バレーボール

福澤達哉の嫁の顔や子供の年齢は?代表落ちの理由や引退後は弁護士になる噂は本当?

福澤達哉

バレーボールの福澤達哉選手。全日本の代表落ちをしていましたが戻ってきましたね!

ものすごいジャンプ力でかっこいいです。

そこで今回は、福澤達哉選手の嫁や子供について、また代表落ちした理由や弁護士になる噂についてまとめてみました。

嫁の顔や子供の年齢は?

福澤達哉選手は現在32歳。すでに結婚されていてお子さんもいらっしゃるようです。

公式での発表はありませんでしたが、どうやら2010年(大学時代)に結婚し、翌年2011年にお子様が生まれたそうです。

学生結婚されていたんですね!

真偽のほどはわかりませんが、学生時代の結婚ということでできちゃった結婚なのでは?と言われています。

ちなみに、福澤選手は中央大学を卒業し、卒業後はパナソニックパンサーズに所属しています。

背番号   5
POS    OH( 競争の激しいウイングスパイカーで攻撃の選手です)
所属    パナソニックパンサーズ(大阪府の枚方市が本拠地)
生年月日  1986/7/1 (32歳)
出身地   京都府京都市
出身校   中央大学
身長    189cm
体重    88kg

代表歴

08年北京五輪
09年ワールドグランドチャンピオンズカップ
10年世界選手権
11年W杯
13年ワールドグランドチャンピオンズカップ

福澤選手が23、24の頃にお子さんが生まれたという事になりますね。

お子さんは女の子で、現在の年齢は7歳くらい。

お相手は大学時代の先輩だそうです。一般の方なので顔や年齢などの公開などはされていません。

福澤達哉選手は以前インタビューで理想の女性について、「優しくて、面白くて、家庭的で、キレイで、頭が良くて、運動できて、よく笑ってくれる人」と話していました。

福澤達哉選手もイケメンなので、奥様も美女もしくはお綺麗なのではないかと思います。

また、大学の先輩という事なので頭もいいのだと思います。

気になるお子様ですが、お子さんも顔画像などは公表されていません。

美男美女のお子様という事であればお子様もかわいいお子様だと思います。

また、福澤選手が特技は「オムツ交換」と言っていたこともあるくらいなので娘さんにはメロメロなのだな、という事とイクメンさが伺えます。

奥様もお子様も、とっても羨ましいです。

筋肉やジャンプ力がすごい!

福澤選手は、イケメンというだけでなく筋肉やジャンプ力もすごいんです。

↓福澤選手が着替えている様子ですが、背中の筋肉ムキムキです。

身長は189センチと全日本代表の中では特に高いという事もありません。むしろ小さい方に入るのではないかと思います。

ですが!!

福澤選手は、日本一高く飛びます。

最高到達点は、“357”センチ!! ブロック時は“330”センチだそうです。(最高到達点とはスパイクジャンプのことなので助走つき。)

例に例えるとバスケットボールの上の四角の枠よりも上です。

四角から余裕でダンクシュートができると思うととんでもないジャンプ力ですね。

垂直とびは100センチくらいです。

それに伴い高いところからのスパイクには速度も出て力が強くなります。以上の事が福澤選手の最大の持ち味なのではないかと思います。

ネーションズリーグで代表落ちした理由について

長く全日本で活躍している福澤選手ですが、ここしばらくは代表落ちを経験しています。

福澤選手の代表落ちの理由はいくつかあると思いますが、大きくは2つではないかなと。

理由その1は、福澤選手は今年のVリーグでも、全日本でも目立った活躍がなかったことが原因ではないかなと思います。

サーブに破壊力があるとかスパイクに工夫があるとか言われていましたが、似たような選手で米山選手や越川選手などがいます。

個人的には、福澤選手って派手じゃないけど堅実でいい仕事をするっていうイメージなのですが・・

他の選手と比べた時やチームのバランスを考えた時に、別の選手が選ばれることになったのかなと思いました。

理由その2は、その時期に短期でブラジルのチームに移籍していたためなのだそうです。

海外でプレーをすることは福澤選手にとって長年の夢でもあったようで、ブラジルのバレーは日本人が一番馴染みやすい、フィットしやすいバレーのスタイルだと個人的に感じたからとのことです。

またオリンピックのこともちゃんと視野に入れていて、この時期に全く違うバレーのスタイルで勉強するよりも、自分のプレースタイルに合ったところで経験を積むことを優先にしたいとの思いもあったようです。

先の事も考えて重大な決断ができるなんて素晴らしすぎます。

しかし、去年の全日本代表メンバーから外れたことはすごく悔しいし残念だったと福澤選手は言っています。

2014年ワールドリーグの大会中にはケガをするというアクシデントがあり、そのケガも長期化したり、ここ数年は福澤選手自身が悩んで苦しかったのではないかなと思います。

ちなみに奥様とお子さんは日本に残り、福澤選手のみが海外に行っていたようです。

奥様は寂しさをこらえながらも、「行ってらっしゃい。頑張ってね。」など気持ちよく送り出したようです。

強さの裏には、ご家族の理解や支えもありきの福澤選手なのでしょうね。

引退後は弁護士になる噂は本当?

現在はバレーボール選手として全日本などで活躍する福澤選手ですが、なんと子供の頃は弁護士を目指していたらしいです。

出身校はなんと、洛南高等学校(バレーボール強豪校・偏差値は驚異の70越え)・中央大学法学部法律学科だそうです。

洛南高校ってバレーボール強豪校ですが、めちゃめちゃ頭もいい高校。毎年、東大や京大進学者を何人も出すような高校ですね。

福澤選手は、まさに文武両道とでもいうべきでしょうか。

勉強もできてバレーもうまいなんてかっこいいですよね。

中学の頃からオール5をとったこともあるのだとか。そのことを踏まえれば中央大学法学部も納得できますよね。昔から、勉強も運動もよくできていたそうです。

その後、福澤選手は中央大学時代に全日本から声がかかるようになります。

大学1年の時には全日本代表に選出され、大学4年生で北京オリンピックにも出場しています。この出場は最年少記録です。

小さい頃から弁護士を目指していましたが、バレーボールの日本代表に選ばれたことでバレーボールの道を進み始めたんですね。

もしかしたら引退後、司法試験を受けるという事もあるのかもしれませんね。福沢選手であれば司法試験も突破してしまいそうですし、諦めずにチャレンジしそうな気がします。

まとめ

福澤達也選手の奥様、お子様について、ジャンプ力や弁護士の噂についてまとめてみました。

勉強や仕事など、様々なところで努力は必要になるもの。

福沢選手を見習いたくなってしまいます。

ここまで努力されていると知ると、応援もしたくなりますよね!2020年のオリンピックにも期待したい選手です。