バレーボール

鍋谷友理枝の目はバセドウ病で病気の真相は?出身高校や父母など家族についても

鍋谷友理枝

さていよいよ中田久美監督率いる「火の鳥JAPAN」が始動しますね!

全日本代表の中で圧倒的スピードを誇るウィングスパイカーの鍋谷友理枝選手

高校時代はセッターを務めていたこともあり、竹下佳絵2世と呼ばれていたこともある
彼女。

大きな目と、かわいらしい八重歯がチャームポイントで、その愛くるしい容姿ゆえに男性からも女性からも人気がある選手です。

そんな鍋谷選手ですが、目が大きいことからバセドウ病なの?と噂されているようです。

そこで今回は、鍋谷友理枝選手のバセドウ病の噂の真相や家族についてまとめていきます。

鍋谷友理枝の経歴は?

名前:鍋谷友理枝(なべやゆりえ)
出身地:神奈川県
生年月日:1993年12月15日
愛称:レイ
身長:176センチ
利き手:右手

小学校3年生の時にバレーボールを始めた鍋谷選手。現在は、デンソー・エアリーヒーズで活躍しています。

出身は神奈川県なので、中学は都内にある淑徳SC中学に通っていました。

淑徳SC中学は高校までの一貫教育ですが、鍋谷選手は高校へは進学せず転校することを選びます。

選んだ高校は、バレーボール界の名門とも言われる東九州龍谷高校

神奈川から九州への転校なので親元を離れての生活だったと思いますが、バレーを極めることを選択されたんですね。

鍋谷選手は、高校時代、春高とインターハイでそれぞれ2回ずつ、さらに国体1回の優勝を経験しています。

高校時代に5冠を経験するなんて、相当なことですよね。

さらに、鍋谷選手が3年生の時の高校総体では3年生2人、あとは1,2年生という若いチームながら優勝を経験しています。

この時、鍋谷選手はバレー部主将。優勝したときは目を真っ赤にして泣いていたそうです。

それだけプレッシャーも大きかったでしょうね。

この
第64回全日本バレーボール高等学校選手権では、鍋谷選手自身も
活躍を表彰され、最優秀選手賞を獲得しています。

そして、この年に第3回アジアカップ女子大会の日本代表メンバーに選出され
世界を経験。さらに実力をつけていきます。

高校卒業後はデンソー・エアリーヒーズに入団し、現在も活躍しています。

バセドウ病で病気の真相は?

そんな鍋谷友理枝選手ですが、目が大きく飛び出しているように見えることから、バセドウ病という病気ではないか?という噂があるようです。


バセドウ病といえば、サッカーの本田選手もある時期を境に目が飛び出しているように見えることから、バセドウ病ではないかと噂されていますよね。

バセドウ病はという病気は、

・眼球が飛び出したようになる
・体重が減少する

などが特徴です。

その特徴だけみると、鍋谷選手も目が大きくてやせているので、バセドウ病なのでは?と思ってしまうのもわかる気がします。

ただ、これは全くのガセ。鍋谷選手は、元気に活躍されているのでバセドウ病ってことはありえないと思います。

目が大きくて細いので、勘違いした方が流したのでしょう。

目が大きくてかわいく、芸能人の夏菜さんに似ているとネット上では話題になっています。

他にも、ドイツのサッカー選手・エジルにも似ているという声も。


比べてみると、、確かに似ていますよね。

目の大きいところがそっくりで、まるで兄弟みたいに見えてきます。

父母など家族や実家についても

全日本で活躍している鍋谷友理枝選手。父親や母親など家族はどんな人なのでしょうか?

実は鍋谷選手の才能は生まれる前から約束されていたといっても過言ではありません。
そう、彼女のご両親ともに、バレーボールの選手だったのです!

お父様:鍋谷昌道さん
お母様:鍋谷美奈さん

父親の昌道さんは、法政第二高校で活躍。

1984年には第15回春高バレーで決勝で敗れたものの準優勝に輝いています。

そしてこの時に共に戦った仲間に、バルセロナ五輪バレー男子代表の大竹秀之さんも。

大竹さんといえば、現在鍋谷選手のデンソーチームメイトでもある大竹里穂さんのお父様です。

父、娘が同じチームでプレーするなんてすごいことですよね!

昌道さんは、高校卒業後、青山学院大学へ進学しエーススパイカーとして活躍。青山学院大学では、奥様の美奈さんと出会います。そして、大学卒業後はNTT東北(地域リーグ)へ進みました。

さらに、母・美奈さんは八王子実践高校でバレー部に所属。同期にはなんとあの元全日本のエース・大林素子さんが。

大林さんのツイッターには、八王子実践高校時代の動画がツイートされていて、前衛には鍋谷美奈がと書かれていますね。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>ゆうきさん、懐かしく笑えます!ありがとうございます(笑)前衛には、鍋谷友理枝選手のお母さん、美奈が❗ <a href=”https://t.co/O8D8Hq5Bob”>https://t.co/O8D8Hq5Bob</a></p>&mdash; 大林素子 (@motoko_pink) <a href=”https://twitter.com/motoko_pink/status/846579898890137603?ref_src=twsrc%5Etfw”>2017年3月28日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

ちょっと動画が荒いのでわかりづらいですが、鍋谷美奈さんはセッターを務めていました。鍋谷皆さんは春高バレー準優勝を経験しています。

美奈さんは青山学院大学2年生のとき全日本インカレで初の大学日本一に輝きます。さらに、4年生の時には、キャプテンとして関東1部リーグ戦初優勝に貢献しました。

昌道さんも美奈さんもバレーボール選手として活躍していたんですね。

そう思うと、鍋谷選手がバレーボールの道に進んだのは当然の流れだったんでしょうね。

プレースタイルやまねきねこサーブの評判は?

鍋谷選手はWS(ウィングスパイカー)とよばれるポジションを務めています。

このウィングスパイカーは別名「大砲」ともよばれており、攻撃の要となるポジションです。

そんな重要なポジションを務める鍋谷選手ですが、

中田久美監も

「鍋谷はバレーボールがうまい」
「常に7割以上の実力を出せる選手」

と素直に褒めるほどの実力の持ち主。

実はその常に7割以上の実力を出せるのには、鍋谷選手の日頃からのケアのおかげのようです。

鍋谷選手は今まで大きな怪我をしたことがありません。
お母様の美奈さんも、鍋谷選手がプロ入りする際、怪我なく、長くプレーできる選手になってほしいとおっしゃっていました。

バレーボール選手だったお母さんだからこそのコメントっていう気がしますね。

また、鍋谷選手はサーブレシーブにも定評があります。

中田久美監督のサーブレシーブを低い位置で返すという
難易度の高い戦術にもすんなりと対応したのです。

さらに、その中田久美監督のオーダーに答えるべくできたのが、「招き猫サーブ」です。

誰が考えたのかは明らかになっていませんが、招き猫のような構えで、揺れて落ちるサーブを打ち相手を惑わせます。

ネット上でも脅威のブレ球!かわいいのに破壊力がすごいなどの声があがっています。

このサーブが日本の明暗をわけるといっても過言ではありません。

ピンチサーバーとしての出場も多い鍋谷友理枝選手。まねきねこサーブで、相手チームを翻弄してほしいなと思います。

まとめ

さて、いよいよグラチャンバレーもせまってきました。

鍋谷友理枝選手は相手を迷わせ、
揺さぶるサーブ「まねきねこサーブ」を打つことでも有名です。
このサーブが日本を勝利で導いてくれることを期待したいと思います。

ご両親からの素敵な才能と彼女の努力の結晶が合わさって、素晴らしい実力に繋がっていることでしょう。

これからの鍋谷選手の活躍にも目が離せません!