バレーボール

石川真佑の進路は実業団と大学のどっち?全日本入りの可能性についても

石川真佑選手

まだ高校生にして、ここまで知られている選手はいないのではないか?と思うほど、
注目を浴びている女子バレーの石川真佑選手。

木村沙織選手を育てた小川監督に「天才」といわせるほどの実力の持ち主なんです。

そこで、石川真佑選手の進路は実業団と大学のどっちなのか、全日本入りの可能性についてもまとめてみました。

石川真佑の経歴や兄弟は?

石川真佑選手がここまで注目されたのは実力以外にもう1つの理由があります。

それは、全日本男子バレーの石川祐希さんのということです。

たしかに、2人を見るとそっくりです。笑

それにしても、石川家は兄弟揃ってのバレーボールの才能の持ち主なんですね!

まずは、石川真佑選手の簡単なプロフィールからご紹介しましょう!

名前:石川真佑(いしかわ まゆ)
出身地:愛知県岡崎市
高校:下北沢成徳高校(東京)
生年月日:2000年5月14日
家族構成:父、母、姉、兄
身長:172センチ
ポジション:ウィングスパイカー

小学校3年生からバレーボールを始めた石川選手。

バレーをはじめた理由は、やはり6個上の姉・尚美さんと5歳上の兄・祐希さんがやっていたからだそうです。

それにしても、兄・祐希さんとはそっくりなのでお姉さんの尚美さんとも似ているんだろうなと思います。

祐希さんは今も日本代表としてバレーでご活躍されていますが、お姉さんは現在はバレーをやめているようですね。

そんな石川家は、スポーツ一家。

父・石川幹尚(もとなり)さんは、元陸上の短距離の選手で実業団にまで所属されて
いました。

ちなみにお父様の身長は184センチ!


陸上選手の中では、相当高い方ですよね。

そして母 みどりさんも実業団でプレーしていた元バスケットボール選手なんです!

お母様もお父様も「デンソー」という会社の実業団に所属されていたので、出会いはそこかもしれませんね。

ちなみに、お母様の身長は165センチです。

そのおかげで、祐希さんは190センチ越え、真佑選手も172センチまで伸びてます。

スポーツ万能と高身長の遺伝子を持ち合わせてますよね!うらやましい・・・。

小学校からめきめきと頭角を現した石川真佑選手。

中学でもバレー強豪校に入りたい!ということで、長野県にある長野私立裾花中学校に
入学します。

この裾花中学校は、いわずと知れたバレー強豪校。

全国大会では何度も優勝を経験しています。

しかし、現在は廃部危機に・・・なんとか続けて欲しいものですね。

この学校にはバレー部の寮があり、全国からバレーを真剣に取り組みたい生徒が
単身でやってきます。

石川選手もその一人だったんですね!

そんなバレーの強豪校でもある裾花中学校で、石川真佑選手は、

・全国中学大会 2回優勝
・全国中学大会 準優勝
・JOC杯全国都道府県対抗大会 長野代表 優勝(最優秀選手に選ばれる)

といった経歴を残しています。

これが、その最優秀選手に選ばれた際の写真です。

その後石川選手は、また新たな新天地へと向かうことを決意。

そして、バレーの強豪高校と名高い下北沢成徳高校へと進学されます。

下北沢成徳といえば、木村沙織選手や荒木絵里香選手、大山加奈選手など多くの選手を輩出している名門校!!!

下北沢成徳といえば、春高やインターハイの常連ですよね。

そんな強豪校なので全国から強者が集まりますが、石川選手は見事レギュラーを勝ち取り、
2017年の春高バレーで優勝へと貢献しました。

2018年では惜しくも金蘭会にやぶれ、2019年に行われた最後の春高バレーでも、高校総体、国体優勝からの三冠を
狙いましたが、夢破れてしまいました。

母 みどりさんもお兄さん祐希さんから数えて6年連続で春高バレーに出場する我が子たちを応援してきましたが、これで卒業となりますね。

石川真佑の進路は実業団と大学のどっち?

そんな天才・石川真佑選手ですが、実業団か大学どちらに進学するでしょうか?

石川真佑選手は、下北沢成徳卒業後、東レアローズに進むことが決定しました!

ただ、今年の3月には卒業を迎えるので、推薦などであれば早い場合決まっていることもありますよね。

石川選手ほどの逸材であれば、実業団からも大学からも声がかかっていると思います。

そんな石川真佑選手の先輩でもある、下北沢成徳高校の卒業生たちの進路はどうだったのでしょうか?

・木村沙織(東レ・アローズ)
・荒木絵里香(トヨタ車体クインシーズ)
・豊永こよみ(埼玉上尾メディクス)
・黒後愛(東レ・アローズ)
・高橋昌美(嘉悦大学)

など多くは、実業団入りを果たしていますね・・・。

ちなみにお兄さんの祐希さんは、中央大学に進学されました。

石川選手であれば、実業団入りしてもそのまま活躍すると思います。

ただ、実業団に進むか大学に進むかは大きな決断ですよね。

家族の意見が一番影響・参考されやすいのかな?と思いますので、
もしかしたら兄・祐希選手と同じ「大学進学」を選ばれるかもしれませんね。

全日本入りの可能性についても

冒頭でもお話ししましたが、下北沢成徳高校の小川監督に「天才」と呼ばれる石川真佑選手。

このまま活躍していけば、全日本に選ばれることは間違いないでしょう。

全日本でもエースと言われる存在になっていくんだろうなと思います。

しかし、東京五輪も控えているので、全日本代表争いはかなり熾烈なものになるのでは?と思います。

石川選手は以前から

「東京五輪で活躍したい」
「お兄さんと一緒に東京五輪に出場したい」

インタビューで答えていらっしゃいました。

きっとその思いを胸に頑張って練習に励み、全日本に選ばれること間違いないと思います!

通常、3月頃全日本入りの発表がありますので、2019年も同じくらいの時期に
発表かと思います。

今からドキドキしますね。
是非頑張ってほしいものです。

まとめ

今回は、石川真佑選手についてまとめてみました。

・石川真佑選手はスポーツ一家で、身長の高さもご両親譲りだった。
・お姉さんは現在はバレーボールをしていないが、兄 祐希さんは全日本代表選手
・石川真佑選手は、2019年卒業で、進路はまだ発表されていない

ということでした。

オリンピックまで残すところあと1年。各スポーツともに、自国開催ともあり、かなり力が入っていることは間違いないでしょう。

そのため選抜も経験者のほうが優遇されるケースもあるでしょう。

しかし、石川選手の夢でもある、「お兄さんと東京五輪に出場したい」が叶うように、春高バレー終わりでお疲れでしょうが、練習に励んでほしいものですね!