未分類

庭井祐輔は元会社員ラガーマンでスーツが裂けるほど筋肉がやばい!骨折や怪我の状態は?

庭井祐輔の筋肉

ラグビー日本代表のメンバーで、ここ数年の成長が高く評価されているのがフッカーの庭井祐輔選手

庭井祐輔選手は、恵まれた上半身の筋肉と全力でぶつかるコンタクトが魅力です。

そんな庭井祐輔選手は、骨折の怪我を乗り越えワールドカップでの活躍が期待されています。

本記事では、そんな庭井祐輔選手について紹介していきます。

庭井祐輔は元会社員ラガーマン

現在はプロのラグビー選手として活躍している庭井祐輔選手ですが、もともとは社員選手として活動をスタートしました。

ということで、庭井祐輔選手の経歴を紹介しますね。

名前:庭井祐輔(にわい ゆうすけ)
生年月日:1991年10月22日(27歳)
出身地:兵庫県
身長:174㎝
体重:100㎏
出身校:報徳学園高校→立命館大学
所属:キャノンイーグルス、サンウルブス
ポジション:フッカー(HO)

庭井祐輔選手がラグビーを始めたのは10歳の頃に友人の誘いがきっかけだったそうです。

当時はサッカーをやっていて、最初にラグビーに誘われたときは「痛そうや、やめとこ。」と断ったそうです。理由がかわいいw

でも、庭井選手は再度同じ友人に誘われ、ラグビースクールに体験入学してみたら「なにこれ、ムチャクチャ楽しい。」に気持ちが変わったそうなんです。

そのままラグビーに夢中になった庭井選手hが、西宮市の報徳学園高校へ進学。

報徳学園はラグビーを始め、様々なスポーツの盛んな高校です。OBには、多数のラグビー選手や、野球、陸上選手がいるスポーツ名門校。

その名門ラグビー部で、高校日本代表に選ばれる活躍をしていたそうです。

そして、庭井選手は報徳学園卒業後は、大学は立命館大学へ進学しました。

立命館大学ラグビー部は大学ラグビー関西Aリーグですが、庭井祐輔選手がいた2013年はリーグ優勝を果たしています。

当時、主将を務めおり実力もあって仲間からの信頼も厚い選手だったそうです。

大学卒業後、2014年にキャノンイーグルスに入団、当時は社員選手としてキャノンに入社しました。

営業のアシスタントとして、スーツで電車に乗り出社。仕事をしてから練習という生活をしていたそうですよ。

こんながっちりした体でスーツを着て満員電車に営業仕事、ちょっと目立ったのではないかと思います。

現在は、プロ選手としての契約で社員としての仕事はしていないそうです。

スーツが裂けるほど筋肉がやばい!

会社員をしていた庭井祐輔選手は、毎日スーツを着て出社していたようです。

でも、、あれだけの筋肉の庭井選手なのでスーツは既製品では合わず、値の張るオーダーメードの物を着用していたそうなんです。

ラガーマンは筋肉をまさに「育てて」いるので、だいたいの選手は腕、胸、太ももの部分を合わせた服を探すのに苦労しますよね。

しかし、庭井選手が1年目に作ったオーダーメイドのスーツも、3年目には屈んだタイミングで背中部分が、真ん中から裂けたそうです。

いやはや、3年間、そのスーツもよく頑張りました(笑)

ラグビー選手は太ももが本当に太いので、スラックスの股の辺りも穴を開けたりしたそうです。

余談ですが、五郎丸選手が、古舘伊知郎さんが当時受け持っていた夜のニュース番組にスーツ姿でゲストで出演したことがあります。

その時に、五郎丸選手が釣りが好きだとの話からセットの中に釣り堀を作り、釣りをしながら話をするように準備されていました。

生中継中、五郎丸選手がセットで釣りをしようと、セットの椅子に腰かけたとき、、なんと、マイクで音が拾えるほどの勢いでスーツが裂けたのです。

私はその番組をもちろん見ていましたが、古舘伊知郎さんが五郎丸選手選手のその逞しい体に触りまくって筋肉を褒めちぎっていました。

スーツが裂けました!と嬉しそうに中継風に言っていて、見ているほうもキュンとしちゃいましたね(笑)

筋肉やばすぎてスーツが裂ける、これは、ラグビー選手のあるあるなのかもしれません。

庭井祐輔選手の骨折や怪我の状態は?

そんな庭井祐輔選手ですが、プロ転向した2017年のサンウルブズの最終戦で、大怪我をしてしまいます。

診断は、右足首の脱臼骨折でした。

怪我をした直後、捻挫だろうと立ち上がろうとしたら、足首が外側に向いていたそうです・・・

痛い!!考えただけで痛い状況ですよね、そのまま担架で運ばれたそうです。

その時の試合は、サンウルブズの劇的勝利でチームはとても盛り上がっていたそうです。

その声の聞こえる中、医務室で医師が「はい、行くよー。」と庭井祐輔選手の脱臼した足首をはめてくれたそうです。

これもまた考えただけで、ぞっとしますね。屈強なラガーマンでも激痛だったことでしょう。

庭井祐輔選手は手術して一か月入院。リハビリを受けて、競技復帰までに6か月ほど要したようです。

現在は問題なく回復し、庭井祐輔選手が日本代表として頑張っている姿を見る事が出来ます。

こんな痛い思いをしたと知ったら、試合中も目が離せないほど応援したくなりますね。

まとめ

庭井祐輔選手は、経験者も未経験者も観戦が初めての人にも、とにかく現地に着て見て欲しいと言っています。

きっと初めてラグビーを見る人も、コンタクトプレーで選手が吹っ飛ばされるのを見たら、スカッとストレス解消になります、とのことです。

そっちか~~~い(笑)と思わず思いましたが、現地で見るプレーは、本当に人の心を惹きつけますので、本当にお勧めですよ。

スクラムで選手同士がぶつかる音を聞くと、本当に驚きと感動を味わう事が出来ます。

この音に関しても、耳で楽しめますよ、と言い切る、ちょっとおちゃめな部分のある庭井祐輔選手です。

庭井祐輔選手の趣味は、自分で美味しいラテを入れることだそうです、意外に可愛らしい趣味、そして性格ですよね。

ギャップ萌えという言葉が似あう庭井祐輔選手を、是非応援してください!