ゴルフ

三浦桃香(ゴルフ)の足上げがかわいすぎ!事故も気になるがクラブセッティングやスウィングについても

三浦桃香足上げ

女子ゴルフツアーも終盤に差し掛かり、賞金女王の行方が気になりますね。今年はもしかしたら1億円プレーヤーが4~5人でるのではないか!??と話題になっています。

2018年10月16日現在、男子ゴルフの賞金王の今平周吾プロの賞金額は8千万円ほどなので、今の女子ゴルフに人気が顕著に賞金に出ています。

今日はそんな勢いのある女子ゴルフの中でも抜群のプロポーションと弾ける笑顔で大人気の三浦桃香プロについて紹介していきます。

足上げポーズが話題になっている三浦桃香プロですが、事故の噂やクラブセッティングについてもまとめて見ました。

三浦桃香(ゴルフ)の足上げがかわいすぎ!

三浦桃香プロはもともとかわいいのですが、足上げポーズがかわいすぎる!と話題になっています。

三浦桃香プロは1999年2月12日生まれの19歳

宮崎県県出身のA型。お母様(恭子さん)の影響で9歳からゴルフを始めます。

ジュニア時代は「九州中学校選手権」などの大会で優勝し、高校1年生の時に「マンシングウェア東海クラシック」、「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」に出場し、いずれもベストアマチュア賞を受賞しています。

2017年、2018年LPGA主催のトーナメントにおけるシーズン前半戦の出場権を獲得。同年『サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント』7位タイなどの成績を残しています。

勝みなみプロ、小祝さくらプロらと同じ“黄金世代”の一人で、ツアー屈指の人気を誇ります。

三浦桃香さんといえば169センチの抜群のプロポーションで若手美人ゴルファーとして話題です!足も長いし、モデルみたいなスタイルですよね。

三浦桃香プロを調べると「三浦桃香 足上げ」というワードが出てきます。

この「足上げ」とは三浦桃香さんがこのポーズは、大事なパットをギリギリで外し、のけぞりながら左足を高く上げて悔しがるファンサービス?です。

もちろんギリギリ入ることもありますが(^^)この「足上げ」は予期せず生まれたようです。予期せずってところが、やっぱり可愛い・・・!

この動画の13秒くらいのところで三浦プロの足上げが見られます。

ファンは「桃香ポーズ」と言っているようです。

最近では、ニュースサイトで「次は、桃香ポーズが見られるのか?!」と彼女の勝利を祈るフレーズかのようになっていますね。

ぜひ、次の試合でもニッコリ笑顔と共に観たいですね!

ちなみに、こちらはおへそチラリ画像です。

 

View this post on Instagram

 

#三浦桃香 #富士通レディース #黄金世代

kay Mさん(@0nlo0ker)がシェアした投稿 –

本気でプレーをしていると、服がぴろって上がっちゃいますね。三浦桃香プロのおへそ、かわいいです。

事故エピソードって?

三浦桃香プロを調べていくと足上げの他に気になるワードを見つけました。

それは「三浦桃香 事故」です。

事故って…!???と調べてみると2017年のプロテスト2ヶ月前の5月にナント!

交通事故にあってしまったそうです。

肋骨骨折頚椎捻挫の重傷で、怪我が完治する間もなく2017年7月にはプロテスト試験挑むことなったそうです。

結果は…合格ラインにわずか1打及ばず、最終プロテスト23アンダーだったそうです。

やはり2ヶ月前に重傷と言うのは、練習も出来ず大変だったのでしょう。

そのとき三浦桃香プロは「交通事故があったかので、仕方ないと思って切り替えることができた」とコメントしています。

しかし、翌年の2018年もプロテスト第2次予選A地区で落選。最終プロテストに進めなかったのです。

成績は通算17オーバーの66位タイ。昨年は最終まで進んだが、2年連続の失敗に終わってしまいました。

今季はQTランキングの資格で参戦していますね。

クラブセッティングやスウィングについても

女子ツアーを中でトップクラスの飛ばし屋として知られる三浦桃香プロです。

なんと、最高飛距離は、280ヤード!ちなみに握力は15歳のころで50kgだったそう。

19歳女性の平均的な握力は27.74kgということです。ちなみに、男性の平均が47.5kgらしいのでふつうの男性よりも握力が強いんですね!

あんなにかわいい顔の三浦プロですが、握力は男性以上なんてやっぱりさすがですね。

そんな三浦桃香プロのクラブセッティングについて調べてみました。特に今現在はメーカーと契約はしておらず、フリーだそうです。

ドライバー:プロギア RS F プロトタイプ 9.5°  (シャフト:三菱ケミカル クロカゲ XT60 S 44.75インチ / XD60 SR )
ドライバー:キャロウェイ GBB エピック・サブゼロ 9° (シャフト:三菱ケミカル・クロカゲ XD 60 S )
FW:キャロウェイ ローグスター W3-15°(シャフト:三菱ケミカル・クロカゲ XD 60 S )
FW:キャロウェイ ローグ W5-18°(シャフト:三菱ケミカル・クロカゲ XD 70 S )
UT:プロギア RS #3-19° (シャフト:- )
UT:スリクソン Z H45 #3-19° #4-22° (シャフト:三菱ケミカル・ディアマナ Thump 465 S )
アイアン:スリクソン Z545 5i 6i (N.S PRO950GH )
アイアン:スリクソン Z745 7i~PW (N.S PRO950GH )
アイアン:プロギア RSフォージド 2016 4i~PW(ロフト:- / シャフト:NS.PRO 1050)
アイアン:プロギア TUNE 01 CBアイアン 6i~PW(ロフト:- / シャフト:NS.PRO 1050)
ウェッジ:クリーブランド 588 RTX2.0 50° 58°(シャフト:DMG S-200 )
パター:オデッセイ ミルドコレクション TX / オーワークス RED
ボール:スリクソン

ドライバーはプロギアとキャロウェイと諸説ありますが恐らくプロギアのRSを使っているのではないでしょうか。

今年の7月に発売されたばかりのドライバーです。

私も試打してみましたがとにかく捕まりがいいのにかなり飛びます。高反発なのに飛ぶ…不思議ですが本当によく飛びます!パチンと球離れがいいのに曲がらない。

本当にほしいと思っていますが発売されたばかりなのでまだ中古が出回っていません。新品だと約6万円です…涙。はやく中古が出ることを祈ってます。


シャフトはクロカゲ XT60ですがこちらは癖がなく振りやすいと人気のシャフトですね。

この最強ドライバーを使って三浦桃香プロは女子ツアーの中でもトップクラスの飛距離を誇っているのですね。

その他で気になるのはアイアンですがこちらも恐らく今年の9月に発売されたZ785を使っているのではないでしょうか。やわらかな打感と操作性が高いと評判のアイアンです。

まとめ

2年連続でプロテストの失敗をしてしまいましたが、本人はそこまで気にしていない様子です。

今季はQTランキングの資格で参戦しており、2018年10月16日現在の成績は29試合中予選落ちが14試合、棄権が1試合。

最高順位が7位タイです。賞金獲得額は¥8,972,999で全体の77位とイマイチ調子がでていないようですがまだ19歳です。

同世代の小祝さくらプロや勝みなみプロたちが活躍している姿をみて刺激を受けていると思います。これからが楽しみな選手の一人ですね。