柔道

朝比奈沙羅(柔道)の両親の職業は医者で病院はどこ?過去に体罰を受けた噂もあるが真相は?

朝比奈沙羅(柔道)

現在開催中の「世界柔道選手権」
昨年あと一歩のところで優勝を逃した朝比奈沙羅選手。

今年も「優勝以外の気持ちはゼロ」と語っていらっしゃいました。

そんな日本女子柔道界で大型ルーキーとも呼ばれている朝比奈選手ですが、実は文武両道の道を歩まれて
いるって知っていましたか?

なんと両親は医者で朝比奈選手も医師を目指しているそうです。

そこで今回は、朝比奈選手の経歴や彼女が目指す医者の道や体罰の噂についてまとめてみました。

朝比奈沙羅の経歴は?

まずは朝比奈選手の経歴についてまとめていきますね。

名前:朝比奈沙羅(あさひなさら)
生年月日:1996年10月22日
出身地:東京都
身長:176センチ
階級:78キロ級
得意技:支釣込足(ささえつりこみあし)、払腰(はらいごし)

朝比奈沙羅選手の名前は、お父様が「強くなってほしい」という願いをこめ映画「ターミネーター」に
出てくるサラ・コナーからつけたそう。

[say name=”キジトラさん” img=”http://makenewday.com/wp-content/uploads/2018/06/walkcat-500×500-e1536715846383.png”]朝比奈選手は、お父さんが込めた思い通りに強くて明るい選手だよね![/say]

そのため、海外での試合では彼女の名前は、
SaraではなくSarahと表記されているそうです。ぜひ注目してみてくださいね。

朝比奈選手が柔道人生をスタートさせるきっかけとなったのは、アテネ五輪の男子柔道。

当時、小学校2年生だった朝比奈選手は男子柔道100㎏超級の鈴木敬桂治選手の試合が金メダルを取った姿に感動したんだそう。

鈴木選手は、現在国士舘大学体育学部で准教授を勤められており、全日本柔道選手権では4回も優勝を果たしている
ことでも有名です。

アテネオリンピックをきっかけに、朝比奈選手は、日本柔道連盟が置かれ柔道の総本山とも言われている講道館にある春日柔道クラブへと通い始めます。

当時、道場にはリオ五輪で一躍有名となったベイカー茉秋選手がいたそう。

そんな環境で練習を積んだ朝比奈選手は、めきめきと頭角を現し、小学校5年生の時に全国少年柔道大会の団体戦で3位に入賞します。

その後も彼女の勢いは止まらず、中学生で体重70㎏超級に挑戦。

そのころに朝比奈選手の体重が70キロを超えていたことにも驚きです!

そして朝比奈選手は、全国少年柔道大会70㎏超級でなんと優勝を果たすのです!

中学生にしてこの体格とは将来期待ができますよね。

そして彼女はその期待を裏切らない結果を残し続けます。

全日本選抜少年柔道大会団体戦で、母校・渋谷教育学園渋谷中学を全国優勝へと導くのです。

中学3年生になると、15歳から17歳が参加資格を与えられる世界カデ柔道大会に出場。

ウクライナで行われた大会では、外国人を諸共せず勝ち進み決勝まで進みます。

決勝の相手は、なんと身長2mもあるウクライナ人で現在も柔道78㎏超級で活躍する
エリザベータ・カラニタ。

その大会で、朝比奈選手は身長差など気にすることなく、優勝を飾ったのです。


中学生ながらにこの実力すごい!ですよね。

この後、大人顔負けの出来事が起こります。それは、
講道館杯での出来事。

朝比奈選手の相手は、世界選手権無差別級3位で当時近畿大学に通っていた3年生の橋口みなみ選手でした。

橋口選手といえば、78㎏超級で現在は大阪府警に所属するほどの強敵。

朝比奈選手は、そんな年上の相手にも屈することなく橋口選手を見事破ります。

そして中学生ながらに5位入賞されたのです。

末恐ろしい・・・・。

まだここまでの経歴が中学生時代というところが、すごすぎます。

渋谷教育学園渋谷高校に進学した彼女は皇后杯全日本女子柔道選手権という女子無差別級日本一を決める大会に出場します。

準決勝で山梨学院大学4年生に負けるも15歳という年齢にして、3位入賞。

もはや日本の試合だけでは驚かなくなってきましたが、この後もインターハイ団体戦2位金鷲旗2位、全日本ジュニアで優勝をおさめました。

16歳の時にグランド・スラム東京2012に出場します。

なんだテニスか?と思う方もいるかもしれませんが、これは3日間に東京代々木第一体育館でおこなわれた柔道国際大会なのです。

朝比奈選手はまたしても準決勝で、ロンドンオリンピック金メダリストのキューバ代表イダリス・オルティスとあたります。

この試合では負けてしまいましたが、朝比奈選手は3位に入賞

グランドスラムの悔しさをバネに、その後のヨーロッパオープン・ソフィアでは国際大会初となる優勝を飾りました。
まだこの時点で高校生です・・・。

そしてその後も数々の大会で素晴らしい結果を残します。
2015年には東海大学に進学。


ところが、大学に入り朝比奈選手初の試練が待ち受けます。

大学1年のユニバーシアードでは優勝を勝ち取り、その後も数々の試合で優勝をおさめます。

しかし、グランド・スラム東京で準々決勝の際に反則負けを取られ結果7位に。

この試合の結果、冬季ヨーロッパ遠征に参加できず、リオ五輪代表の座が遠のいてしまいました。

そして又しても試練が彼女を襲います。大学2年生の選抜体重別準決勝で相手を有効で破るも、左足を骨折

痛みを我慢して決勝に出場しますが、思ったプレーができず2位敗退となってしまいます。

が、屈強をバネに変えるのが、彼女のすごいところなのです!

復帰戦では見事優勝。そしてグランド・スラム東京でも出場5回目にして、ようやく初優勝を勝ち取ります。

また同年におこなわれたグランド・スラム パリでも初優勝をかざります。

大学3年生時にはこれまでの成績をたたえ、世界選手権代表に選出されるなど
世界の大会に出場する機会も多くなりました。

好成績をあげ続けた朝比奈選手ですが、なんと9月に東海大学柔道部を退部

フリーで活動しながら、大学4年時には異例の実業団に所属が決定します。

学生ながら、パーク24契約社員として所属し柔道を続けていくことを発表しました。

両親の職業は医者で病院はどこ?

朝比奈沙羅選手が、9月に東海大学柔道部を退部したことには理由がありました。

実は朝比奈選手は医学部進学を目指しており、退部理由について「自分の時間が欲しかった」と話しています。

部に所属していると、どうしても海外遠征や地方遠征・試合などの過密スケジュールで
自身の時間つまり勉強する時間がなくなってしまうんですよね。

そのため、彼女は柔道をセーブすることを決めたのです。

朝比奈選手が医学部を志す理由は、ご両親がお二人ともお医者様だからというのが大きいです。

実は東海大に進学を決めたのも、それが1つの理由だったそうです。

朝比奈選手の実力やこれまでの成績を考えると、たくさんの大学から声がかかって当然。

しかし、医者を目指して勉強したいという彼女の希望を面白いと言ってくれたのは、
東海大だけだったそう。

気になる朝比奈選手のご両親ですが、勤務先はどこの病院なのでしょうか?

調べてみると、
朝比奈選手の父親・輝哉さんは愛知学院大学で麻酔学を教えてらっしゃるそう。

そして母親は、歯科医として活躍されているそうです。

現在、朝比奈選手は実業団に所属しながらも、医学部受験に備えて予備校に通いながら
練習をしているそう!

文武両道の道を極める人は海外では多いそうですが、日本ではなかなかいませんよね。
頑張ってほしいものです!

過去に体罰を受けた噂もあるが真相は?

朝比奈選手を検索すると、検索ワードに体罰という文字がでてくるのが目に入ります。

朝比奈選手が、過去に体罰を受けていたのでは?という声もありましたが、これはまったくのウソです。

朝比奈選手が体罰を受けたという事実はありません。

では、なぜ朝比奈沙羅選手と体罰が結びついたのかというと、以前、朝比奈選手がツイッターに掲載した意見がきっかけだったようです。

現在は削除されているようで内容は確認できませんでしたが、朝比奈選手が投稿したのは
女子柔道界の体罰問題・パワハラ問題についてのご自身の意見だったようです。


その際、朝比奈選手は、パワハラで急遽、代表監督を辞めることとなった当時の監督 園田隆二監督の擁護、そして現場復帰を望む意見を表明しました。

柔道界全体が混乱し、現役選手が一番困っていると声をあげていらっしゃいました。

この経緯が、朝比奈沙羅が体罰を受けていたの?と勘違いされ、取り上げられるようになってしまったようです。

まとめ

朝比奈沙羅選手の今の目標は、2020年東京五輪で代表選出そして本番で金を取ることなんだそうです!

医学の道を志しながら五輪を目指すのは相当大変だと思いますが、
ぜひ今後柔道家を目指す後生の見本となるようにがんばってほしいものです!