ラグビー

流大の筋肉がすごいがベンチプレスは何キロ?出身高校や彼女の噂についても

流大

ラグビー日本代表メンバーの中で、目を引く爽やかイケメンと言えばスクラムハーフの流大だと思います。

体の大きいラガーマンの中で、実はそれほど大きい体ではないのに、試合に出れば、グラウンドを縦横無尽に駆け抜けるその姿はとても目を引くのです。

ラグビー日本代表の若きリーダー格としてチームを支え続ける、流大選手について調べてみました。

流大の筋肉がすごいがベンチプレスは何キロ?

ラグビー選手は、超ムキムキ筋肉の大柄なイメージがありますよね。

ところが、流大選手は、身長165センチと少し小柄で、爽やかだし、優しそうなイケメンの選手。

しかし、そこはラガーマン!

ベンチプレスは最高155㎏とそのパワーは見た目を裏切る記録です。

試合などでよく見ると、腕の太さ、胸板の厚さはさすがラガーマン、とつい見入ってしまう逞しさです。

小柄な流選手ですが、ラグビーというのは15人のチームプレイ。

ムッキムキの大柄な選手のポジションと、小柄でも足が速く機転の利く選手のポジションと様々な役割があるのです。

流選手のスクラムハーフというポジションは、一番パスをするポジション。

一番長く走り回るのも、このポジションで、判断力や、パスの正確さ、スタミナが求められるポジションです。

大きな声で指示を出すことも多く、リーダーの素質がある流選手にピッタリなのでしょうね。

流大の出身高校や経歴

流大(ながれ ゆたか)選手のプロフィールです。

 

生年月日:1992年9月4日(26歳)
出身地:福岡県久留米市
身長:165㎝
体重:73㎏
出身校:熊本県立荒尾高校→帝京大学
所属:サントリーサンゴリアス、サンウルブズ

流大選手が、ラグビーを始めたのは、8歳の時、地元久留米のラグビースクールに親の勧めで入ったそうです。

久留米市のりんどうヤングラガーズという、活動が盛んなラグビースクールです。

中学は地元の公立中学校に進学。学校でサッカー部に所属し、スクールでラグビーをプレーしていました。

公立中学にラグビー部のない学校はかなり多く、平日は学校の部活、週末はラグビースクールという子供たちは結構多いようです。

高校は、熊本県立荒尾高校、現在は隣接した高校と統廃合され、岱志(たいし)高校という校名になっています。

統廃合された現在も、ラグビー強豪校です。比較的、体格に恵まれた選手の多いラグビー部です。

福岡県内には、東福岡高校という、九州で現在ナンバーワンのラグビー強豪校があります。

九州のラグビー少年が目指すのは、東福岡高校と、五郎丸選手の母校、佐賀工業高校などです。

流選手も、東福岡高校への進学を希望していたそうですが、当時の荒尾高校の監督に熱心に勧誘され、荒尾高校へ進んだそうです。

高校では主将を務め、県選抜チームでも活躍。

県選抜の監督が、「流は好き!!流はタックル行くからだ~い好き!!!」との褒めの言葉を発したそうです。

タックルは、心の強さが必要だそうです。身体の大きい選手が、全力で走るのを、全身で止めに入るのです。

一瞬の怯みは、タイミングのズレを生みますので、強い気持ちが必要なんだそうです。高校生の頃から、強い心を持って、プレーをしていたのでしょうね。

そして、高校卒業後は、ラグビーの名門帝京大学に進学しました。こちらは、沢山のラグビー選手を送り出している、大学チームです。

帝京大学ラグビー部は、部員数はだいたい150人ほどの大所帯。

流選手は1年次から、トップチームで活躍を見せています。帝京大学でも、、4年時には、主将を務めています。

流大選手には、皆を統率し、頼れるリーダーの素質があるのでしょうね。

流大に彼女の噂も?

イケメンのラガーマンと検索すると、必ず最初の方に出てくる流大選手。

爽やかで、イケメンで、たくましい身体で、トップリーガー。モテ要素しか出てこないので、きっとモテモテなのでしょうね。

しかし、独身ではあるようですが、彼女の噂は出てきませんでした。

こんな爽やかイケメンを、ラグビー女子の皆様がほおっておくわけがないと思うのですが・・・

上手く隠しているのか、忙しすぎて彼女を作る時間もないのかは分かりませんでした。

でも、これだけ試合数も多いと、出会いは限られてくるのだと思います。

流選手推しの、ラグ女の皆さん、試合会場や、公式練習などにこまめに出かけてみる作戦はどうでしょうか?

顔を覚えてもらえるチャンスがあるかもしれませんよ。

まとめ

サントリーサンゴリアスのキャプテンを務める流大選手は、そのリーダー力でチームをまとめ、自身はスーパーラグビーでも活躍を見せています。

確かに忙しくて、合コンとかやっている余裕はないのかなと感じます。

趣味はラグビー観戦・・・って全てラグビーに生活をささげている感じが半端ないですね

2019年ワールドカップのチケット販売がもう開始されています。人気のゲームは、いい席は品薄になっています。

いきなりワールドカップは、と躊躇している方は、まずはトップリーグの試合に足を運んではいかがでしょうか?

グラウンドやスタジアムで、現役のラガーマンの体のぶつかる音を聞きながら、そのプレーを目で見てください。

きっと、ラグビーをもっと知りたくなると思いますよ。日本のラガーマンは、心優しきイケメン揃いです、是非応援に出かけてみてくださいね。