野球

香川卓摩の出身中学や家族構成は?卒業後の進路やドラフト評価も

春のセンバツの1日目、8-0の大差で埼玉の春日部共栄を下した香川の高松商業。

高松商業を引っ張っているのは、エースの香川卓摩選手です。

そこで本記事では、香川卓摩選手の出身中学や家族構成について、卒業後の進路やドラフト評価についても考察しています。

香川卓摩の出身中学やこれまでの経歴は?

香川卓摩選手の出身中学はさぬき市立志度中学校です。

香川卓摩選手がはじめて野球チームに所属したのは小学2年生のとき。

さぬき中央少年クラブに入団します。

しかし実は、3歳からお父さんに野球の英才教育を施されていたのだとか。こちらは、またのちほど紹介しますね。

中学はさぬき市立志度中学校を卒業。

しかし、中学校の軟式野球部ではなく、リトルシニアチームである東かがわリトルシニアで練習を積んできました。

ただ、最初から東かがわリトルシニアに所属したわけではなく、入学当初は中学の軟式野球部に入部していたようです。

所属が変更になった経緯はわかりませんが、中学の野球部とリトルシニアの一番の違いは軟式か硬式かということですよね。

まずは軟式をやりながら身体をつくり、準備ができたところで高校野球を見据えて硬式に転向ということだったのかもしれません。

高松商業の今回の選抜の登録メンバーを見ると、香川選手と同じ東かがわリトルシニア出身の選手は1人。ほどんどが軟式野球出身のチームです。

さらに、香川選手が卒業した志度中の野球部出身の選手も一人いました。

かつてのチームメンバーとまた同じチームになったわけですね。

高松商業入学後は、1年生の夏からベンチ入りしています。

さらに、秋からは1年生ながらチームのエースとなり勝利を重ねますが、2年生の春に腰椎分離症を発症してしまいます。

腰椎分離症とは、簡単にいえば腰骨の疲労骨折のことで、スポーツをしている中学生に発症数が多いと言われています。

長期間の経過観察を要する症状であるため、しばらく戦線離脱していましたが、その後の四国大会では優勝。神宮大会ではベスト4という結果を残しています。

さすがですね。

そして今回、満を持して甲子園初登場

「普段から緊張することはない。観客が多いと盛り上がるタイプ」と言うだけあって、堂々としたピッチングを披露してくれました。

監督は8回での交代を考えていたそうですが、香川選手自身が拒否。

インタビューに「普段は三振にはこだわりますが、きょうは相手を抑えることが大事と思って投げました」と答えているように、まずは勝つことを優先させたかったようです。

試合が進む中で、ここでの投球数が影響してこないと良いですね。

香川卓摩の家族構成は?

先ほど香川卓摩選手が、お父さんから野球の英才教育を受けていたことをご紹介しましたが、香川選手の家族構成を調べてみました。

香川選手はお父さん、お母さん、お兄さんの4人家族。

そしてお父さんお兄さんはともに高松商業野球部の出身なんです。

さらに父・竜志さんは春のセンバツ、夏の甲子園出場経験があります。

残念ながらお父さんは甲子園で勝利をおさめることはできなかったのですが、この悔しい気持ちが香川選手の英才教育につながったのでしょうか。

竜志さんは、香川選手に対して技術を教えるだけでなく、厳しい指導を通して精神面も鍛えていたようです。

お父さんは香川選手のチームの所属するさぬき中央少年クラブの監督務められていたのですが、結味方のミスを嫌がった香川選手を叱責。

チームで戦うことの大切さもここで学んだのですね。香川選手も、「厳しくしてくれたから、いまがある」と、お父さんの根性論が役に立っていると話しています。

お父さん、お兄さんを含め、3月23日の埼玉共栄戦で香川家初の甲子園勝利

お父さんもさぞかし喜んだのだろうと思いきや「仕事はしたと思います」とまだまだクールですね。欲しいのでは1勝ではなく、優勝ということでしょうか。

香川卓摩の卒業後の進路やドラフト評価も

四国屈指の投手の呼び声も高く、今後の活躍にも注目が集まる香川卓摩選手ですが、ドラフト指名の可能性はあるのでしょうか。

プロ野球の投手になるにあたって不安材料となるのが、香川選手の体格です。

身長167cm、体重62kgとかなり小柄です。

体重はトレーニングを積むことで増やすことができますが、身長はもうほとんど伸びないでしょうね。

投手なので、球を投げる腕の高さがそのまま球速にも影響します。

そんな香川選手の武器は多彩な変化球です。

質の良い変化球を投げられれば、ストレートの球速がとびぬけて速くはないこともカバーできます。

プロ野球選手で低身長、多彩な変化球をもっている選手といえばヤクルトスワローズの石川雅規選手ですね。

身長167cmと、香川選手と同じ身長です。

プロ入りは自由獲得枠ながら、着実に勝利を重ね、2008年から5年連続、通算7回の開幕投手を務めました。

香川選手も、今後変化球をさらに磨くことができると判断されればドラフト指名の可能性もありそうです。

まとめ

体格は小さいながら高松商業のエースを担う香川卓摩選手について調べてみました。

父も兄も高松商業の野球部出身という野球一家、小さいころから父のスパルタ指導を受け、技術的にも精神的にも成長してきました。

ストレートは140kmながら、多彩な変化球を武器に高松商業を勝利に導きます。

次の試合は3月28日の市立和歌山戦です!