ラグビー

松島幸太郎(ラグビー)に美人の彼女が!筋肉も気になるが怪我の影響は?

松島幸太郎

2019年ラグビーワールドカップ開催まであとわずかになりました。

現在、日本のトップリーグの順位決定戦の真っ最中です。

様々な選手の活躍が日々報じられますが、私は日本代表のフルバックを務める松島幸太郎選手に注目しています!

前回のワールドカップで、フルバックと言えばあの五郎丸選手でしたよね。五郎丸選手の後を継いだ松島選手はどのような人物なのでしょうか。

松島幸太郎って誰?

まずは、松島幸太郎選手がどんな選手なのか紹介します。

名前:松島幸太郎(まつしま こうたろう)
生年月日:1993年2月26日(25歳)
出身地:南アフリカ共和国プレトリア
出身校:桐蔭学院高校(横浜)
身長:178㎝
体重:88Kg
ポジション:フルバック(ほかにセンター、ウイング)
所属:サントリーサンゴリアス・サンウルブス

松島幸太郎選手はその名前を見て姿を見ると、「え?」そう思われた方もいらっしゃると思います。

日本人の名前なのに、見た目は外国人ってびっくりしますよね。

それもそのはず、松島選手はジンバブエ人のお父様と日本人のお母様を持つ、ハーフなのです。

ハーフ特有のミドルネームなどは付いていないようで、「松島幸太郎」という素敵な名前を持つ日本国籍の選手です。5歳の時に日本国籍を取得しています。

6歳で南アフリカでラグビーを始め、中学2年の時に来日し、ワセダクラブで日本での活動を始めました。

高校は、ラグビーの名門・横浜にある桐蔭学院高校へ進学しました。在籍中に、2回花園と呼ばれる全国高等学校ラグビーフットボール大会で活躍しました。

桐蔭学院高校では、準優勝と優勝という成績に貢献し、高校日本代表にも選ばれています。

この高校時代に、お父様を心臓の病気で亡くされています。

お父様は、ジンバブエ人ですが、南アフリカ共和国で新聞記者の仕事をされていたそうです。ちなみに、お父様はラグビーのプレー経験はなかったそうです。

高校卒業後は南アフリカに戻り、スーパーラグビーのチームであるシャークスの育成機関に2年間在籍していました。

ここで南アフリカのU-20代表の候補に上がったのですが、日本代表でプレーがしたいと断ったそうです。

その後再び日本へ。サントリーサンゴリアスへの加入し、即戦力として活躍を続けています。

2015年には、期間限定でオーストラリアのスーパーラグビーチーム・ワタラスへ移籍。

その翌年には、同じオーストラリアのチーム・レベルスでプレイし、スーパーラグビーでの経験を積んでいます。

経験を積み、日本代表のフルバックであった五郎丸選手のを継いで、スピードある力強いプレーを見せてくれています。

松島幸太郎に美人の彼女が!?

松島幸太郎選手について調べると、彼女というワードが付いてきます。これについても調べてみました。

松島幸太郎選手の彼女なのでは?と言われているのは、女子ラグビー「サクラセブンス」の副将を務める鈴木実沙紀選手。

写真だけ見ると、モデル?って思うくらいかわいい方ですね。

松島幸太郎選手は横浜の高校出身ですが、鈴木実沙紀は横浜出身なのです。

松島選手とは同い年。同じラグビー選手なのでどこかで出会いのきっかけがあったのでしょうか。

鈴木選手は163㎝とラグビー選手としては小柄なようですが、筋肉質のがっちりとした体格です。

しかし、鈴木実沙紀選手にはもう一人恋の噂の相手がいる様子です。

名古屋のクラスクラシコというチームに所属する森継啓介選手という、やはりラガーマン。

森継啓介

ただし、どちらも公式に認めたりしていない範囲の噂で、出どころもあいまいな様子です。

女子ラグビー選手は男子選手との練習なども多く、男女問わず仲が良いようです。

もしかしたら、仲の良い友達なのかもしれませんが、そのあたりも詳細は不明です。でも、松島幸太郎選手がデートなんかしていたら、目立つでしょうね。

笑顔がとても優しいので、きっとモテるのだろうと思います。

松島幸太郎選手のすごい筋肉が気になるが怪我の影響は?

体のぶつかるラグビー選手には怪我が付き物ですが、松島幸太郎選手も10月の代表合宿はコンディション不良という理由で不参加としていました。

11月の試合にも出ておりませんが、トップリーグの試合には復帰しているようです。ですので、怪我の影響はそれほどないと思われます。

日本代表の試合に戻ってくるのも近いのではないでしょうか。

松島幸太郎選手のプレーの特徴は、スピードパワーです。

フルバックは最後の砦とも呼ばれるポジションにピッタリの選手です。そのスピードを可能としたのは、やはりその筋肉の力強さなのでしょうか。

その筋肉のばね力は、やはりジンバブエ人のお父様から譲り受けたものではないかと思います。

とはいっても、やはり努力を重ねています。

スピードを出した状態で、追手やタックルをしようと待ち構えている相手選手をステップでかわすには、体のバランスを保持する体幹が必要です。

松島幸太郎選手は、その体幹を鍛えるために、8キロもの水の入った容器を持ち上げたまま走るトレーニングを行ったそうです。

水を持ち上げながら走ると、水が揺れて走りにくくなります。それに耐えてしっかり足をあげ走る訓練で、切れ味のあるステップを身に付けたのだそうです。

是非、次に松島幸太郎選手のプレーを見る時にはその華麗で驚異的なステップにも注目してみてくださいね。

まとめ

日本代表への思い入れが人一倍深いと言われる松島幸太郎選手。一人っ子で、ママっ子だったそうです。

だからこそ、南アフリカでではなく、日本でプレーすることを選んだのかもしれませんね。

ハーフですが、身長等はあまり恵まれてるとは言えない178㎝ですが、その恵まれた筋肉から繰り出す力強いプレーに期待し熱く応援しましょう!