スキー

堀島行真(モーグル)の姉・有紗がかわいい!父親の職業や歯が黒い理由についても

堀島行真選手

暑い暑いと言っていたら、気が付けば10月。

堀島行真選手が活躍するウインターシーズンがやってきますね。

今回は、スキーのフリースタイルモーグルの、2018年3月の世界選手権において、昨シーズンに続き金メダル、2冠を達成。

今回は、堀島行真(モーグル)の姉・有紗や父親の職業、歯が黒い理由についてまとめてみました。

堀島行真(モーグル)の経歴は?

堀島行真(ほりしま いくま)選手のプロフィールからご紹介します。

生年月日  :1997年12月11日(20歳)
身長    :170㎝
出身地   :岐阜県揖斐郡(いびぐん)池田町
出身・在籍校:岐阜第一高等学校→中京大学

堀島行真選手がスキー板に初めて触れたのは、なんと1歳の頃なんだそうです。

凄いですね!

1歳は歩き始めるとはいえ、1歳になるかならないかで歩いたのと、1歳半過ぎて歩いたのでは、体のバランスの取れ方が違うので、きっと歩き始めも早かったのではないかと推測できますよね。

ご両親が、スキーが好きだったようです。家族でスキーに出かけたりしていたのでしょうか。

小学4年生から本格的にモーグルを始め、小学5年生から大会に出るようになったそうです。

しかし、初めて出た大会では、完走する事が出来ずに悔しい思いを味わいました。

その悔しさから「一番を目指す!」とモーグルの道をまっしぐらに歩んできたそうです。

この負ける悔しさは、子供を伸ばすポイントの一つですよね。負けて潰れるようでは、やっぱり上を目指すのは厳しいです。

この「絶対もう負けない!」の上を向く気持ちを持つ子たちは、私は本当に素晴らしいといつも思います。


高校は、私立の岐阜第一高等学校に進学しています。

この高校は、スキー部があり、かなりの強豪校のようです。

高校2年のときは、世界ジュニア選手権デュアルモーグル7位の成績。

3年になると、ワールドカップ初で表彰台に上る成績を収めています。

この年にFIS(国際スキー連盟)公認ともいえるルーキーオブザイヤーにも選出されています。

2016年に中京大学、スポーツ科学部に入学し、2017年アジア冬季競技大会で、モーグル2種目で金メダルを獲得。

2017年のフリースタイルスキー&スノーボード世界選手権初出場にして、シングルとデュアルともに金メダルを獲得。

2009年の上村愛子選手以来日本人2人目の快挙を遂げたのです。こうして、モーグルで、今最も注目されている選手と言われるようになったのです。

あのデコボコのコースを滑り下りる姿、本当に目が離せなくなりますよね?相当な体幹とバランス感覚、そして努力が必要なのでしょうね。

見ているだけで、こちらまでそのスピードが伝わってドキドキしてくる競技だといつも感じます。

姉・有紗がかわいい!

堀島行真選手の家族は、教員のご両親とお姉さんの有紗さんがいます。

姉である有紗さんもモーグルの選手です。

兄弟で切磋琢磨できる環境っていいですよね。

同じ中京大学に通っており、現在は卒業しています。小柄で、とっても可愛らしいお姉さんです。

 

View this post on Instagram

堀島 有紗さん(@arisa957)がシェアした投稿 –

小柄でかわいい有紗さんですが、モーグルをやっているときはすっごいジャンプ力。

動画を見ると、こんなに飛んでるんだってびっくり。

 

View this post on Instagram

堀島 有紗さん(@arisa957)がシェアした投稿 –

きょうだいでオリンピックの舞台に立つその日がとても楽しみですよね。

同じ競技を選び、同じ大学へ進んで、きっと仲の良いきょうだいなのだと思います。

父親の職業や実家について

こんな素敵なきょうだいのご両親が気になりますよね。ご両親は、小学校の教員なんだそうです。

きっと、素晴らしい教育をされてきたのでしょうね。

お父様は堀島行訓さん、お母様の則子さん

堀島選手が小学生の頃、夏休みは自宅から片道一時間以上かけて、三重県の桑名市のウオータージャンプ場に通っていたそうです。

お父様も当然夏休みで、時間が取りやすかったのでしょう。

帰宅すると、お父様の撮ったビデオを見返し、感想をつづる「ウオータージャンプ日記」を書くのだそうです。

A4ノートに1時間以上かけて、鉛筆で書き込むこの努力を、毎日欠かさず行っていた堀島選手。
小学生の頃から、とっても努力家だったのですね。

中学生になると、自宅駐車場に直径7メートルのトランポリンを設置し、回転のスキルアップをしていたそうです。

お父様が購入されたそうです。さすが教育のプロ!ですよね。

お父様がこうコメントをされています。

非常に難易度が高い、後方宙返り2回ひねりの「ダブルフルツイスト」や3回転の「コーク1080」などが武器なり、それを操れるようになったのは、小学生時代の練習と日記が根底にある。

すごい親子の絆を感じますね。

歯が黒い理由は?

中継などで、堀島選手のイケメンのアップになった際に、驚いた方もいるのではないでしょうか?

「お歯黒??口の中真っ黒!!」

時に真っ白に変わり、????となったファンもいるかもしれません。

あれは「マウスガード」ですよ!!歯は染めていません(笑)

歯を保護するものです。転倒などの際に、衝撃から歯を守ってくれます。モーグル選手の半分ぐらいは使用されているようです。

ラグビーなどの、当たりの強い競技の方も良く使用されていますね。

マウスガードは、スポーツショップでも購入も出来ます。熱湯と冷水を使って、自分の歯の形に併せて調整します。

本格的に歯医者さんで、歯の形に合わせて注文も出来るのですよ。市販品より割高ですが、安定感が全然違うそうです。

たぶん、一流アスリートですから、きっちり合わせて作っていらっしゃると思います。

まとめ

年が明ける頃に、モーグルの本格シーズンが始まります。堀島行真選手の活躍が期待ですね。

若い選手が多い競技なのですが、あのコースを見たら納得します。体のすべてを使って滑り降りるあのスピード。

まだ大学生の堀島行真選手。マウスガードを外した時の笑顔が素敵です。ちょっと八重歯で、とっても可愛らしいので、注目して見てください。