ゴルフ

森田理香子(ゴルフ)の休養は不調やイップスが原因?現在の彼氏との結婚や今後の活動は?

日本女子ゴルフですが2013年のの賞金女王・森田理香子プロがついに休養宣言を出しました。

最近、不調な時期が続いていた森田理香子プロなのですが、休養の原因はなんなのでしょうか。

そこで今回は、森田理香子プロの休養の原因イップスについて、現在の彼氏との結婚や今後の活動についてまとめてみました。

森田理香子の休養は不調やイップスが原因?

森田理香子プロが今回休養したのは、不調が原因だと言われています。

また、その不調の原因となったのはイップスということなので、森田プロの経歴と共にまとめていきます。

森田理香子プロは1990年1月8日生まれの28歳 。京都府京都市出身です。身長164cm、体重57kg、血液型はAB型です。

祖父がゴルフ練習場を経営しており、8歳の頃よりゴルフを始めます。中学生の時に足立香澄と出会い指導を受けます。

2008年7月31日、プロテストに合格し翌日にプロ登録します。

目指すのは、力強さと美しさを備えた完全無欠なスイング。そこから生まれるツアー屈指の飛距離が最大の魅力ですね。

2009年、フル参戦の初年度は、序盤に6戦連続予選落ちを喫するなど苦しい立ち上がりながら、中盤戦以降はコンスタントに予選を通過。

5戦でトップ10入りを果たし、賞金ランキング27位、初年度からシード権を獲得しました。

以後2015年まで7年連続賞金シード獲得しています。

2010年の樋口久子IDC大塚家具レディスにてツアー初優勝を飾ります。 2012年、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントで2勝目を果たします。

2013年、ツアー初戦のダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントにて3勝目を飾ります。

またツアー初戦から第4戦まで、連続して3位以内フィニッシュを達成!

同年、年間4勝を挙げて横峯さくらプロとの熾烈な争いを約120万円の差で制し、23歳327日という若さで頂点に立ちました。

ちなみに関西出身選手として初の賞金女王だったそうです。

2016年、イップスに苦しみ出場の半数以上の18戦で予選落ちとなってしまいます。

そして賞金ランキング69位で賞金シード獲得ならず…2013年の賞金女王による3年シードも切れたため、シード権をすべて失ってしまいます。

賞金女王経験者が出場義務試合数を満たしてシードを逃すのは、2009年の服部道子プロ以来史上5人目です。

さらに同年のQTでも77位に終わり、2017年のツアー出場は主催者推薦を除いてほぼ絶望的となってしまいました。


不調の原因になっているイップス (yips)とは、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことです。

本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉ですが、現在ではスポーツ全般で使われるようになりました。

2014年にTポイントレディス ゴルフトーナメントで優勝したのを最後に全く優勝できなくなってしまいました。

賞金女王になった2013年はその年だけで4回も優勝しているにも関わらず、その後優勝できないということであっという間に転落してしまいました。

不調の原因は、やはり色んな意味で精神的なところが大きいのかと思います。

一番の不調のきっかけは2013年のエキシビジョンマッチでの失態で、それからショットが恐くなったって本人も言ってるみたいですね。

賞金女王として望んだ一戦でミスを連発して、観客から失笑されたあの感覚、トラウマになって心の奥底までプレッシャーとしてのしかかっているのかもしれません。

ゴルフって、あの小さい穴に小さいボールを入れるっていうだけでかなりのプレッシャーだと思いますが、

女子プロの試合だとさらにそこにたくさんのギャラリーがいますもんね。

プレッシャーの中でのミス連発は精神的にこたえてしまいそうです。。

2018年10月31日についに来季のツアー活動を休養する方向に決まり、心配の声が上がっています。

しかし、本人の意向では、“引退”ではなくあくまで“一時的な休養”とのことです。

イップスは精神的な部分が大きいので、休養してメンタルを整えて欲しいなって思います。

現在の彼氏との結婚は?

さらに、森田理香子プロの不調の理由はもう1つあるようなんです。

森田理香子プロには、実は交際している相手がいたんです。

相手はなんとスポーツトレーナーの安福一貴さん。

右側の方ですね。かっこいい!

スポーツトレーナーの安福さんは、トレーニングとコンディショニングの両面のサポートを中心に活動されているようです。

2014年の3月にトレーナー契約を正式に結ぶ前に2月から交際をスタートしたそうで、聞くところによるとどっちから告白したわけでもなく自然な形で交際を始めたとのことです。

昨年の12月に共通の知人の紹介で知り合ったのが最初の出会い。

森田さんは彼氏に指導して頂いているわけですが、現在はトレーニングメニューを送ってもらう一方、ツアーの合間を縫ってプライベートでは会うようにしてるそうです。

公私混同してゴルフに悪影響がでないか心配ですが・・これ以上はあえて考えないでおきましょう!!

話が変わりますが、交際相手の安福さんはなんとバツイチのようです。

NHKでスポーツキャスターを務めていた一柳亜矢子アナと結婚したのですが、2013年12月にわずか2年で離婚しました。

新たな出会いと元嫁との離婚の時期が被っていますがこれは怪しいにおいがプンプンと漂います。

略奪愛かという噂もあるんですが、離婚するためには準備期間が必要ですし、二人が出会ったのは2013年12月で、交際を始めたのが2014年の2月なので、そのようなことはないと私は考えていす…!

安福さんは、巨人の高橋由伸選手、片岡治大選手や女子プロゴルファーの佐伯三貴プロを指導した経験があります。

Jリーガー、プロゴルファー、格闘家、ラグビー/トップリーグチーム等など多くのトップアスリートたちをを指導してきたそうです。

こんなすごい方だったとは・・。身体について精通してる彼だからこそ、トップアスリートも安心して指導を頼めるのかもしれません。

森田理香子プロもその一人なのでしょうね。

ただこの2人、交際はハッキリと認めていますが、結婚については明言しておりません。

森田理香子プロは今までにない不調で苦しんでいますし、安福さんはバツイチと結婚には慎重になっているのかもしれませんね。

今後の活動は?

気になる森田理香子プロの今後ですが、休養をしながら精神面を整理しゴルフを1から構築する方針だそうです。

所属事務所を通じて森田理香子プロは、

「応援頂いているファンの皆さま、ご契約頂いているスポンサー各社の皆さまには大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。今後は体調管理も含めて、再起に向けて取り組んで参ります」

とコメントしました。

しかし女子ツアーは世代交代が急激に進んでおり、今季は勝みなみプロや小祝さくらプロら黄金世代が台頭しています。

森田理香子プロは来年1月で29歳になるため、完全に表舞台から姿を消してしまう可能性も考えられます。

しかし、美貌と実力を兼ね備えた選手ですので当然ファンも多いです。

強かったころの森田理香子プロをもう一度見たいというファンは大勢いますよね!復活すること期待しましょう。

まとめ

森田理香子プロは、2013年に初めて賞金女王になりました。

当時23歳。プロ5年目で勝ち取った頂点の座ですね。 彼女にとっては当時、賞金女王になったことは想定外の出来事だったそうです。

「正直、23歳での賞金女王は想定外でした。優勝して、また優勝して、『次は賞金女王ですね』って周囲から言われて、『ああ、賞金女王っていうのもあるんだ。じゃあ目指してみようかな』という感じでした」 とコメントしています。

自分でも“早熟”だったと感じていたのだと思います。

それでも、実力で勝ち取ったのも事実で、そのあとも森田理香子プロの躍進を期待しているファンも多いはずです。

なんとか調子を取り戻してまた美貌とツアー屈指の飛距離でまた女子プロゴルフを盛り上げてほしいですね。