんと、その3年後千葉ロッテマリーンズ・ジュニアチームに選抜されるのです。

その後八日市場二中に進学された及川選手は、学校の野球部ではなく匝瑳リトルシニアチームに所属。

このチームは、国の認可を受けたチームで、近隣在住の中学生を対象としたチームなのですが、数々の大会で優勝やベスト4入りなどの記録を残す本格的な練習が行えるチームなんです。

だから学校の野球部ではなく、このチームに所属されたのかもしれませんね。

この頃からプロを意識していることは間違いなさそうです!

野球界では、幼少期から一目置かれる存在でしたが、彼の名前さらに有名にする出来事がありました。

それが、日本代表U-15。この大会では、惜しくもキューバに敗れ準優勝という結果でした。

しかし、彼は最優秀防御率を受賞。

彼がU-15に入る前の年の成績は、7位でしたので、彼がチームを準優勝まで導いたといっても過言ではないでしょう。

これがきっかけで、及川選手は「スーパー中学生」として注目度が増すことになるのです。

高校の進路を決める際、全国の30校以上の野球名門校からのお誘いがあったそうです。

横浜高への決め手は、とにかくプロになりたい!という気持ちが強かったため。

そして高校1年生から横浜高校で活躍を見せるのです。

しかし、2019年春のセンバツで期待の高まる及川選手に思わぬ事態が起きてしまいました。

最終スコア5対13という無残な敗北。

及川選手自身も3回の途中で降板という結果となってしまいます。

一体彼に何があったのでしょうか?

試合後のインタビューで、立ち上がりは全く問題なく6球連続スライダーで2アウトを取るも、ピッチングの波が出てしまった。前からの課題だったため、改善のもろさだったのかなと感じていますと述べていました。

というのも、及川選手やはり強豪校の指導を仰ぎ、筋肉量を増やしたために、66キロが74キロ、身長も181センチから183センチと大きくなり、下半身が安定したため、
安定したフォームが確立できるようになっているそう。

しかし、2018年夏の甲子園に、自身が今まで確立してきたフォームで2段モーションだと判定されてしまったのです。

野球のルールで、上げた足を2回上下に動かす、途中でフォームを静止するなどは、反則行為としてみなされてしまうことを2段モーションといいます。

こでは、プロでは使い物になりません。そのため、今矯正することを考え、しっくりくるフォームを探している及川選手。

身についたフォームを立て直すのは、なかなか大変だと思いますが、投手としての才能は素晴らしいと思うので、自分のしっくりくるものを焦らず固めてほしいものですね。

ドラフト評価や卒業後の進路は?

今期、大きな課題にぶち当ている及川選手ですが、153キロというスピードもだせる強い左肩の持ち主。

そのため、各球団も注目しているでしょう。

高校進学時もそうですが、これだけのスピードの左投手は引き手数多に違いありません。

各球団の及川選手への現在の評価について調べてみました!

西武:体ができてくれば菊池雄星クラスになれる。
ソフトバンク:潜在能力が素晴らしい。夏まで楽しみ。
日ハム:プロでも三振をとっていける。非常に将来性豊かな選手。
オリックス:他校の注目選手とともに四天王となるだろう
ヤクルト:左投手であの身長、プロでもみたことがない
巨人:まっすぐ早くて、あれだけ腕を振って聞く目にスライダーを投げられたら打てない。今年のドラフトでも全然いけるんじゃない?
DeNA:左でこれだけ速い球を投げられる選手は他にいない。1位は十分にあるうる。
中日:ポテンシャルはすごい。体もまだ大きくなるだろうし、もっと良くなる

各球団かなりの注目を集めていますね。

日本だけではなく、メジャーのフィリーズという球団関係者も最も注目する左腕と言っています。

いきなりメジャーの可能性は少ないと思いますが、ここからフォームを磨いて全球団が一位指名するような選手になってもらいたいものです!

及川選手は、高校野球にも出たいけど、プロに行くことが一番の目標と常々答えているので、大学進学よりは、プロにそのまま進まれる確立が高いのではないでしょうか?

まとめ

春の高校野球センバツでは、思わぬ結果にだれもが驚いたと思いますが、一番残念なのは、ご本人ではないでしょうか。

横浜高校の監督も、夏に向けての課題は及川だと述べていました。

一方で、プレッシャーや焦りにならないよう、じっくりと固めていってほしいともインタビューに答えて
ました。

本当にその通りで、時間は少ないかもしれませんが、焦らずにせっかくの素質を潰さないでほしいものですね。