バスケ

八村塁の母親や父親など家族について!高校時代の活躍やプレースタイルも

NBAに最も近い日本人大学生って誰だか知っていますか?

それは、アメリカでプレーしている八村塁選手

そしてアメリカは今、NBAドラフトの季節なんです!

八村選手はドラフトで指名されるのか?いったい何位で指名されるのか気になるところですね。

今回は、期待の大学生・八村選手のプロフィールやご兄弟の活躍、そしてプレースタイルについてまとめてみました。

八村塁って誰?

八村塁っていったい誰だか、みなさんはご存知でしょうか?

まず、八村選手のプロフィールから確認していきましょう!

八村塁選手は、富山県出身の21歳。身長203センチ、体重104キロと、恵まれた体格をしています。

お父さんは西アフリカのベナン人、お母さんは日本人です。大きな体はお父さん譲りなんですね。

そんな体格を活かして、八村選手はバスケットボールで大活躍しているんです!

現在アメリカのゴンザガ大学に在籍中の八村選手は、NBAに最も近い大学生と言われています。

NBAとは、アメリカのプロバスケットボールリーグのこと。

今までNBAでプレーした日本人は、田臥勇太選手渡邊雄太選手の2人だけです。

そんなNBAに今にも足を踏み入れそうにしている八村選手って、どんなプレイヤーなんでしょうか。

八村選手は今でこそすごいバスケットボール選手ですが、小さいころは野球少年でした。

剛速球を投げるパワーピッチャーでありながら捕手も兼任していた八村選手でしたが、周りに勧められて中学校のバスケットボール部に転部。

すぐに才能を開花させると、全国大会で準優勝し、強豪の私立明成高等学校に進学します。

1年生ながら全国大会で32得点を挙げ、その後も全国大会3連覇やインターハイでも初優勝するなど、輝かしい成績を残しています。

1年生のころから全国大会に出場するなんて、強豪チームの中でもよほど有力選手だったんですね!

そして、アメリカのゴンザガ大学に進学。

初めは英語も十分に話せないため補修を受けたりと苦労も多かったようですが、アメリカの大学バスケットボールの全国大会とも言えるNCAAトーナメントという大会に日本人として初めて出場します。

日本人初得点を決めるなど、すぐに大活躍!

2018年には日本代表デビューも果たしています。

そして、アメリカではもうすぐNBAのドラフトが行われます。

八村選手は何位に指名されるのか、どのチームが獲得するのか、バスケットボール関係者の間で話題になっています。ここでも日本人初、一巡目で指名されるのではないかと言われているんです。

なにをしても日本人初になってしまう八村選手。規格外!という感じですごいですよね。

八村塁の母親や父親など家族について!

これだけ活躍している息子を育てた両親がどんな方なのか気になるところですが、父親、母親については、お父さんがペナン人、お母さんが日本人ということくらいしかわかっていません。

これから、八村選手が活躍していけばご両親のこともわかってくると思いますので、その時に追記していきますね。

そんな八村塁選手は4人兄弟の長男

ほかのご兄弟も八村選手のようなアスリートなのでしょうか?

まず、弟の八村阿蓮(あれん)さん。お兄さんとは2学年離れた、現在19歳の大学生です。

阿蓮さんもバスケットボール選手として、東海大学でプレー中。

もちろん中学校、高校でもバスケットボール部に所属していました。

お兄さんを追いかけて入学した明成高校では2年ぶりの全国大会優勝。

そして現在の東海大学のチームでは、2018年の全日本インカレで5年ぶりの優勝を果たしています!

将来はプロ選手として活躍することが目標だそうです。

そして、妹の八村安美菜(あみな)さん。

さらに2学年離れていて、現在は東京の明星学園高等学校の3年生です。

安美菜さんも2人のお兄さん同様、強豪校でバスケットボールをプレーされています。

兄弟そろってバスケットボール選手ということも驚きですが、みんな強豪校へ進学して活躍しているのもすごいですね!

阿蓮さんと安美菜さんは兄の塁選手の背中を追いかけてがんばっています。

高校時代の活躍やプレースタイルは?

すでに見てきたように、八村塁選手は高校時代にも大活躍してきました。少しおさらいしてみましょう。

八村選手は2013年に宮城県仙台市の明成高等学校に入学しました。

1年生のころから全国大会に出場しており、決勝戦で32得点を挙げるなどチームの優勝に貢献しました。2年生でも全国大会で優勝

3年生で出場した2015年のインターハイでも初優勝し、同年の全国大会でもまたまた優勝しています。

そして、その気になるプレースタイルはどんなものでしょうか?

身長203センチと、アメリカ人選手にも引けを取らない体格の八村選手。

ポジションはPF(パワーフォワード)です。

スラムダンクの主人公・桜木花道や黒子のバスケの火神大我、NBAではティム・ダンカンやダーク・ノビツキーの担当するポジションとして有名ですね。

PFはゴール下やインサイドでプレーすることが多いため、身長や強いフィジカル、高い運動能力が求められます。

まさに八村選手にぴったりなポジションだと思いませんか?

八村選手は、ゴンザガ大学のチームのエースとして、PFの役割を積極的なプレーでしっかりとこなしています。

アグレッシブさが自分の持ち味だということも、八村選手自身が語っています。恵まれた体格を活かしてプレーされているんですね。

まとめ

ここまで、八村塁選手のプロフィールやご兄弟について、プレースタイルについてもまとめてみました。

NBAデビューが確実と言われている八村選手について、少し詳しくなっていただけましたか?

2020年の東京オリンピックの種目にももちろん入っているバスケットボール。

八村選手の出場、活躍にも期待してしまいますよね。これからも八村選手に注目していきましょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。