陸上

森田歩希の走り方やフォームがかっこいい!中学高校時代の成績や妹など家族についても

森田歩希

平成最後の全日本大学駅伝(伊勢路)において、大会MVPに輝いた青山学院大学の森田歩希選手。

青山学院大学を優勝に導いた一人ですね。

そこで今回は、青山学院大学陸上部のキャプテンでもある森田歩希の走り方やフォームがかっこいい件について、中学高校時代の成績やなど家族についてまとめてみました!

[box class=”box28″ title=”青学の注目選手はこちら!”]▶︎小野田勇次(青山学院大学)が人間じゃないと言われる理由は?兄弟や出身中学も気になるが卒業後の進路は?
▶︎林奎介(青山学院大学)出身中学や高校時代のタイムは?坊主エピソード気になるが卒業後の進路は?
▶︎吉田圭太の世羅高校時代の成績や活躍は?ベストタイムや履いているシューズも調査した!
▶︎鈴木塁人(青学)の高校時代のタイムや野球から転身した理由は?兄弟や両親など家族についても

監督も!

▶︎原晋監督の経歴や若い頃の陸上の成績は? 妻・美穂に子供がいない理由も調査[/box]

森田歩希の走り方やフォームがかっこいい!

今や青学の中心選手となった森田歩希選手。

走り方フォームがかっこよくて走っている姿を見ると惚れ惚れしちゃいます。

名前:森田歩希(もりた ほまれ)
生年月日:1996年6月29日(22歳)
身長:169cm
体重:54㎏
出身地:茨城県守谷市
出身校:茨城県立竜ケ崎第一高等学校→青山学院大学4年在籍中

森田歩希選手のデビュー戦は青山学院大学2年の時、全日本大学駅伝でした。

その大会で、森田選手は6区での区間賞MVP獲得と、輝かしい成績を収めました。

箱根駅伝でも青山学院大学優勝へ大きく貢献しました。

3年時においてはエースと言われるに値する活躍を見せ、この最終学年で主将を務めています。

森田歩希選手は、フォームが美しいと評判の選手です。

中学生の頃からペースの乱れの少ない走りだと評価されていたようです。

青山学院大学では「青トレ」と呼ばれる、体幹トレーニングを取り入れています。

本も何冊か出ているので気になる方はチェックしてみてくださいね。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

長距離選手にふさわしい筋肉を、重要度の高い筋肉の部位から付けていくようにトレーニングメニューを組むそうです。

この青トレは、難しい動作ではないので一般の方にも取り入れやすいそう。

地味な動き、基本的な動きでこの動きはなぜ行うのか?など選手たちに考えさせながら行うのです。

更に最後のストレッチやアイシングまで丁寧に指導しています。

考えて鍛えるトレーニングにより、青山学院大学の長距離選手たちのフォームは、安定した効率よいフォームへ育っていくのだそうです。

さすが原監督って感じがしますね。

森田歩希選手も、青トレでフォームに更に磨きをかけたようです。

こうして冷静な安定した走りと、チーム内でも評判のフォームが出来上がったのでしょうね。

中学高校時代の成績は?

森田選手は、守谷市立の中学校の陸上部在籍時に5000mで、当時の中学日本記録を出しています。

この頃から長距離が得意だったようですね。

しかし、高校時代には全国高等学校駅伝競走大会への出場はありませんでしたが、5000mでインターハイへ出場、国体で入賞した実績を持っています。

中学高校と、陸上一色の匂いがする森田歩希選手ですが、いまどきの男子大学生らしく乃木坂46のファンなんだそうです。

中でも、齋藤飛鳥さんが森田選手の「推し」のようです。

齋藤飛鳥さんって髪がきれいで、正統派の美少女っていう印象です。清楚な感じの女性が好きなんでしょうか?

青山学院大学の陸上部のツイッターでも、齋藤飛鳥さん推しの様子が伺えました。

今日の一言が、齋藤飛鳥さんの好きな言葉「人格は繰り返す行動の総計である」だったんです。

齋藤飛鳥さんの好きな名言もチェックしているあたり、斎藤さんが大好きな様子が伝わってきますね。

現在、森田選手に彼女がいるかどうかはわかりませんが、現在森田選手はキャプテンなので現実的に見ると多忙でなかなか難しいのではと感じました。

現在4年生の森田選手は箱根駅伝が終わり卒業すると、その次はGMOアスリートへ在籍する事が決まっているようです。

社会人となり少しづつ精神面でも、恋愛に向ける余裕も出てくるのかなあと、勝手に想像しました。

なので、狙っているファンの女子たちは、今からが本番ではないのでしょうか?良い出会いがありますように。

妹など家族についても

中学から活躍していた森田歩希選手は、なんとお父様も元長距離の陸上選手だったのです。

お名前を森田桂さんと言って、日清食品に所属されていたそうです。

日清食品なんて名門チームじゃないですか!

森田選手は、そんなお父様をお持ちだったんですね。

父親の桂さんは、その後、國學院大學の陸上部の監督を務め、國學院を箱根駅伝初出場へと導いた実績をお持ちです。

国学院大学ってある時期から突然箱根駅伝常連になってきたイメージがありますが、森田選手のお父さんの力が大きかったんですね。

お父様の影響で、森田歩希選手は小さな頃から箱根駅伝に憧れを持っていたそうです。

お父さんが陸上選手っていうことは才能も受け継いでいますが、日常の中に当たり前に陸上があったんでしょうねー。

走り方や練習など、お父様のアドバイスをもらったりしているそうです。

森田選手のフォームがキレイなのはお父さんの指導だと納得です。

遺伝子と、努力と、家族のサポート。これが森田歩希選手の励みなのでしょうね。

2018年の箱根駅伝では、お母様の純子さんさんも応援していたそうです。

お母さんは、森田歩希選手がまだ目の前を走ってくる前から、涙を流していたそうです。

小さい頃からの憧れの舞台で走っている森田選手をみたらいろんな思いが込み上げてきたんでしょうね。

無事に完走して欲しい、努力した結果がうまく出ますようにと、母心で感極まったんだろなと思います。

優しいお母さんですよね。全力で息子を応援していることが伝わります。

サポートは大変でしょうが、子供がひたむきに頑張って活躍する姿を見ることが、親として最大の喜びなのだと思います。

応援するお母さんと一緒に妹さんが、映像に映ったそうで、SNSで可愛いと評判になっていました。


ちなみに、妹さんも森田選手を応援するツイートが多いので仲がいいんだろうなって思います。

妹にかっこいいって言われるお兄ちゃん、いいですよねー。

名前は、めばえさんというようです。

めばえさん、関ジャニのファンのようで関ジャニのツイートが多いですね。

プロフィールに17とあるので、現在高校生でしょうか?

お兄ちゃんを応援している姿、とってもかわいいです。

まとめ

森田歩希選手、最後の箱根駅伝に向けて益々練習に気持ちがヒートアップしている時期ではないのでしょうか。

大学卒業後も陸上界での活躍は期待されていますが、森田歩希選手にとって、箱根駅伝はこれが最後になります。

大学4年間の努力の結晶となる駅伝、箱根駅伝が国民に愛されるのは、この大学生の時だけという儚さと、それに賭ける熱い気持ちを感じたいからなのだと思います。

2019年のスタートで、また忘れられない感動を、私達に伝えてくれることを期待します。

私は、次の箱根駅伝も部屋の中できっとこたつでミカン食べながらですが、応援したいと思います。

[box class=”box28″ title=”青学の注目選手はこちら!”]▶︎小野田勇次(青山学院大学)が人間じゃないと言われる理由は?兄弟や出身中学も気になるが卒業後の進路は?
▶︎林奎介(青山学院大学)出身中学や高校時代のタイムは?坊主エピソード気になるが卒業後の進路は?
▶︎吉田圭太の世羅高校時代の成績や活躍は?ベストタイムや履いているシューズも調査した!
▶︎鈴木塁人(青学)の高校時代のタイムや野球から転身した理由は?兄弟や両親など家族についても

監督も!

▶︎原晋監督の経歴や若い頃の陸上の成績は? 妻・美穂に子供がいない理由も調査[/box]