野球

西原健太の出身中学や家族構成について!ドラフト評価や卒業後の進路は?

西原健太の出身中学や家族

2019年3月23日から始まる2019春の選抜高校野球。平成最後の大会として注目されています。

今回は、秋の神宮大会で優勝した北海道代表・札幌大谷高校の西原健太選手をピックアップしました。

そこで本記事では、西原健太の出身中学や家族構成について、ドラフト評価や卒業後の進路について紹介します。

西原健太の出身中学は?

西原健太選手の出身中学は札幌大谷中学校です。

名前:西原健太(にしはらけんた)
生年月日:2001年
出身地:北海道赤平市
ポジション:投手/一塁手
投打:右/右
身長:184cm
体重:90kg

西原健太選手は、小学1年生の時に「赤平レッドレイズ」で野球を始めました。

そして、小学校6年生の時には北海道日本ハムファイターズジュニアにも選出されるなど、技術を磨いていきます。

中学校は、札幌市にある札幌大谷中学を選択。札幌大谷中学は中高一貫校。

西原選手の実家のある赤平市からはなんと車で2時間もかかるんだそう。

高校からは下宿している西原選手ですが、中学時代は実家から2時間かけて通学していたんだとか。

最寄り駅まで、お父さんに送ってもらいそこから電車通学をしていたそうです。

でも、試合が朝早い場合は、電車では間に合わないことも多く、お父さんが2時間かけて車で送り届けていたそうです。

西原選手は、家族一丸となって野球に取り組んできたんですね。

札幌大谷高校に進学後は、1年生春からベンチ入り。2年生の秋からはエースで4番となります。

西原健太選手のストレートの最速は142キロ

伸びのあるストレートが西原選手の魅力です。他にもスライダヤーやチェンジアップ、カーブなども持ち味です。

西原選手は、2年生の北海道大会では先発しましたが、早い段階で降板してしまう経験があり、投球フォームを修正してきたそうです。

2019春の選抜大会では、フォームを修正し挑む西原健太選手。活躍が期待されますね。

西原健太の家族構成について

西原健太選手の家族は、父、母、妹の4人です。

西原選手の父・智洋さんは、試合の送迎のために燃費の良いハイブリッド車に買い換えるなどして西原選手を応援していきました。

きっと家族揃って西原選手を応援しているんでしょうね。

西原健太のドラフト評価や卒業後の進路は?

西原健太選手は、卒業後の進路について、今の時点ではコメントしていません。

ただ、中学から野球に打ち込める環境を選んできたことから、本気で野球に打ち込んできたことがわかります。

それを考えると、プロや大学などで野球を続けていくと思われます。

西原健太選手の魅力は、次の3つです。

・恵まれた体格
・安定感のあるフォーム
・コーナーに投げ分けることができる技術

西原選手は184センチ、90キロという恵まれた体格から、安定したフォームで投球します。

最速は142キロと抜きん出てスピードがあるわけではないですが、チェンジアップやカーブなどコーナーに投げ分ける技術が魅力の選手。

2018秋の神宮大会を制した時には、フォームを修正して望み、大会を制しました。

今回の2019春の選抜大会ではさらに進化していることからスカウト陣からも注目されることは必至です。