フィギュアスケート

本田真凛の姉(真帆)の年齢や顔画像は?長女真帆は障害者で病気の噂と家族や実家について

本田真凛

女子フィギュアスケートで、かなり目立つ存在の本田真凛選手

何かと目立つのは、タレントの妹・本田望結などの存在もあるのかもしれませんが、真凛選手の実力もかなり素晴らしいですよね。

かなり有名な本田姉妹ですが、なぜか長女真帆さんは表に出ていないんですよね・・

そこで今回は、本田真凛の姉・真帆の年齢や顔画像について、長女・真帆は障害者で病気という噂についてまとめてみました。

本田真凛の兄弟は何人?

フィギュアスケーターの本田真凛さん。

妹は子役タレントとして有名な本田望結ちゃんと紗良ちゃんですが、兄弟は何人なのでしょうか。

まずは、本田真凛さんの経歴やプロフィールから。

名前:本田真凛(ほんだ まりん)
生年月日:2001年8月21日(17歳)
身長:162㎝
出身地:京都市伏見区
高校:関西学院高校→青森山田高校
所属クラブ:日本航空

本田真凛さんは、兄・フィギュアスケート選手の本田太一(20歳)、姉・本田真帆(23歳くらい)、妹でタレントの本田望結(14歳)、本田紗良(11歳)の5人きょうだいです。

真凛さんは3番目になりますね。

真凛さんは関西学園高校1年終了とともに、青森山田高校転校して、練習の本拠地をアメリカに移しました。

妹二人は子役タレントをしながら、フィギュアスケートも頑張っています。本田望結ちゃん、紗良ちゃんはCMやドラマでよく見かけますよね。


真凛さんは、2歳でスケートを始め、アイスホッケー、水泳、体操、テニス、ピアノに公文式、そして七田チャイルドアカデミーにも通っていたとか。

この習い事の数、遊ぶ時間はあったのかと、ちょっと心配になっちゃうくらいですね。

なんと11歳で、すでに5種類の3回転ジャンプをマスターしたそう。コンビネーションも多種自由自在と言えるほどマスター。

中1で、高橋大輔選手から、「ちょっとした体の動かし方が色っぽさがある。」「雰囲気とか魅力的な目を引くものを持っている。」と評されています。

確かに、演技をしているときの目線には、色っぽいものを感じますよね。

妹の本田望結は、可愛らしさが前面に出ているのですが、本田真凛には、「艶」を感じます。 その活躍は、ここに書ききれないほどの受賞歴が凄いですよね。

最近では、9月26日から、ドイツでネーベルホルン杯が始まりましたね。 SPでは、黒を基調とした、大人びた衣装で臨んでいましたが、本当によくお似合いでした。

本田真凛の姉(真帆)の年齢や顔画像は?

フィギュアスケーターの本田真凛さんの兄弟ってみんな有名ですが、長女・真帆さんだけは一切表に出てきていません。

テレビ番組などで父親や母親など家族が出演していた際も、真帆さんだけは映っていなかったんですよね・・

真帆さんの年齢は現在23歳では?と言われていますが、残念ながら顔画像は一切出回っていません。

真凛さん、望結ちゃんのお姉さんであれば、試合会場などで見かけることもあると思うのですが一切表に出ていないんですよね。

真帆さんがメディア露出が全く出ないことから、表に出てこないのは何かしら理由があるのでは・・?とも噂されています。

長女・真帆は障害者で病気だから表に出ない?

そんな真帆さんが一切表に出てこないのは、障害や病気があるからなのでは?と噂されています。

結論から言うとこの噂はガセネタのようで、数年前の本田姉妹への取材で真帆さんは高校生だと答えています。

普通に高校に通っていたようなので、障害や病気があると言うのはなさそうですよね。

真帆さんの障害説や病気説は、真帆さんがあまりに出てこないために出て来た噂のようですね。

本田5兄弟のうち、4人はスケートをしています。


でも、真帆さんはスケートをしていないと言う話なんです。

というのも、他の兄弟がスケートを始めた時、真帆さんの年齢はすでにスケートを始めるには遅いということで始めなかったようなんです。

真帆さんはスケートせず、一般人としての生活を選んだということでメディアに出演しないのかもしれません。

他にも、受験などで本田姉妹の姉と騒がれるのを避けるために、メディアには出演しないのでは?という噂もあります。

真帆さんが現在23歳であれば、大学を卒業して社会人になっていると思われます。

そうなると、ますますメディアに出演することはなさそうですね。

本田真凛選手の家族や実家は?

ここで、気になるのは本田家のお財布事情です。

フィギュアスケートはお金がかかるのでも有名ですので、小さいうちから、あれだけの英才教育を受けさせたうえにフィギュアスケートもするなんて。

それを、5人子供がいて、そのうち4人がスケートなんて、考えただけも、教育費は早々をはるかに超えます。

普通の家の収入だと、5人も子供がいたら、ご飯食べさせて学校に行かせるだけで精いっぱいなはず。

本田真凛選手の実家や父親の仕事などが気になりました。

調べてみると、本田家は会社を合計4つ経営していて、お祖父ちゃんは会長、伯父さんが代表取締役を務めているようです。

本田真凛さんのお父さん・本田竜一さんは、合計の年商は20億ともいわれるグループ企業のの役員を務めているようです。

役員の手当てで生活しているとのこと。

本田真凛の家族

実は、本田竜一は子供たちの選手生活のサポートをするので、日中は忙しく仕事ができないんです。そのため、会社を継がず弟さんが代表取締役に就いているようです。

竜一さんが真凛さんたちのサポートに専念できるのでは、会長であるおじい様の強力なバックアップのおかげ。

お父様が子供たちの教育に専念できているおかげで、本田家の5人兄弟は才能を伸ばしながら成長していったんですね。

真凛選手たちの父・本田竜一さんは、子供たちの小さい時から、習い事のサポート役に徹していたそうです。

車の中に仮眠用の布団を積み、朝の6時から夜12時まで子供たちの送迎や付き添いをしたりしていたことも。

それは、仕事は出来ませんね・・・。

子供達の教育に熱心なご両親だとうかがえます。子供達への愛情の深さが伝わって来ます。

ちょっと面白い本田家の習慣は、朝5時に起きて皆でアイスを食べて頭をシャキッとさせるそうです。

一般的なお母さんなら「朝からアイスなんて!」と思いそうですが。本田家の方針はユニークですね。

まとめ

17歳になり、ますます演技にも雰囲気が出て女子フィギュアならではの艶やかな演技が見られるようになった本田真凛選手。

スケートのシーズンもこれから本格化していきますので、ケガや体調には気を付けてその素晴らしい演技で世界を魅了して欲しいと願います。

なによりまだ17歳です。益々の活躍を祈り、応援していきましょう!