フィギュアスケート

木科雄登の父親の職業や姉など実家の家族は?コーチは誰で演技や衣装の評判についても!

木科雄登

2018年9月5日から行われていたフィギュアスケートジュニアグランプリリトアニア大会。

木科雄登選手が見事3位の成績をおさめました。

この大きな舞台で、3位という成績を残した木科雄登選手についてあまりまだ知られていないご様子です。なにしろまだ高校生ですからね。

そこで今回は、木科雄登の父親の職業や姉など実家の家族について、コーチは誰で演技や衣装の評判についてまとめてみました。

 木科雄登の父親の職業や姉など実家の家族は?

まずは、木科雄登選手の経歴や学歴から紹介していきますね。


名前:木科雄登(きしな ゆうと)
生年月日 :2001年10月15日
出身地:岡山県
身長:168㎝
出身中学:金光学園中
高校:金光学園

木科雄登選手は現在17歳の高校生。これからを期待されるフィギュアスケート選手です。

中学の頃より少しづつ大人びてきましたが、まだまだ可愛らしい少年の顔ですよね。

中学から金光学園に通っており、現在は金光学園高校に通っています。

金光学園は、岡山県浅口市にある中高一貫校。 部活動は盛んで、偏差値は58と一般的なレベルの学校のようです。

木科選手も高校に通いながら、フィギュアスケート選手としても頑張っていますね。

そんな木科雄登選手の趣味はスニーカー収集。 納得です、インスタグラムで写っているスニーカーがとってもステキです。

インスタのプライベートな写真を見ると、どこにでもいるような今時の高校生という感じですが、スケートをしている時の姿はピシッとしてかっこいいですよね。

 

View this post on Instagram

 

#3A @takahitobh5d

Yuto Kishinaさん(@yuto_kishina)がシェアした投稿 –

まだ、あまり目立つ選手ではなかったためか、家族の情報が全く出てこないのが残念です。

お姉さんがいるという噂はあるようなのですが、本当にお姉さんがいるのかはわかりませんでした。

木科選手にお姉さんがいるとしたら大学生くらいでしょうか?

きっとかわいいんだろうなと思うので見てみたいものです。

木科選手の家族やお姉さんの情報はわかり次第紹介していきたいと思います。

これからどんどん注目されるのが間違いないので、少しづつ出てくるのでしょうね。

今年の目標は、「一戦一戦を大切に、悔いのないシーズンにする」だそうです。 本当に頑張っているという結果が出ていますね。

「いつも応援ありがとうございます。 今年も自分らしく、周りの人達に感謝の気持ちを忘れる事なく頑張ります。応援よろしくお願いいたします。」

というコメントを、協会の公式ページに乗せています。

木科雄登選手のTwitterやインスタでもとても感謝の言葉が多く、好感の持てる内容ばかりです。 きっと、良いご家族の下で育ったのだろうと思います。


これからも、頑張って素敵な演技を見せ続けて欲しいと素直に思える人柄ですよね。

コーチは誰?

木科雄登選手は、フィギュアスケート、ジュニアグランプリ、リトアニア大会で、見事3位の成績でした。

成長を見せている木科雄登選手のコーチは誰なのでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

帰国しました🇯🇵 たくさんの応援ありがとうございました。

Yuto Kishinaさん(@yuto_kishina)がシェアした投稿 –

表彰台でメダルを掴み、はにかんだ表情がこれまた良いですね!

演技の時のきりっとした表情と違って少年の表情です。

それに、他の選手たちに絶対負けていないイケメンぶりですよね。

最近、目に見えて急成長している木科雄登選手に付いているコーチがこれまたすごいのです。

なんとコーチは、無良崇人選手のご両親である無良隆志コーチ無良千絵コーチです。

さらには、濱田美栄コーチ


田村岳斗コーチという豪華なコーチ陣!!

凄いですよね!!

無良コーチ夫妻は、息子である無良崇人選手のコーチももちろんやっていらっしゃいますよ。

こんなに経験豊富なコーチ陣に恵まれて良い環境ですよね。

木科選手の最近の成績を見ると、そのコーチ陣の教えを素直に吸い取っているんだろうなと思われますね。

素晴らしい成績を残しています。

2018 ISU JrグランプリJPRアンバー杯 3位
2017 全日本フィギュアJr 5位
2017アジアフィギュア杯ジュニア 4位
2017 プランタン杯ジュニア 1位
2017 全中優勝

などなど、どんどん伸びていると感じる成績です。。

コーチ陣も素晴らしいのと、本人の素質と努力で急成長しています・

注目の選手に育っていると感じました。

なによりまだ17歳ですからね。これから目の離せない選手です。

演技や衣装の評判についても!

フィギュアスケート選手で目を惹かれるのが衣装。

木科雄登選手の衣装って、モノトーンの王子系が多いなあって感じました。


幼さが徐々に抜けてきているせいか、すごくイケメンになってきましたし、氷上の王子様って感じですね。

甘い系の王子様ではなく、きりっとした感じの王子様っていう感じです。

ジャンプも癖のない感じがします。素直なジャンプに、何よりその演技に表現力があるなと感じますね。

イケメンを最大限に引き立てる、色気のある演技に表情が良いですよね。

まだ17歳なのが信じられないような素敵な表情を時折混ぜてきて、グッときます。

コーチや振付が一流揃いなので、木科雄登選手の魅力を最大限に引き出しているのでしょうか?

また、本当にすごいのは、魅せる色気が微妙なさじ加減で、嫌味が無く良いなあと感じます。

次も見たい、また見たいと思わせる、木科雄登選手の演技に要注目ですよ。

まとめ

木科雄登選手についてまとめてみました。

家族の情報が出てこないのは残念でしたが、まだ光りだしたばかりの期待の選手って事なんですよね。

これから、男子フィギュア界をますます盛り上げていくひとりになるのは間違いないです。

イケメン揃いの男子フィギュアスケート選手の中で、これからますます大人の男性の顔になっていくのでしょうね。

とっても楽しみですね。羽生結弦選手のような王者ももちろん楽しみですが、これからその王者を追いかけていくまだ16歳の木科雄登選手から目が離せないシーズンになりそうです。