サッカー

鎌田大地の年俸は移籍でどうなった?プレースタイルやポジションについても

鎌田大地は移籍で年俸アップ

日本代表にも選ばれたことのある、元サガン鳥栖の鎌田大地選手

20歳という若さで、ドイツのアイントラハト・フランクフルトへ移籍したことはみなさんの記憶にも新しいのではないでしょうか?

しかし、現在はベルギー1部のシント=トロイデンに所属されているんです。

もちろん両チームともビッククラブですが、一体何があったのでしょう?

そこで本記事では、鎌田大地の年俸は移籍でどうなったんpか、プレースタイルやポジションについて鎌田選手の今について調べてみました!

鎌田大地の現在の年俸は?

もともとJリーグの佐賀県のチームサガン鳥栖で2015年から2017年までプレーしていた鎌田大地選手。

 

View this post on Instagram

 

💪💪💪

stvv#15 鎌田 大地さん(@kamadadaichi)がシェアした投稿 –

在籍は2015年から2017年の2年間。

結構短いですよね。

ですが、鎌田選手はこの期間にかなりの試合数に出場し、2016年には、
Jリーグ月間ベストゴール賞を獲得したり、U-22の日本代表にも選出されたりと大活躍だったんです。

20歳でご結婚を決めるなど、かなり若くして思い切りのある決断が目立ったので、

そこでちょっと鎌田大地選手の年棒が、気になってしまいました、

2015年のサガン鳥栖入団初年度は、お試しということもあり、360万円程度だったようです。

でも、この歳の社会人と比較するとかなりいい方ですよね。

そして、翌年2016年は少しアップして480万円

そして2017年は結果が評価され、700万円程度もらっていたようです。

かなり順調に年俸が上がっていますね。これは、やっぱりプレースタイルに比例しますからね。

年棒700万円の選手をJリーグでみてみると、やはり活躍している選手ばかり。

有名どころでいうと、2019年夏にバルサ下部組織への移籍が決まっている久保建英選手などが700万円クラスでした!

そして、現在海外クラブ・フランクフルトへ移籍した鎌田大地選手の年棒は果たしていくらになったのでしょう。

なんと、2000万円だそうです!!

さ、さすが海外!と思いますは、海外クラブは日本よりも断然ビックマネーが動いており、あのサッカー界のスーパースターメッシは96億6000万円ともはや想像もつかない金額をもらっているようです・・・

鎌田選手も上を目指して頑張ってほしいものですね。

いや〜自分たちの給料がちっぽけすぎて悲しくなりました・・・調べなきゃよかった・・・。

96億・・・・あ、すみません気をとりなおして、次の話題に!

あわせて読みたい
鎌田大地の嫁安莉沙
鎌田大地の嫁(安莉沙)がかわいい!子供や二人の馴れ初めと結婚式画像も2019年初の日本代表戦が3月22日に行われますね。 さて、今回、MF日本代表として初招集された鎌田大地選手の奥様が超かわいい!ん...

鎌田大地の移籍での評価や活躍は?

鎌田選手は現在、移籍先フランクフルトでどのような評価をされているのでしょうか?

まず、フランクフルトというチームについてご紹介します。

このチームは、1899年にフランクフルトの前進となるサッカークラブビクトリアが創立され、その後アイントラハト・フランクルトへと名前を変えていきます。

サッカーだけではなく、バスケットボールや、アイスホッケー、テニス、卓球、ダーツ、ホッケー、体操などなど多くのスポーツチームを持っていることでも有名です。

1995年頃までは、強いチームで何度も優勝争いに出場していましたが、1996年には一部リーグを降格。そこから厳しい時期を過ごします。

そして、2012年に日本から乾貴士を獲得。

そこでブンデスリーガ史上初となる昇格1年目にして4連勝を成し遂げるのです。

そして2014年には長谷部誠選手を獲得。そして2018年には、鎌田大地選手を獲得したのです。

乾選手よりも前に遡ると、稲本潤一選手高原直泰選手なども所属したこともあり、日本人選手としては、そこまで珍しくはないのかもしれません。

気になる移籍金ですが、鎌田選手は3億1000万円だったそう。これはサガン鳥栖にもいい恩返しができましたよね。

3億で3年の契約ということになります。

しかし、現在鎌田選手はシント・トロイデンにいますよね?

どうやら移籍後試合の出場機会に恵まれず、プレシーズントレーニングメンバーからも外されてしまうなど、チームを率いる監督の構想には、鎌田選手は入っていないようだったんですね。

そこで、チームと同士の話し合いにより、シント=トロイデンにレンタル移籍を
されることになったというわけだったんです。

実はこのシント=トロイデン現在5人もの日本人選手が在籍しており、鎌田選手にはプレーしやすい環境になったともいえるでしょう。

頭脳的プレーで第二の中田英俊とも言われた鎌田選手ですが、ベルギーの評価はどうなのでしょうか?

ベルギーでも評価されており、現在すでに5ゴールを記録。

移籍先でブレイクしまくっているといっても過言ではないでしょう。

やはり日本人選手が多いというのも理由なのでしょうか?今後の活躍も気になるとこるですね!

鎌田大地のプレースタイルやポジションについて

鎌田大地選手は、高校生の頃から中田2世と呼ばれていました。

その理由は、長身を生かした視野の広さと落ち着き、そして相手の動きを見抜いたボール保持力のプレースタイルからでした。

鎌田選手ことを中田のようだ!という人もいれば、決定的なパス回しとシュート力から香川真司のようだ!という人もいました。

とにかく名だたるメンバーと同じだけ才能があるということなんですね!

 

View this post on Instagram

 

始まり

stvv#15 鎌田 大地さん(@kamadadaichi)がシェアした投稿 –

現在所属のシント=トロイデンでも最初はMFのボランチとして器用されています。

彼のプレースタイルだと守りというよりは、ガンガン攻める方が向いているのではないかな?と思ったところ、やはり新しいチームでは見抜かれていましたね!

現在ではFWのような役割シャドーストライカー、もしくは2トップの1人としてプレーをしています。

ただ、同じチームだった長谷部選手は鎌田選手について、以下のように語っています。

「まだ若いしポテンシャルはある。が、ドイツ語を学びもっとピッチでのアプローチを変えていかなければならない。そしてフィジカル面でも日本とは大きな差があるので、強化しなければならない」

やはり、郷によっては郷に従え。というように、言語というのはかなり重要なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?まだ移籍して間もない鎌田大地選手が、ベルギーのチームへとレンタル移籍されていたので、驚いてしまいましたが、修行と考えると納得いきました。

もともとフィジカル面では劣ってしまうアジア人が、海外のリーグで果敢に活躍しているというだけでも素晴らしいと思いますが、やはりスポーツ選手は結果が全てですからね。

奥様とお子さんのためにも頑張ってスキルを磨いてほしいものです!

あわせて読みたい
鎌田大地の嫁安莉沙
鎌田大地の嫁(安莉沙)がかわいい!子供や二人の馴れ初めと結婚式画像も2019年初の日本代表戦が3月22日に行われますね。 さて、今回、MF日本代表として初招集された鎌田大地選手の奥様が超かわいい!ん...