ゴルフ

アンシネ(ゴルフ)の整形外科前後の画像があるって本当?美人で話題だが実力やスウィング・クラブセッティングも

アンシネ

その美貌で注目されている女子プロゴルファーといえばアン・シネ選手が思い浮かびますよね。

女子プロゴルフといえば今やスポーツ観戦としてだけではなく女子プロゴルファー本人の美貌やスタイルにも注目されることも多くなっています。

ゴルフ好きなおじ様達は大好きなゴルフを楽しむだけではなく可愛い彼女たちも見ることができ、より一層観戦に力が入るのではないでしょうか。

今回はそんなアンシネ選手の整形外科前後の画像があるって本当なのか、実力やスウィング、クラブセッティングについてもまとめてみました。

アンシネの整形外科前後の画像があるって本当?

アン・シネ選手といえば、とても美しくてゴルフの実力と同時に美貌も注目されていますよね。

 

View this post on Instagram

 

지나간것은 지나간대로 다시 퐈이팃하래요 💪🏼 Why not😘 내일부터 #한국여자오픈🚘 입니다 빵빵

Shinae Ahn 안신애さん(@shinaeahn)がシェアした投稿 –

でも、あの美しさって「どうせアン・シネって整形でしょう!?」なんていう声も聞こえます。

が!!おっしゃる通り、アンシネプロは整形しています。というより、整形を公然と公表しています。

アンシネプロは「中毒レベルではない」としながらも整形を一切否定していません。

整形する理由をアンシネプロは「私はプロゴルファーである以前に1人の女性です」と語っています。

女性が美を追求するのはなんらおかしいことではありませんからね。整形に関しては、賛否両論あると思いますが、、、

昔から韓国は整形大国として知られています。私自身韓国が大好きでよく観光に行きますが驚くのが美容整形外科の数です!

無数の病院が韓国ソウル市ミョンドン(日本でいうと渋谷みたいな所です)には韓国人向けのみならず日本人、中国人向けの美容整形外科が立ち並んでいます。

そんな環境ですのでアンシネプロは整形することに全く抵抗がないと思われます。

ちなみに下記が2008年、今から約10年前のアンシネプロです。

アンシネ整形前

かなり変わったと思いませんか?とても綺麗になって垢抜けましたね。

抜群のスタイルも気になりますが、豊胸に関してはアンシネプロははっきりと否定してます。

ゴルフウェアでも隠すことができないセクシーさはもとからのようですね(^^)

 

View this post on Instagram

 

I’m on my way. See you at 6pm at Marunouchi ❤️

Shinae Ahn 안신애さん(@shinaeahn)がシェアした投稿 –

最近のアンシネをみて見ると、以前よりも唇がぷっくりしているような気がします。

もしかしたら、ヒアルロン酸注射などでぷっくりさせているのかもしれませんね。

アンシネ選手の美への情熱が伝わってくる気がします。それにしても美しすぎます。

美人で話題だが実力は?

そんなアンシネプロは1990年12月18日生まれの27歳

 

View this post on Instagram

 

안길동 다시 일본으로 출동!!

Shinae Ahn 안신애さん(@shinaeahn)がシェアした投稿 –

大韓民国ソウル特別市生出身で、父親の影響で練習場に連れて行ってもらったのがきっかけで5歳の時からゴルフを始めるます。

9歳の時に家族でニュージーランドへ移住したのを機会に本格的にゴルフを学び、中学生の時に同国代表に選出され、4年間、同国代表としてプレーします。

韓国人のアンシネプロがニュージーランド代表としてプレーしていたなんて驚きです!!きっと英語も堪能なんでしょうね。

2008年にKLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)に入会しプロゴルファーとなります。

2009年には建国大学大学院に入学。韓国女子ツアーに本格参戦し、なんと韓国女子プロゴルフ新人王に輝きます。

韓国女子ツアーで2勝を挙げて、賞金ランキング3位に輝きます。さらには韓国メジャー大会である「韓国女子チャンピオンシップ」で優勝!

韓国女子ツアーで通算3勝を挙げています。

2017年5月4日、日本女子メジャー初戦のサロンパスカップで、白のポロシャツと膝上約30cmの黒色のミニスカートでプレーし、多くのギャラリーの視線を集めました!

成績は41Tでしたが、後ファッションで注目を集めます。

アンシネ選手ってとってもスタイルがいいので、ゴルフ場で映えますよね。

同年6月にはアース・モンダミンカップに出場し16T、同年7月にはニッポンハムレディスクラシックで13T、サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメントで15Tの成績を収めています。

ファッションについてアンシネプロは、「子どものころから楽に動ける、このスタイルでプレーしてきた」「わたしにとっては普通のこと」と話し、また過度なファッション報道について「私にとってボーナスのようなもの」と語っているようです。

日本ツアーに参戦してからはゴルフの実力より正直ファッションの報道が先行してしまっていますね。

2018年は日本ツアー6試合中4試合が予選落ちです。厳しい戦いが続いています。

今後はファッションだけではなくゴルフの実力でも日本の女子ゴルフ界を盛り上げてほしいですね。

スウィング・クラブセッティングも

アンシネプロの気になるクラブセッティングについて調べてみました。

 

View this post on Instagram

 

I’m on my way. See you at 6pm at Marunouchi ❤️

Shinae Ahn 안신애さん(@shinaeahn)がシェアした投稿 –

現在はクラブの契約は結んでいないようですね。

ドライバー:テーラーメイド M1 440(9.5/ TOUR AD BB5 R1)
3W・5W:テーラーメイド M1(TOUR AD BB5 S)
UT:テーラーメイド M2 (22度、25度・MATRIX IGUDA)
5I~PW:テーラーメイド RSi TP(MATRIX IGUDA)
ウェッジ:クリーブランドRTX588 ROTEX2.0(52度・58度)
パター:スコッティキャメロン スタジオニューポートP
※テーラーメイドのクラブはアイアン以外17年モデル

テーラーメイドM1ドライバーとフェアウェイウッドの特徴といえば、ウェートの移動によってクラブを自分のスウィングに合わせることができるというところですね。

アンシネプロは、すべてノーマルポジションだそうです。ノーマルポジションでM1ドライバーを使うということはスウィングにクセがないということですね。

スライスやフックを打ったり、インサイドでもアウトサイドでもないストレート軌道で打つニュートラルなスウィングだからこそ、ほとんどポジション変える必要がないのでしょう。


確かにアンシネプロのスイングはきれいですね!

また女性がM2ではなくM1を使っているということはある程度身長があって手足も長いということが考えられます。

球を上げようとしたり、球を上げるようなセッティングにする必要がないんだと思います。

また、M1はヘッドが重いので、その重さを利用して打っているとも言えるでしょう。ただM1は難しいですよね~!!

何度か私も挑戦しましたがなかなか球が捕まらず大変な思いをしました。ウェートを簡単にセッティングしても難しかったです。

やはり私のようなアベレージゴルファーにはM2のがヘッドが平ぺったくて簡単でまっすぐ飛ぶなという印象です。

アンシネプロは流石ですね!!あんな細いのに男前なドライバーをお使いですね。

また、球が上がりやすいM2のユーティリティを2本入れているのも特徴です。

彼女は飛距離が出るほうではないので、セッティングの“上”を充実させることで飛距離をカバーしながら、球が上がりやすい仕様にしているものと考えられます。

2017年のツアーではウェッジを4本入れるのが主流になっていますが、ウェッジは3本にまとめ、より距離が長いショットに対応できるようなセッティングになっているのではないでしょうか。

まとめ

アンシネプロは今季QTランキング71位でツアー出場権を獲得できず、出場優先順位を入れ替える第一回リランキングも82位と低迷してしまいました。

推薦で6試合出場しましたが4試合が予選落ちと結果を残せていません。そんなことから6月以降は2019年までシード権がある韓国ツアーにシフトしていたようです。

気になる来季ですがTP単年登録のアンシネプロはセカンドQTから出場資格があるなか、エントリーされているとLPGAが明かしています。

現時点では来季も日本ツアーに参戦する意思を表明したことになります。

が、アンシネプロは「まだ出場するかどうかはわかりません。」とコメントしているようです。

「アンシネを見たい!」という日本のファンは多いと思いますが、果たしてセカンドQTにアンシネプロは姿を見せるのでしょうか…?

多くのギャラリーを呼べる選手の1人だけに、是非来季も日本ツアーに参戦してをどんどん盛り上げていってほしいですね!