野球

東妻純平の兄弟や出身中学は?ドラフト評価や卒業後の進路が気になる

東妻純平の兄弟と進路

野球の名門校・智弁和歌山で捕手として活躍している東妻純平選手

元々、東妻選手はショートを務めていましたが、智弁和歌山に入学してキャッチャーに転向しました。

キャッチャー転向わずか2年でチームの大黒柱となった東妻純平選手の兄弟や出身中学について、ドラフト評価や卒業後の進路も調査しました。

東妻純平の兄弟は?

東妻純平選手には、5歳年上の兄・東妻勇輔さんがいます。

勇輔さんも純平さんと同じく智弁和歌山高校に進学し、3年の春にはセンバツにも出場するなど活躍しましたが、高校卒業時のドラフト指名はなくプロ入りは叶いませんでした。

日本体育大学に進み、2017年の明治神宮大会大学の部では見事日本一に。

そして、勇輔さんは2018年のドラフト会議で千葉ロッテの2位指名で念願のプロ入りとなりました。

東妻純平さんは将来の夢は兄弟バッテリーと語っています。

このままいけば、純平さんもプロ入りとなる可能性が高いですので、兄弟でバッテリーを組む日も来るかもしれません。そんな日が来たら両親はかなりうれしいでしょうね。

東妻純平の出身中学は?

東妻純平選手の出身中学は、和歌山市立紀伊中学校です。

名前:東妻純平(あづま じゅんぺい)
出身:和歌山県和歌山市
身長:172cm
体重:74kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー

東妻純平選手は小学校1年生の頃から軟式野球を始めました。

中学時代は紀州ボーイズに所属。

中学生の時には全国優勝に出場するなど活躍しています。

中学時代はショートだった東妻純平選手ですが、智弁和歌山に進学後、当時の高嶋仁監督にキャッチャー転向を打診されます。

東妻純平選手は遠投125メートルを投げる強肩。その強肩を買われて捕手に転向したんです。

125メートルって!プロでもトップクラスに入るほどですね。

野球名門校の智弁和歌山で1年夏の和歌山大会からベンチ入りしています。

2年の春の選抜にも出場し、チームは準優勝を果たします。

東妻純平選手は捕球から送球までの動作が速く、遠投125メートルの強肩を生かして矢のようなスピードのボールを投げています。

東妻純平のドラフト評価や卒業後の進路が気になる

東妻純平選手のドラフト評価や卒業後の進路はどうなのでしょうか?

まだ、2年生ということもあり、現時点ではスカウトのコメントなどはありません。

兄の勇輔さんがプロ入りしたことから、弟の純平さんにも注目が集まることと思います。

また、純平選手の二塁への送球スピードは1,8秒

参考までにプロの二塁への送球スピードを見ると、1.74〜1.94秒です。

東妻選手の二塁への送球スピードはすでにプロレベルと言えそうですね。

身長は、172センチと他の選手と比べると小柄な東妻選手ですが、今回の2019センバツでの活躍でスカウトからの注目度も上がると思います。

技を磨いて2019センバツでも活躍してほしいと思います。