レスリング

乙黒拓斗(レスリング)は乃木坂オタクって本当?兄弟や家族も気になるが出身高校や経歴についても

乙黒拓斗

2018年10月21日にハンガリーのブタペストで行われていたレスリング世界選手権男子フリースタイル4階級準決勝で、乙黒拓斗選手が見事勝ち決勝に進出。

そして翌日に行われた決勝で見事優勝をおさめ、日本男子最年少記録を更新されました!

今回挑戦した65キロ級は初の試みだったので、かなり緊張されたのではないでしょうか?

今までの最年少記録は山梨学院大学高田裕司監督が持つ20歳6ヶ月だったので、
恩師の記録を19歳10ヶ月で塗り替えた乙黒選手。

そこで今回は、レスリング乙黒拓斗選手の乃木坂オタクの噂や兄弟や家族についてまとめてみました!

乙黒拓斗は乃木坂オタクって本当?

乙黒選手を検索すると、今回の最年少記録についてのニュースがたくさん出ているのですが、必ずといってもいいほど登場するのが「乃木坂46」の名前です。

そう、乙黒選手は大の乃木坂ファン!
このことは、ご自身も公言されており、乃木坂ファンの間でも話題となっています。

特にメンバーの中では白石麻衣さんを推しているよう。

以前、彼は快進撃のパワーの源は乃木坂46と語っており、練習がない休みの日はや
辛い練習後は、部屋にこもってYouTubeで乃木坂46の動画を観て過ごしているそうです。

本当に大好きなんですね。

乙黒選手いわく、曲を聴くだけで何よりもメンタルが回復されるんだそう!

そして、ライブにも積極的に足を運んだり、白石麻衣さんが出演する番組は見逃さずに
全て見るんですって!

白石麻衣さんを5分見るだけで回復するんだそうです。
すごいファンぶりですよね!

でもこの歳の男の子らしい一面が見れて、ほっとしませんか!?

そんな乙黒選手が今回の最年少記録を叩き出したのには、きっと乃木坂46の力があったのだろうと思いますよね?

しかし、今回はなんと!“禁”乃木坂を遂行したんだそう。

本人は「乃木坂を聴くと緩んでしまうので、今回はレゲエにして戦闘モードに切り替えました」と今回の勝利への裏話を語っていました。

今後は、リラックスモードの時だけに乃木坂46を聴いてほしいものですね!

乙黒拓斗の兄弟や家族も選手?

つい乙黒選手の乃木坂愛からご紹介してしまいましたが、ここで彼の簡単な
経歴をご紹介したいと思います。

名前:乙黒 拓斗(おとぐろ たくと)
生年月日:1998年12月13日
出身:山梨県
大学:山梨学院大学
身長:172センチ
体重:62キロ

乙黒選手は父、母、兄の4人家族です。

ご存知の方もいるかもしれませんが、乙黒選手のお兄様もレスリングの選手なんです!

お兄様は乙黒圭祐(おとぐろけいすけ)選手です。

今回の世界選手権にも参加されており、現在70キロ級で活躍されています。

大学は拓斗選手と同じ山梨学院大学で、なんと、法学部に所属されているんです!
文武両道を選ぶとはすごいですね!

 

View this post on Instagram

 

#elder brother

takuto otoguroさん(@01096taku)がシェアした投稿 –

向かって右が兄圭祐さんで、左が拓斗さんです。

そっくりですよね!

こんなすごい兄弟を育てたのはどんなご両親なのか気になります。

お母様の情報は残念ながら出てきませんでしたが、お父様のご職業は公務員なのでは?という情報はでてきます。

ただ、これはあくまでも噂なのではっきりとした確証はありません・・

実はこの乙黒兄弟がレスリングを始めるきっかけとなったのが、父・正也さんの影響だったそうです。

実家で基礎練習をおこない、ガラスを破ったり、壁に穴をあけることは日常茶飯事だったそう。

お母様のご苦労が目に見えてきますね。
忍耐力と根気強く教え込まれたお二人のおかげで、今日の乙黒兄弟がいるのですね!

出身高校やこれまでの経歴は?

実は乙黒拓斗選手が強いというのは、今にはじまったことではなく、彼が小学生の頃から有名でした。
といっても乙黒選手がレスリングを始めたのは、小学生の頃。

子供の頃の拓斗選手はこんな感じだったんですね。ひょうきんものな感じですね。

そこからご自宅と山梨ジュニアレスリングクラブで練習を始めます。

そこから本格的にレスリングに打ち込むために、中学は上京し、赤羽にある稲村中学へと入学を決意します。

なぜこの学校なのか?と思いますよね。
実は、この稲村中学ではJOCの協力を得て、オリンピック選手が講師を務める「オリンピック教室」を開講するなど、おもしろい授業がたくさん。

レスリングをするにはもってこいの学校なんです。

さらには、学校には味の素ナショナルトレーニング
センターが隣接していて、JOCエリートアカデミーに在籍する中学生はこの学校に通うことになっているんだそうです。

将来を担う若いオリンピック選手のための学校といっても
過言ではない中学校なんですね!

もちろん乙黒兄弟もエリートアカデミーに入学していたため、この学校になったという
訳。

 

View this post on Instagram

 

全国選抜優勝できました もっと強くなりたいです❗️ とりあえずよかったです #反省点#いっぱい#

takuto otoguroさん(@01096taku)がシェアした投稿 –

中学生になった乙黒選手は、全国中学選抜選手権47㎏級を2連覇。

そして世界カデット
選手権46㎏級で3位になります。

実はこれはほんの一部で、出場したほとんどの試合で優勝という成績を収めています。

高校はアスリートコースのある帝京高校に進学し、インターハイで3階級(50㎏級、
55㎏級、60㎏級)制覇という偉業を成し遂げます。



これが1年生の時なので、末恐ろしいですよね。

その後54㎏級、ジュニアオリンピックジュニアの部でも優勝を果たします。

ほぼ全部の階級を制覇・・・すごい・・・。

そして2017年に地元山梨へと戻り、山梨学院大学へと入学します。

山梨学院大学といえば、なんとなく駅伝なイメージがするのですが、レスリングも
強いのです!

2018年に行われた東日本学生リーグでは、なんと6年連続9度目の優勝を果たしている強豪校なんです。

大学2年生になった乙黒選手は、全日本選抜選手権で65㎏級でも優勝。
その後行われたプレーオフも制し、兄とともに世界選手権代表に選ばれました。

そして見事最年少記録で優勝!!
素晴らしいの一言につきますよね。

まとめ

世界選手権終了後、山梨学院大学レスリング部の高田監督は「乙黒選手のレスリングは
異次元。投げられた時も猫みたいに回転するのは天性。平成の怪物」と称していました。

素晴らしい実力の持ち主ですし、東京五輪を兄弟揃って出場してもらいたいものです!

ぜひその時は“禁”乃木坂46にしてもらいたいものですね。