野球

西純矢の中学や家族構成について!ドラフト評価や卒業後の進路は?

西純矢のドラフト評価と卒業後の進路

熱いプレーで2018夏の甲子園で話題になった創志学園の西純矢選手。

西純矢選手は、2019センバツでもまた熱いプレーを見せてくれることを期待しています。

ということで、本記事では、西純矢選手の中学や家族構成について、ドラフト評価や卒業後の進路について紹介します。

西純矢の出身中学校や経歴は?

西純矢選手の出身中学は、広島県廿日市市立阿品中学校です。

名前:西純矢(にしじゅんや)
生年月日:2001年9月13日
出身:広島県廿日市市
身長:182cm
体重:79kg
利き腕 :右投右打

西純矢選手は、小学校2年生から軟式野球を始め「鈴が峰レッズ」に所属します。

小学校5年生の頃にはキャッチャー、6年生ではエースを務め、中学時代は「ヤングひろしま」でプレーをしています。

そして、中学3年生の夏にはNOMOジャパンに召集され、ロス遠征を経験しています。

中学時代からすでに頭角を現していますね。

阿品中学校を卒業後は、岡山県にある創志学園に進学し、1年生からベンチ入りしています。

最速150キロを投げる西選手の武器はスライダー。2018夏の甲子園では、2試合で25奪三振を記録しました。

三振のたびに繰り出される西選手の気迫あふれるガッツポーズは魅力的でしたが、球審に注意されるなど賛否両論を巻き起こしました。

あわせて読みたい
西純矢のガッツポーズと雄叫び
西純矢は性格が熱い!ガッツポーズと雄たけびがスゴイが帽子が取れる理由は?岡山・創志学園の西純矢投手といえば、帽子が取れるほどの投球やガッツポーズが熱いです。 しかも、西投手、イケメンということで2019...

2018秋からはメンタルコントロールを身につけ、肉体改造によって下半身を強化しています。

2019センバツでは進化した西純矢選手が見られることを期待しましょう。

西純矢の家族構成は?

西純矢さんの家族は母親の美江さんと弟の凌矢さんの3人家族です。

父親の雅和さんは2017年10月11日にくも膜下出血でなくなっています。まだ45歳の若さでした。

父・雅和さんはなくなる前、西選手に「甲子園に行けるように頑張れ」と伝えていたそう。

西選手は、雅和さんがなくなったとき、もう野球をやめて実家に帰りたいと周囲に漏らすほど落ち込んでいたそうですが、チームメイトの励ましで乗り越えてきました。

その頃から、暑いガッツポーズや気迫あふれる投球スタイルに変わってきたんだとか。

もしかしたら、自分の頑張りをお父さんに伝えたい気持ちがあるのかもしれませんね。

西選手の帽子のツバには3つの言葉が書かれています。

1つ目は、「緊張するとこわばるので」
2つ目は、「笑顔」
3つ目は、「10.11」

西選手が野球を始めたのは、雅和さんが広島カープの大ファンだったことがきっかけ。

西選手は、心の中ではお父さんと一緒にマウンドに立っているのかもしれませんね。

また、西選手の弟の凌矢さんも現在、広島ボーイズの内野手を務めています。

お兄さんの背中を追って、兄弟揃って活躍して欲しいです。きっとお父さんも天国から見守っていてくれるはずです。

ちなみに、西純矢選手とオリックスバッファローズの西勇輝選手が親戚だと言われています。

ただし、お互いにあったことがないと話していますので、かなり遠い親戚なのかなと思います。

遠い親戚でも同じ野球人の血が流れているんですね。

西純矢のドラフト評価や卒業後の進路は?

西純矢選手は、創志学園卒業後、プロ入りを希望しています。

西選手がプロ入りを志望する理由は以下です。

お母さんを楽にしてあげたい

親孝行したいなんて、泣けますよね。

2017年にお父さんが亡くなって、お母さんがここまで家族で力を合わせて過ごしてきたんでしょうね。

そんな西純矢選手はすでにプロのスカウト陣からも注目されており、3月14日に行われた創志学園と慶応との練習試合の時にはなんと6球団のスカウトが集まりました。

巨人、ヤクルト、広島、西武、ロッテ、楽天

どの球団に行っても活躍が期待されそうですね。

急速155キロを記録する投球はプロにとっても魅力的なはず。

西純矢選手は、卒業後にドラフト指名される可能性がかなり高い選手の一人です。