陸上

川内優輝が公務員退職!プロ転向の理由や今後のスポンサーと年収はどうなる?

川内優輝

世界最古の伝統を誇るボストンマラソン。

その伝統ある大会で日本人としては、31年ぶりに優勝を飾った川内優輝選手

公務員とマラソン選手という二足のわらじで頑張ってきた川内選手が、
なんと!公務員を退職されるというのです。

今回は川内優輝が公務員退職でプロ転向の理由や今後のスポンサーと年収はどうなるのかまとめてみました。

川内優輝が公務員退職!

伝統あるボストンマラソンで日本人としては、瀬古利彦さん以来31年ぶりの優勝となり、
日米で大きな話題となりました。


しかし、話題となったのはこのことだけではありません。

今まで、公務員ランナーと呼ばれてきた川内選手。

公務員とマラソンランナー2足のわらじをずっと続けてきたにも関わらず、今回の大会賞金1600万円の使い道について、

「2019年4月から公務員をやめて、プロランナーに転向しようと思っていますので、
そちらの資金にしたいと思っています。」

と答えたのです。
え、退職—??

突然すぎて、きっと記者の方も驚かれたに違いないと思いますよ。

今まで続けてきたのに、やめちゃうの?もったいない、プロの賞金だけで生活していけるの?

なんて、彼のお母さん世代のファンの方からの声が聞こえてきそうですが、
川内選手は実に熱い思いをもってこの決断にいたったようです。

1987年3月5日生まれ。現在31歳の川内選手。

東京都世田谷生まれ、埼玉育ちです。

現在も地元埼玉県久喜高等学校で事務を
されています。

お父様はアマチュアボクサーで、高校時代に国体にも出場されたんだそう。

川内選手の根性はお父様譲りなのかもしれませんね。

川内選手自身は陸上をしており、高校時代には県大会出場レベルにも関わらず、
繰り返す怪我に悩まされていたのです。

公務員との両立で話題になった川内選手ですが、実は大学時代に関東学連選抜選手として、箱根駅伝に2度も出場。


しかもその時彼は、学習院大学の法学部に所属していたというのですから、
この時から二足のわらじを履くのはお手の物だったのかもしれませんね。

その後も世界陸上、アジア競技大会など数多くの世界大会に挑戦し続けた
川内選手でしたが「退職」を決意したことには、「現状維持」と「タイムリミット」が大きく関係しているようでした。

プロ転向の理由は?

「現状維持」「タイムリミット」とは具体的になんなのか。

川内選手は普段からサインを頼まれた際「現状打破」と書いているのだそうです。

これが実際のサイン。

川内優輝サイン

なんだかかわいいですよね!

しかし、二足のわらじを続けた結果「現状維持」になってしまっていて、現状打破と
書いているご自身のサインに、ずっと矛盾を感じていたのだそうです。

仕事を優先しなければと思うと、どうしても大会やトレーニングなど挑戦できずに諦めていたことが多かったんですね。

そこで、彼の出した結論は、公務員を辞め、マラソンでプロになろう。という答えだったのです。

川内選手は現在31歳。アスリートとしては決して若くはありません。

ご自身で年齢を考えた時に、あと10年もトップランナーとして走れるだろうか?という
疑問。

もしかしたら5年もないかもしれない。

「そう考えた時に、あの時プロになってやっておけばよかったと後悔すつのは嫌だなと思ったんですよ。」

とインタビューに答えられていました。

「第二の人生」という感じですね!

そして、プロになろうと思った理由にはもう一つ大きなきっかけがあったんだそう。
それは「弟」の存在。

実は川内さん一家は三人兄弟

そして全員マラソンをやっているんです!!


そして、次男・鮮輝さんも実は同じく二足のわらじランナー。

印刷会社の営業として働きながら、マラソン大会に挑んでいたんだそう。

しかし、弟のほうが先に会社を退職。そしてプロランナーに転身してしまったのです。

そして、マラソンに全力を注げるようになり、自己ベストを更新。


やはり、仕事との両立はなかなか難しいのかもしれませんね。


そしてプロへ転身しよう!と決意が固まったんでしょうね。

今後のスポンサーと年収はどうなる?

大学時代、マクドナルドでアルバイトをしていた川内選手。

チーズバーガーなら28秒で作れるんですよ!と言い、自称ハンバーガーマニアとして世界各国の大会ついでにハンバガー屋さんを巡っているんだそう。

「もし僕がマラソンについての本を書くなら、ハンバーガーの情報ものせますよ」

と言うほどのハンバーガー好き。

もし、プロとして収入面がきつくても、ハンバーガーの本を出せば!と失礼なことを
言ってしまいそうでしたが、収入面では公務員を辞めたからといって心配はなさそう
です。


というのも、公務員をやっていると優勝賞金は受け取ることができても、大会出場料や大手企業からのスポンサー契約もできませんでした。


年間11回ほどフルマラソンに参加している川内選手にとっては、出場料だけで、
数千万は稼ぐことができるんだそう!


そこに賞金がつけば、年収がすごい金額になりそうですね!!

そして気になるスポンサー企業ですが、まだ完全に退職されていないため、
現在は非公開。

ですが、すでに10社からオファーがきているそうです。
その中には大手企業もあるんだそう!マクドナルドですかね・・・?

まだどのような契約方法をとるかなど、全く決めていない川内選手は、


「東京五輪を目指す、目指さないに関わらず応援してくれる企業と契約したい。」

と
話していました。

というのも、川内選手は、暑さが苦手で「日本代表」引退の意向を示していました。

しかし、プロに転向すると決めたからには、もしかしたら!!ということもあるかも
しれませんよね。

まとめ

さて、いかがでしたか?川内選手は「現状打破」のために、公務員をやめ、プロとして
ランナー一本で活動されるということでした!

川内選手は大の漫画好きで、陸上を題材にした漫画を集めているんだそう!

東京五輪にも出場して、いつか川内選手のこの武勇伝が漫画になればいいななんて思ってしまいました!プロになった活動も注目したいものですね!